« たからづか ねこぐみ | Main | 劇団四季「ジョン万次郎の夢」 »

July 22, 2006

劇団ブサイコロジカル第二公演「イロトリドリノセカイ」

060722

ネットで誕生し、第一回旗揚げ公演で連日満員だったそうで、ぜひ次の公演はみたいものだと思っていたら、第2公演「イロトリドリノセカイ」が8/30-9/3であるそうです。

ネコさんが、赤ちゃんを誘拐する話のようで、ウチのキティさんも見に行く気まんまんのようですぅ(笑)

カンゲキしてみませんか?
劇団ブサイコロジカルでは8月30日からアイピット目白という劇場で第二回公演を行います。演劇をよく見る方にも、演劇を全く見た事ない方にも楽しめる舞台作りを行っております。是非、劇場まで足を運んでください。
舞台は、空が今よりも少しだけ薄暗かった頃の東京。 江戸川のほとり、打ち捨てられた廃屋。

保健所によって両親を殺されて以来、人間の影に怯えながら生活を続けている兄妹の猫がいた。
妹のソラは物心付く前から廃屋で暮らしている為に外の世界というものを知らず、夜毎、食べ物を漁りに外へ出る兄の背を眺めては下界への羨望を募らせていた。兄のダイチはそんなソラに対し「何者にも脅かされる事なく暮らせる世界」をプレゼントするために、人間への復讐を兼ねた一大犯罪計画を練り上げた。

かくして「猫が人間の赤ん坊を誘拐する」という前代未聞の大事件は発生した。
会場:アイピット目白(JR目白駅から7分)地図
日時:8月30日(水)19:00~
   8月31日(木)19:00~
   9月 1日(金)19:00~
   9月 2日(土)14:00~ 19:00~
   9月 3日(日)13:00~ 17:00~
脚本・演出:工藤もぐら
キャスト:南さゆり/福山剛史/大村俊輔

劇場で、ホントのネコが観劇してたらおもしろいな♪

|

« たからづか ねこぐみ | Main | 劇団四季「ジョン万次郎の夢」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 劇団ブサイコロジカル第二公演「イロトリドリノセカイ」:

« たからづか ねこぐみ | Main | 劇団四季「ジョン万次郎の夢」 »