« nakayokuダンス | Main | 大銀座落語祭2005 »

July 10, 2005

宝塚歌劇団星組『長崎しぐれ坂』『ソウル・オブ・シバ!!』

宝塚歌劇団星組「長崎しぐれ坂」/「ソウル・オブ・シバ!」を見に行ってきました。

宝塚ミュージカル・ロマン 『長崎しぐれ坂』
-榎本滋民作「江戸無宿」より-
脚色・演出:植田紳爾

榎本滋民というと、自分の中では劇作家というよりも「落語特選会」の解説者であり、落語と江戸時代の風俗に関する知識はさすがだなあと思ったものだが、同氏の芝居を見るのは、これがはじめてだなあ。

プロローグは神田祭、芸者姿で踊る檀れいは文句なし。宝塚これほど芸者が似合っちゃう主演娘役は、当分出てこないと思う。
(檀れいというのは、主演娘役ではなく主演女役というべきだったんじゃないのかな?歌劇団が檀れいを星組娘1にしたのは、実は初の主演女役の設置という試みだったんじゃないかと)

轟悠の、まったく違和感の無い男役はいつもどおりだが、岡っ引き姿が似合いすぎちゃう湖月わたるは、男役としてはOKでも女としてどうなんだろうか(笑)

精霊流しの始まった長崎の街を行く伊左次と、彼を追う長崎奉行所の役人たち。
「伊勢音頭恋寝刃」なんかもそうだけど、祭り(踊り)のなかで、一人破滅に向かって行くというのが趣向なのだろうなあ。こういうシーンっていいよなあ。

最後は結構泣ける。宝塚っぽくないともいえるけど、こういう芝居は好きだなあ。


ショー『ソウル・オブ・シバ!!』-夢のシューズを履いた舞神-
作・演出/藤井大介

めちゃくちゃ楽しくいショー。
退屈なシーンがひとつも無く、あっという間に終わってしまいました。

今回は初めて1階席、しかも5列目というステージに近い場所で見たのですが、2階席で見るのと比べると、やっぱり迫力が段違い。間近で見るロケット(ラインダンス)のパワーには圧倒されました。なんだか蹴られるんじゃあねえかってくらいで...(笑)

あと、陽月華、ショーでは集団のなかに居ても、なぜか目立つ。毎回なぜだろう思っていたのだが、ニッコリ微笑む前に必ずびっくりしたような顔をするので、こっちも「おやっ?」ってな感じで目がいってしまうということらしい。
さすがは池銀ガールなだけのことはあるなあ(笑)

おまけ

2Fロビーにかざってあった「龍踊り」の龍。
nagasaki


|

« nakayokuダンス | Main | 大銀座落語祭2005 »

宝塚」カテゴリの記事

Comments

Yesterday, while I was at work, my cousin stole my apple ipad and tested to see if it can survive a 30 foot drop, just so she can be a youtube sensation. My apple ipad is now destroyed and she has 83 views. I know this is totally off topic but I had to share it with someone!

Posted by: psn code generator no surveys | January 23, 2014 10:32 AM

Getting the information from Ceiling fans reviews helps you to determine the right ceiling fan units foor your home. Here's a few pointers to help you come tto the right choice of Divorce lawyers in Londoon or anywhere in the UK. Some arrticles and websites recommend uusing this company's BBEdit, which offers more powerful web authoring and administration tools.

Posted by: Margot | May 10, 2014 04:19 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宝塚歌劇団星組『長崎しぐれ坂』『ソウル・オブ・シバ!!』:

« nakayokuダンス | Main | 大銀座落語祭2005 »