« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

February 28, 2005

TEPCOキティさん

2/27(日)のおぴゅーろです。
4Fに東京電力が光ファイバインターネット「TEPCOひかり」の宣伝にきていました。

tepco-1

後で知ったのですが、12:10~12:30の間、知恵の木ステージで
= TEPCOひかり Presents =
Good Luck スペシャル抽選会

が開催されていたようです。うちのくまさん、現地到着14:50だったため見られず。
(3月12日(土)13日(日)もあるようなので、見逃したおともだちは行ってみよう)

抽選会のあとは、4FのTEPCO特設コーナーでちびっこといっしょに記念撮影などをしていました。
4Fにやってくるおともだちがそんなに多くないせいか、実にまったりしてました。
(キティさんといっしょに写真とるのには絶好のチャンスだったんじゃないかなー♪)

井川遥に負けないよう、精一杯
セクシーポーズをきめるキティさん

tepco-2

| | Comments (143) | TrackBack (1)

February 27, 2005

コーラとライス

ある日のことですが、とある公演のチケットを譲っていただきました。
送られてきたチケットを見ると...

コーラとライスぅ?


cl-1

コーラに限らず、炭酸モノはのどがシュワシュワっとするので好んでは飲まないのですが、世間には食事時には必ずコーラを飲むおともだちもいるようなので、じゃあ、そーゆーおともだちを扱った舞台なのかなあ?

なんだかよくわからいので、とりあえず劇場に行ってみました。


自由劇場
cl-2

公演プログラムを見てみると、あらまあ、「コーラとライス」ではなく

「コーラスライン」

でした。うーん、うっかりはちべえでした♪
cl-3

ちっちゃい劇場ですが、それだけに舞台と客席が近くて迫力があるですね。
舞台上にはなーんにもないし、2時間20分ほとんど1シーンだけど、全然退屈しない。
見終わって、もう一回見たいと思った。何回見ても飽きないだろうとも思った。

飽きがこない...コーラはともかくとして、ライスみたいなもんだ。あっ、だから「コーラとライス」と言っても、あながち間違いじゃないのかも(^o^)

蛇足

売店のコーヒーの400円は高いと思う。300円希望。

| | Comments (66) | TrackBack (0)

February 21, 2005

アニメ「チャーミーキティ」

チャーミーキティのアニメDVDが発売されました。

DVD特別限定版(オリジナルフォトスタンド付き)税込価格 2,709円(本体2,580円)
DVD通常版 税込価格 2,079円(本体1,980円)
VHSビデオ 税込価格 2,079円(本体1,980円)
本編:30分(5話入り) ディスク:片面・1層

ピューロのフェスティバルプラザのモニタで流れていたので、
「ここで全部見ちゃえば買わなくてもすむな」
と見ていたのですが、1話見て、「こりゃすばらしい」と思い、購入してしまいました。

charmmy

チャーミー&シュガーはネコとネズミなので「ニャー」と「チュー」しか言わない。
キティは出てこないが、キティフェアリー(キティの格好の妖精)がでてくる。言葉を喋るのはキティフェアリーだけ。

で、すばらしいのは、チャーミーもキティフェアリーも

おくちがない♪

他のアニメのキティさんはこのようにおくちがあります。
okuchi
なんだかとってもヘンなのですが、「しゃべるのにおくちがないのは不自然」という理由で、アニメ版のキティさんにはおくちがあると聞いたことがあるです。

でも、チャーミキティで、おくちのないキティさん(妖精のネコですが)を見ると、
「おくちがないほうが自然じゃん♪」

「アニメでもおくちがないほうがいいと思うけど、いまさらアニメのキティさんのおくちを無くすのもいろいろカドがたちそうだし...えっ、チャーミーキティのアニメ化だって?ちょうどいいや、でてくるのは妖精キティだし、ここでおくちのないキティを登場させちゃえー」

なーんていう心の葛藤があったのかなーと想像してしまうのでした。

| | Comments (66) | TrackBack (0)

February 19, 2005

ホテル・ステラマリス/レヴュー伝説

宝塚歌劇団宙組
ミュージカル『ホテル ステラマリス』
グラン・ファンタジー『レヴュー伝説』-モン・パリ誕生77周年を記念して

朝から雪が降ってましたが、こーゆーお天気の悪い日は人の出が悪くなるので当日券も入手しやすかろう思い、行って参りました。

stellamaris

ミュージカル『ホテル ステラマリス』

ロンドンのアダムズファイナンスに勤めるエリート社員のウィリアムは、戦後の世の中の移り変わりについていけず、今や倒産寸前のカリフォルニアにある海辺のホテル、ステラマリスの再建を社長から命じられる。
 ウィリアムの再建プランに反抗する従業員達、頑なに昔からの経営方針を変えようとはしないオーナー、
しかしホテルを愛し心からその存続を願うオーナーの娘ステイシーと心を開いて話すうち、ウィリアムはただ金儲けだけを目論む自分の改革案には、ホテルや土地への愛情が全くないことに思い至る。やがて従業員たちの信頼を勝ち得ていき、ウィリアムとステイシーを中心にホテルは再建への道を歩み始めるが、彼らの思いに反し、ホテル周辺は銀行による大々的な開発が進められることになり、結局ホテルは閉館に...

...うーん、なんだかどっかで見たようなドラマだなあ?
ホテルを旅館、海辺を温泉とすると、

あ、「温泉へ行こう!」じゃんか(笑)。

ウィリアムは経営危機の割烹旅館「蔵原」の再建にやってきた海堂さん。
オーナーの娘ステイシーは、大女将の娘の薫。
銀行による再開発は、蔵原買収・ゴルフ場計画。
閉館のその日に、大どんでんがえしでホテルが存続になるところも「温泉へ行こう2」の最終回とよく似てる。

つまりタカラヅカで「温泉へ行こう!」をやると、こーなりましたーという感じ。
連ドラで見たいぞ「ホテル・ステラマリス」(笑)

2/18に最終回をむかえた「温泉へ行こう5」があまりにすっとこどっこいな出来だったので、
「温泉へ行こうはやっぱり1,2に限るなあ」
と、舞台を見ていて、つい思ってしまうのでございました。

さて、舞台の方はミュージカルというだけあって、ホテルの従業員が全員でいきなり踊りだしたり、なんの脈絡も無く唄いだしたりと、ミュージカルの王道をいく作品だと思う。フツーに考えたらすごい不自然なことだけど、この不自然さが見ていて心地よいんだよねー。


グラン・ファンタジー『レヴュー伝説』-モン・パリ誕生77周年を記念して

タカラヅカって主役はかならず男役のはずなのに、どう考えても娘役の花總まりが主役だよなあ...と思わざるを得ないのですが、それだけに毛色の変わったレヴューとなっていて面白い。
ブラス片手に路上パフォーマンスのシーンはスペクトラムみたいでかっこよかったです。
あと、咲花杏ちゃんはかわいずぎでした♪

蛇足 帰りに西銀座GGでご購入
gyouza
餃子はおいしいのだ。

| | Comments (72) | TrackBack (1)

February 11, 2005

映画の「オペラ座の怪人」

立川のCINEMA TWOに「オペラ座の怪人」を見に行ってきました。

cine-op2

劇団四季の舞台を見た直後なので、どうしても舞台と映画を比べてしまいますが、映画のよいところは

1.怪人がかっこよい
2.クリスティーヌが若い(笑)
3.音楽がフルオーケストラ

四季の舞台のクリスティーヌは思いっきり大人の女性にしか見えず、盲目的に「音楽の天使」を信じるところや怪人のマスクを勝手に取ったりしりところなど、分別のある大人の女性の行動ではないと感じてしまったですが、映画版は納得のクリスティーヌでした。

舞台のほうが良い点は、

1.オーケストラが生
2.拍手ができる
3.休憩がある

一曲を唄い終わったところで、つい拍手したくなります。他にも拍手したくなるおともだちは絶対いるはず。
拍手を我慢しているのでちょっとフラストレーションがたまります。
上映時間が2時間20分と長いので、見る前にちゃんとトイレに行くっておかないといけませんね。

実は、今回映画は2回目なのですが、あと2,3回は見てもよいかな。
冒頭のシャンデリアが上がるシーン、クリスティーヌがThink of meをはじめて唄うシーン、マスカレードのシーン、ドンファン上演中のThe point of no return、...何度見ても背筋がゾクゾクしてくるです♪

こうして、今回も感動して映画館を出て、携帯のメールをチェックすると樹里咲穂退団のお知らせが...
退団してもいいから「それってどうなの」だけは続けてくれぇ~っ!...と言う話はまた今度。

おまけ きょうの晩ご飯
グランデュオの立川中華街で食べた陳建一の麻婆豆腐♪
cine-op3

| | Comments (75) | TrackBack (1)

February 06, 2005

キティのキーボード

kkb1

半額セールで購入した、キティさんの「光り☆ボイスキーボード(¥3,980)」(株式会社トーホー)ですが、おもちゃということを考慮したとしても、異様に弾きにくい。

なんでだろうと思って、キーボードをよく見てみた。
kkb2
白鍵が凸に湾曲しているのがわかると思う。
こりゃあ弾きにくいはずである。

...なんでわざわざ湾曲させているのだろうか?

メーカーの意図が不明だが、ま、半額だったからよしとするか。

| | Comments (627) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »