« June 2004 | Main | August 2004 »

July 2004

July 28, 2004

ミケちゃん

はぐれ刑事純情派 「三毛猫は見た!狙われた駐在さん」を見ました。

奥多摩の駐在さんが何者かに暴行を受け意識不明になる。犯人は近所の学生。とあるスーパーで5匹の子猫が生まれたので、店頭でもらい手を探していたのだが、そのなかに珍しいオスの三毛猫(高額で売れる)がいることに気づいた学生は、黙って三毛猫を連れ去りペットショップに売ってしまう。駐在さんはそのネコの特徴を覚えており、ある日、ペットショップの店先でスーパーから連れ去られた三毛猫を発見する。駐在さんは青年に、スーパーの主人に、勝手に猫を連れ去ったことを謝るように説得するが、青年は逆に駐在さんを殴ってしまう...

...というような話だったですが、「オスの三毛猫はめずらしいので高値で売れる」っていうのは恥ずかしながらはじめて知りました。意外なところで勉強になりました。どうやら遺伝子の関係で、オスの三毛猫が生まれる確立は相当低いようですね(三毛猫の科学)。

オスの三毛猫が生まれる確立は数万分の1、一匹あたり数十万~百数十万の値がつくらしい。
フツーは生殖能力がないのだけれど、生殖能力があるオスの三毛が生まれる確立は数億分の1、実際に生殖能力のある名古屋のサムライくんというオスの三毛猫は「1億で譲ってほしい」という人もいたそうで...
三毛猫のオスってどのくらい珍しいの?)

そーいえば、おぴゅーろにも3匹の平べったいネコの兄弟がいたけれど、その中の三毛は男だっけ女だっけ?

mike.jpg

調べてみると、

 ノラネコランド  誕生日 11月19日

   クロ 3きょうだいの長男!ゴロゴロするのが大好き
   トラ 次男。何でもチャレンジするのが好き
   ミケ 長女。お菓子作りが大好き

うーん、女の子だったかあ、残念(笑)

| | Comments (95) | TrackBack (0)

July 25, 2004

冬のソナタ

いま、NHK総合で毎週放送してますね。
たまに見てますが、日本語吹き替えだと違和感ありまくりで我慢できず、音声を韓国語にしたたまま見てます。なのでストーリーはよくわからなかったりします(笑)

なぜ日本語吹き替えだと違和感があるのか?
米国のドラマの吹き替えだと、実はそれほど違和感を感じないのです。
だから音声と口の動きがあっていないというのは決定的な理由にはならないということです。

そこで、主音声と副音声を切り替えながら見てたら...
冬のソナタの場合、音声以外の効果音の量が日本語版と原語版とではまったく違っています。
違和感の原因は、たとえば町を歩いているシーンであれば、本来あるべき町の雑踏のノイズが日本語版になるとなくなってしまうというところにあるようです。

米国のTVドラマなどは、普通は音声と効果音のトラックが別々のため、吹き替えの場合は音声のみを替えればすむそうです。しかし音声と効果音が同一トラックの場合、音声だけの入れ替えが出来ず、吹き替え音声と同時に新たに効果音も入れる必要がある。しかし、すべての効果音を再現するのは金も時間もかかるので、主要な効果音のみ録音しなおしているんでしょうね。おそらく冬のソナタは後者のほうではないかと...

そーゆーわけで、吹き替えの「冬のソナタ」を見ている人は、とってもえらい人だなあ...と、感心してしまうウチのくまさんなのでした♪

| | Comments (140) | TrackBack (0)

ひみつの扉

7/24(土)からシナモン新作Newショーがディスカバリ-シアターでスタート!
タイトル…『シナモンの「ひみつの扉」~It's a Wonderful Dream~』

2:50の回を見たですが、初日のせいか激コミで、1時間前ですでに50人以上並んでました。開演2、30分前には立見含め満員になってたんじゃないでしょうか。

内容は...
カフェ・シナモンの置くにある、夢の叶う不思議な扉。この扉で憧れの世界を体験していくという話です。
ファッションショーやミュージカルシーンが秀逸。短いショーですが、見ごたえ十分でした。

ビデオ撮ろう♪と思って準備していったのですが、
「作品の性格上、写真・ビデオ撮影は禁止、ただしショーの最後に撮影タイムがあります。」
とのこと。なんで全面撮影禁止なのかな?まー、おかげでじっくり見られましたが(笑)

最後の撮影タイム、1分もないんじゃないかな?「いまから撮影タイムです」っていうアナウンス聞いて、あわててバッグからカメラ取り出してたらシャッターが知らないうちにセルフタイマーになってるし、結局2枚しか撮れませんでしたぞ。

s-tobira.jpg


| | Comments (62) | TrackBack (0)

July 20, 2004

二眼レフ

7/18、銀座の松坂屋の7Fで中古カメラ市で買ってきました。
yashica.jpg
ジャンクコーナーで\10,000でした。動作は問題無さそうだけど、よく見ると、ねじのアタマが一部もげてたりする。
4本のネジでとまるべきところが2本アタマがもげているので、2本だけしか機能していない。なるほど、それでジャンク品なのかな?

で、さっそく試し撮り。
露出計も何もついていないので、とりあえず、いままで撮った写真のEXIF情報調べ、
「知恵の木前のショーで明るいときはISO800でF4の1/125」
とだけメモしておぴゅーろしてきました。

puro-1.jpg
みこし夜まつり

puro-2.jpg
屋台の焼きトウモロコシはおいしいのだが、歯にはさまるのが難点♪

ちゃんと撮れてて、ひと安心でした。

※スキャナが壊れたので、ネガをデジカメで撮ってPCに取り込んでいるのだが、だったら最初からデジカメで撮ればいいんじゃないかという気がしなくもないですう(笑)。

| | Comments (62) | TrackBack (0)

July 19, 2004

ファントム

宝塚宙組公演「ファントム」(東京2日目)を見てきたです。

phantom.jpg

前売り券がGetできなかったので、当日券買うべく発売時刻の2時間前に行ったですが、すでに100人以上並んでました。こりゃあ立見席かなあと思ってそのまま並んでたら、やっぱり立見席になりました。

「オペラ座の怪人」なのですが、劇団四季でやっていたアンドリュー・ロイド・ウェーバー版ではなく、モーリー・イェストン/アーサー・コピット版で、日本での上演は、この宝塚が初だそうです。

※詳しいことは、「オペラ座の怪人がいっぱい」を見よう。

で、2時間猛暑のなか並んだ甲斐があったというか、ちょっと説明不足な部分があったけれど、十分満足でした。
後半は、怪人(エリック)出生の秘密、父と子の出会いと別れ、など泣かせる部分も多く、実際、客席でも泣いてるおともだちが結構いました(客席でズルズル、鼻水をすする音がするので、最初は夏風邪が流行ってるのかと思いましたが)。

うちのくまさんも、ジーンときて、このままいったら泣くぞっ!ってところまでいったようですよ(笑)

また見たいのだが、暑い中当日券並ぶのもたいへんだし、ヤフオクやチケットショップは高いし、悩むですよ。

| | Comments (71) | TrackBack (0)

July 18, 2004

妖精フローレンス

妖精フローレンスのビデオが出てました。

ff.jpg

やっぱりセルビデオは、いろんなカメラアングルで撮影されているのでダイナミックでよいです。
センバの棒を使うときに、ビジュアルエフェクトがかかるのもビデオならではです。

(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)

演出がかわって、パパがミミィさんの帽子をかぶって部屋に戻るようになったと前回書きましたが、昨日見たら、また、ミミィさんが自分で帽子を持って部屋に戻る演出に戻っていました。両バージョンあるのかな?

Somedayはなかなかビデオにならないですね。プリンとダニエルの天使を救えは、ビデオ化されないまま公演終了のようですし...(プリダニの曲だけでいいからCDで出して繰らないかなあ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2004

かみなり

7/11日曜日、関東地方は激しい雷雨でした。
昔、雷でモデムが壊れたことがあり、以来、雷が鳴ると、何か壊れやしないかとドキドキものなのですが、今回はLANカードが壊れました(泣)。
ekimae.jpg
夕方には雨はすっかりあがり、先ほどの雷雨がウソのようですう。

「妖精フローレンス」で一部演出がかわりましたが、そのなかからひとつ。
ミミィさんが登場するときに窓辺に置いた帽子を、パパがかぶって部屋に入るという演出にかわりました。
(以前は、ミミィさんが自分で帽子を持って部屋に入る)

正しくはかぶるというより、帽子を耳に引っ掛けているのですが、あのデカあたまで帽子をかぶるというのは、実はすごい難しいことではないかと思いました。さすがはキティさんのパパですねー(謎)
帽子をかぶった瞬間、そのワザのすばらしさに思わず拍手しそうになりました。ホカのお客さんはだーれも拍手していなかったので、拍手するのはやめましたが(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 10, 2004

銀座三越雨の中♪

えっと、帝国劇場に「喝采 愛のボレロ」なんてのを見に行ったのですが、参院選の選挙戦最終日ということで、そこらじゅうで演説していました。
有楽町マリオンの前では喜納昌吉(民主党比例区)が演説&ライブ。ビラもらったら、「戦争には行くな、選挙に行こう!」なんてステッカーが5枚もオマケでついてきました。貼り場所の困るステッカーだなあ(笑)

帝劇を3時半に出て、「CDでも買いにいくべ」と山野楽器に向かっていくと、銀座の三越の前で「午後4時から小泉純一郎が最後のお願いにあがります」とのこと。生小泉見たいので、三越前で待機です。

4時に近づくにつれ、どんどん人が増えていき、三越の玄関前は大混雑、お客さんの出入りができない状態になってましたから三越にとってはえらい迷惑だったと思うです。

桝添要一、山東昭子、八代英太、その他のみなさんと演説が続きますが、なかなか小泉さんでてきません。そしたら「小泉純一郎はまもなくこちらに到着します」とのアナウンス。まだ来ていなかったようです(笑)
その後、石原伸晃、竹中平蔵もやってきましたが、小泉さんはいまだ到着せず。演説が進むにつれ、どんどん空が暗くなっていき、やっと小泉さんが到着した午後5時頃は、写真のとおり大雨(笑)

koizumi.jpg
黄色矢印が小泉純一郎。ノバうささんも応援中?

写真とらなくちゃーっ!だけどカサが邪魔でよく見えないし、雨でビチョビチョになるし、さんざんでした。おかげでどんな演説だったかぜんぜん記憶にないです(笑)

演説が終わってしばらくすると雨はあがり、雲の切れ間から青空がのぞき始めました。
...自民党、だいじょうぶかなあ(^^;

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »