« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

January 29, 2007

JACROW 「落下生」

JACROW
28-Jan-2007 14:30-16:15 アフタートーク有
劇・小劇場

Omote_3_1


つの話で構成された1つの話。 【結婚宣言】刑事たちによる職場の新年会。男が恋人を連れ、同僚に紹介したとき、なぜか動揺する先輩刑事。 2人が結婚宣言すると、思いとどまるよう説得し始める。恋人には秘密の過去があった・・・ 【離婚宣言】学生時代の友人が仲間夫婦の結婚記念日に集まる。しかしそこで告げられたのは2人の離婚宣言だった。思いとどまるよう説得し始める仲間たち。 2人の結婚には隠された秘密があった・・・ やがて2つの話は交差し、1つの話へと昇華する・・・ 2007年初春に送る第9回新作公演は、マンションのコミュニティスペースを舞台にした、2組の男女を取り巻く、サスペンス風味のダークロマンス。

 ということで、二つのグループの話が交互に、そして時間も前後しながらやがて一つの話に収束していく構成が面白く、人間関係の謎が明らかになっていく過程は、確かにサスペンス風味(サスペンスではないけれど)で、最後まで飽きることなく見ることが出来ました。

 でも、何か物足りないのですね。

・人間関係は複雑だったけれど予想の範囲内であった点。
二股をかけていた"みか"も、誘拐犯であった"けいこ"も、「ああ、やっぱりね、最初からあやしそうだったもん」って気がするのです。善良な第三者にしか見えない"たっつん"が実は事件の黒幕だったとか、"けいこ"と"あこ"がレズだったとか、"あだち"くんは実はイラク人でピザ屋に化けて自爆テロしかけに来たとか(笑)...もっと意外性があればなあと思います。

・事実が明らかになった後の、登場人物の行く末があまり描かれていない点。
 たとえば衝撃の事実を乗り越えて生きていく決意をするとか、あえて修羅の道を進んでいく姿を描けば、感動につながったのではと思います。トリックの解明が中心の推理小説よりも、横溝正史のようなドロドロした人間関係が明らかになっていく推理小説のほうがドラマとしては面白いのではないかと思っちゃうのでした。

ブログで検索「落下生」

| | Comments (71) | TrackBack (4)

January 28, 2007

宝塚宙組「維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック」2回目

宝塚歌劇団
27-Jan-2007 11:00-14:05
東京宝塚劇場

詳しい内容はこちらで(ENAK STAGE GRAPH)

初回は2階B席でしたが、今回は1階S席での観劇。席がよいと3割増しで面白いな(笑)

幕末青春グラフィティー
「維新回天・竜馬伝!」-硬派・坂本竜馬III-

 オープニングのお竜(紫城るい)、空の徳利を逆さにして振って、手のひらに付いた酒を舐めるシーンが好き。ほつれ髪も雰囲気があって良いですね。上手いなあ。つくづく退団が惜しいです。

 花影アリスは首が長いので、普通に着物を着ていても、他人より衣文を抜いているように見えます。ドレスだと華奢すぎて貧相に見えてしまいがちですが、和服だとそのあたりが隠れるのでちょうどよいのかもしれません。

 前回は気が付かなかったけれど、高杉晋作(十輝いりす)がダークな色気を放っていて思わず注視。

 初嶺麿代、童顔なので若手に見えちゃうけれど、岩倉具視の、いかにも腹に一物もっていそうな雰囲気が出せるのは、さすが上級生だ。

 退団しちゃう咲花杏ちゃんは、芸者さん・西洋の女でしたが、かわいい娘役さんがいい具合に大人っぽくなってきていて、これからが楽しみだったのに...と、思ってしまうのです。残念。

グランド・レヴュー
「ザ・クラシック」-I LOVE CHOPIN-

 前回はB席だったので見えなかったのですが、パレードの大階段のバックが放射状のプリズムのようになっていたのですね。

 「I Love Chopin」とサブタイトルにつけるのなら、いっそ、ショパンとジョルジュサンドの物語一本に絞ってストーリー性のあるショーにしちゃったほうがよかったのでは(というか、そっちの方が見たかったな)。

おまけ

新年より、宝塚キティの「おせんべ」「あめ」「サブレ」が新発売♪

070127

ブログで検索「維新回天 竜馬伝」
ブログで検索「ザ・クラシック」

| | Comments (124) | TrackBack (1)

January 27, 2007

どて劇団「みなしご ブラックソックス」

どて劇団
26-Jan-2007 19:00-20:55
ザムザ阿佐谷

070126


森に住む昆虫界の中でイジメを受け、自殺を考える毛虫(※チラシではアオムシ)の少女。
そこに、人間界から命からがら逃げ来てきたゴキブリのおっさんが現れる。
おっさんは人間からだけでなく、昆虫達からも嫌われる。
しかし少女は、どんなに嫌われていても必死に生き抜こうとする
おっさんの姿に勇気をもらう。
やがて二人(二匹)の間には友情が芽生え、少女は大人へと成長していく。

そんな昆虫たちの心温まるお話。

 ゴキブリさん、毛虫さん、スズムシさん、カメムシさん、ドクグモさん、カブトムシさん、アリさん、ホタルさん、セミさんが登場します。

 ゴキブリさんは人間界で嫌われ、昆虫界では「人間の世界に帰れ」と言われるような、居場所を持たないような存在ですが、何を言われようとも、たくましく、ずうずうしく、そして楽しくすごしています。
 まるで「男はつらいよ」の寅さんのようなゴキブリさんです。してみると毛虫さん(のちのアゲハ蝶さん)がマドンナかな。積極的にイジメを解決しようとしてるわけではないけれど(というか何もしていないけれど)、その存在自体が触媒のように働き、結果、人間関係ならぬ虫関係が良い方向に向かう...これって、まさに「男はつらいよ」の構図だと思います。

 ゴキブリさん(滝沢明弘)、芸達者というか、とにかく面白いです。カブトムシさん(川口清人・脚本)とからむシーンはコントのようで大笑い。

 毛虫さん(三原珠紀)は、毛虫だけに、眉毛もヒゲも濃いメイクでしたが、小学生の頃、そーゆー毛深い女の子っていたよなあ...と思いました。一生懸命走る仕草がかわいらしい。

 オープニングのみですがダンスシーンがあり、結構素敵でした。これだけかっこよく踊れるのなら、いっそ芝居をミュージカルにしてしまってもよいのでは、と思いました。

 寅さんが出ない「男はつらいよ」があったとしたら、ひどく地味なドラマになっちゃいそうだけど、寅さんが居ることでまわりのキャラも生き生きして面白くなる。この芝居も、物語の主役は毛虫さんだけれど、お話上も演出上もゴキブリさんの存在と演技があってこその芝居だと思いました。

なんとも愛しいゴキブリさんなのでした(笑)

虫の世界の話ですが、最初と最後は人間からの視点になります。最後は「なるほど、そう来るか」ってな感じでした♪


蛇足

【脚本】川口清人
第15回新人シナリオコンクール水木洋子シナリオ賞受賞
とのことですが、本作品が受賞作ということではないそうです(笑)

演劇情報番組「たけがき2」のPODCASTで、
公演情報 『どて劇団』
が聞けるようです。

ブログで検索「みなしごブラックソックス」

| | Comments (92) | TrackBack (35)

January 25, 2007

ピンズ・ログ「原形質・印象」

ピンズ・ログ
24-Jan-2007 19:30-20:30
下北沢OFF・OFFシアター

070124

宣伝文句によると、

「ボク、ナメクジ。ボク、不妊症かも知れない。ボクのコドモを探しに行きます。」

なんだいそれは?ってことで見てまいりました。

 旅の途中のナメクジに、猫さん、ウミネコさん、人間の金子さんが出会ったある一日の、ちょっと寓話的なお芝居でした。

印象としてはナメクジ版「星の王子さま」。砂漠と森の違いはあるけれど、生と死が混然とした世界という部分が似ているのかもしれないなあ。

ネコがナメクジの生殖について語るくだりがあります。
コミック「攻殻機動隊」を読んだ方はご存知でしょうが、欄外の作者コメント
「ナメクジの交尾と聞いてゲーと思う方もいると思うが、その官能的な美しさは尋常ではないから調べてみるのも一興。」
を思い出しました。

ナメクジ・チャコラ役の熊埜御堂彩(くまのみどうあや)さん。高校のとき、部活の後輩で「熊埜御堂」君以来、二人目の「熊埜御堂」に遭遇しました(笑)
葉っぱの食べっぷりがかわいかったです。

ウミネコ役の佐藤陽子さんですが、ホントにウミネコっぽい顔立ちなのですね。

ご先祖様が、今時の着物を着た娘さん風なのがちょっと違和感。

「ネコ、ウミネコ、カネコ」のネコつながりのくだりは笑いました。目からウロコな気分でした(笑)

ブログで検索「原形質・印象」

| | Comments (1) | TrackBack (4)

January 22, 2007

劇団鹿殺し「僕を愛ちて」

劇団鹿殺し
20-Jan-2007 19:30-21:30
池袋シアターグリーンBOX in BOX THEATER

070120b

 鹿殺し版「鶴の恩返し」といったところでしょうか?とにかくたっぷりの2時間でした。

 DVDも含めると、鹿殺しの公演は「百千万」「エデンの穴」「SALOMEEEEEEE」に続き、4本目の観劇になるのですが、洗練さと演劇らしさは「僕を愛ちて」が一番ではないかと思います。

その理由は次の2つ。

 ひとつ、過去公演では、物語の役よりも役者本人のキャラクターが前面に出てきているように感じたのですが、本公演では役がちゃんと前面に出ていた点。

 もうひとつはセットの完成度。いままでは、いかにも手作り安上がりといった風でしたが、今回は細部までしっかり作りこましたし、特に感心したのは花道まで設けていたこと。結構金かけたなという気がします。

 毎度おなじみの下ネタと役者のハダカも、過去公演と比較すると、かなり抑えられていたのでは(笑)

 弟・哲次郎(オレノグラフィティ)がバンドをやるという設定で、劇中に、そのライブシーンが挿入されます。が、歌入りだからといって決してミュージカルではなく、演劇+ライブという形式になっているのは、鹿殺しの特徴だと思います。チョビさんのVocalはあいかわらず上手い。本公演の音楽CD、出してほしいです。

 丸尾丸一郎さんは、外見は汚っぽいのに、ワンちゃんようなちょっと潤んだキラキラした目をしていますね(しりあがり寿のマンガに出てきそう)。
 オープニングのオレノさんは面白い。
 山本聡司さんは、今回は真っ赤な狐忠信のようなキャラクターで、普段の偽フレディマーキュリーからは想像できない妖しげな魅力がございました。(「赤いキツネ」とかけているのかな)

 花道、宙乗り、(赤い)狐忠信...と、「義経千本桜」にも影響を受けているようですね。

ブログで検索「僕を愛ちて」

| | Comments (89) | TrackBack (36)

January 21, 2007

KAKUTA「甘い丘」

KAKUTA
20-Jan-2007 14:00-16:00
シアタートラム

070120a

 ぽっかり予定が空いたのので当日券で観劇。
 Webページで、ちゃーんと当日券情報をアナウンスしてくれているのでありがたいですね。

 山奥のサンダル工場。
 従業員は、皆、訳アリの人間ばかり。世間からは蔑まされているような場所。
主人公の千桐かの子(椿真由美)は、浮気して家に戻ってこない旦那へのあてつけなのか、あえて、そんな工場に住み込みで働き始める。

 横領犯で保護観察中の同僚、恋人の暴力を受けている女、親の借金で転々としたあげくサンダル工場にたどりついた兄弟、耳の不自由な靴職人を夢見る男、女所長とその妹らしき主任...

 観ていて、「昔の日活映画に、こんな感じのヤツ、あったよなあ」とちょっと懐かしい気がしました。社会的には下層に属しているような人間ばかりで、でも、みな一生懸命生きていて、実は上流社会の連中よりもよっぽど人間らしく、心のあたたかいやつらじゃないか。観終わって、何か元気を貰ったように感じます。

 女所長の砂川楓(高島雅羅)が、かの子(椿真由美)の耳元でそっと打ち明ける秘密は最後まで明らかにされません。どうも工場の主任の砂川みね(高山奈央子)との関係のことのようですが、いったい何だったのでしょうね。

 高さを生かした舞台セットが見事でした。

 シュロ(桑原裕子)がトンビ(村上航)に蹴り飛ばされるシーンでは、机の角に頭ぶつけたように見えて、マジで一瞬心配してしまいました。体はってるなあ...

 充実した2時間でございました。

ブログで検索「甘い丘」

| | Comments (65) | TrackBack (2)

January 17, 2007

うめ吉コンサート

うめ吉
14-Jan-2007
ハーモニーホール座間

Umekiti_1

寄席の高座は何回も拝見してますが、ライブ(コンサート)は初めて。

大ホールって大き過ぎるんじゃないかと思いきや、大きさがミョーによい方向に働いたのか、ある意味お正月のノンビリ感漂うまったりしたコンサートでした。
ワーとかキャーはないけど、こーゆーコンサートも良いものでございます。

幕開きは踊り、第1部は三味線弾きながらの歌、休憩をはさんで第2部は踊りながら三味線ブギ、買い物ブギなど。

お客サンの年齢層はかなり高めでした。ライブハウスでの三味線ライブでは、いったいどんな客層なのだろうなと思いました。

物販、購入者対象のサイン会有り。

コンサートホールで、ダンサー従えた日本髪の和服の女性が、紋付袴のジャズバンドの演奏で服部良一をうたうって、冷静に考えるとスゴい絵柄だと思いました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 14, 2007

新感染「朧の森に棲む鬼」

劇団☆新感染
13-Jan-2007 12:00-15:25
新橋演舞場

070113

 2公演分チケット確保で、今回は1回目。3Fの上手側の席のため、舞台上手側1/3は見切れましたが、花道はたっぷり見ることができたので、3500円は決して高くない。なんたって公演プログラム(カレンダー付)3000円とおむすび弁当500円買って、さらにお茶買ったらチケット代より高くなったもん(笑)

 でも、おむすび弁当のシャケ、ほどよい塩味でおいしいシャケでした♪

 視界に難はあれど、音と光と大立ち廻り、本水まであって、結果アドレナリン大放出なのでした。

 市川染五郎さん、悪に染まっていけばいくほどかっこよくなる。歌舞伎役者ならではの、歌うようなセリフまわしが気持ちよいです。

 秋山奈津子さん、検非違使の長官役ですが、女剣士っぷりがかっこよすぎ。和モノの時代劇の女剣士というよりも、武侠モノの女剣士。ブリジット・リンみたいな精悍な面持ちがたまりません。


蛇足ですが...

 個人的には「王」という概念が、どうしても日本だとなじまないような気がします。「帝」とか「天皇」とか、あるいは「将軍」「殿様」...と言ってくれたほうが、違和感が無いのだけれど、考えて見れば「朧の森に棲む森」は架空の国の時代劇...日本よりも中国の、それこそ武侠モノの世界なので「王」でもいいのだろうな。

ブログで検索「朧の森に棲む鬼」

| | Comments (4) | TrackBack (1)

January 11, 2007

宝塚宙組「維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック」

宝塚歌劇団
7-Jan-2007 11:00-14:05
東京宝塚劇場

070109b

詳しい内容はこちらで(ENAK STAGE GRAPH)

幕末青春グラフィティー
「維新回天・竜馬伝!」-硬派・坂本竜馬III-

 竜馬の命日、墓地へ向かう途中の茶店に、彼を知る人々が集まっているところから始まります。そこに泥酔した、竜馬の妻・お竜(紫城るい)が登場します。

 普段の宝塚らしからぬ、新派か文芸座か?みたいなしっとりとした始まり方です。
酔った紫城るいの風情がなんともよかったです。(これで退団とは惜しいなあ。)

そして時代は、竜馬の生きていた幕末へと遡ります。

お蝶(美羽あさひ)が色仕掛けで竜馬の真意を探ろうとするあたりも、あまり宝塚っぽくないけれど好きな場面。

 遊女(だよね?)おうの役の花影アリスが、やけに色っぽい。こんな芝居ができる人だったのですね。お嬢様やお姫様系の役よりも遊女や娼婦などの汚れた役のほうが実は合っているのかもしれないです。

 寿つかさの西郷隆盛は貫禄十分、でも西郷さんが似合ってしまうタカラジェンヌというのもなんだかなあと思います(笑)

 立ともみは、いかにも江戸っ子の勝海舟で、さすがは専科さん。(古今、いろんな役者さんが勝海舟を演じていますが、立さんの勝海舟って、かなり上ランクの出来だと思いました)

 和音美桜の千葉佐那子、男装口ヒゲが妙に似合ってました。道場で竜馬と稽古するシーンが無いのが残念。

 貴城けいさんの竜馬は、口調もよいし無邪気で真っ直ぐな感じがよく出ていたと思います。

 途中、コマ劇の時代劇みたいなギャグシーンがありましたが、1幕というせいもあるのでしょう、全体にテンポがよく、なかなか楽しい舞台でした。宝塚っぽくない部分も多々あれど、個人的には結構好きな舞台でした。


蛇足

 和服の裾が乱れて、足首が見える場面がありましたが、足袋の下にストッキングをはいているようですね。ちょっと興ざめでした。


グランド・レヴュー
「ザ・クラシック」-I LOVE CHOPIN-

 演出の草野先生いわく「現実を超越した永遠の世界」とのこと。全体にロマンチックで幻想的な、まるでおとぎ話の世界のようでした。自分としては、あまり好みの世界ではないけれど(もっと耽美なショーか、逆にラテン系の派手なショーの方が好き)、貴城けいさんの王子様風キャラには、よく合っていたのではと思います。

 ナイトクイーンの紫城るい。メタリックなロボットのような衣装がよく似合う人だな。
蘭寿とむのバトラーは、意外にも女らしくかわいく感じました(笑)
ポピーの精の咲花杏ちゃん、頭の上にお花咲かせちゃった姿が、これほど似合う娘役さんも居ないと思いますが、退団しちゃうのですね、残念です。

ブログで検索「維新回天 竜馬伝」

| | Comments (67) | TrackBack (2)

January 10, 2007

ハイリンド「法王庁の避妊法」

ハイリンド
8-Jan-2007 15:00-17:15
劇・小劇場

070109a

 「法王庁の避妊法」、初見はホリプロ公演(NHKでの放送でしたが)、2回目は2006年9月Plug-inの公演、で、今回3回目になります。

 なので筋はわかっているのに、やはり排卵日を発見するくだりは興奮しますし、最後に診察室に一人残ったとめさん(枝元萌)が、論文誌をかかげるところは胸がいっぱいになります。

 荻野先生(伊原農)、ハナさん(はざまみゆき)、助手の古井君(多根周作)、キヨさん(大森美由紀)のかけ合いが面白く、安心して笑えました。特に助手の古井君(多根周作)の、ドアが開いてゴッツンコと頭ぶつけるシーンは絶妙のタイミングで、感動すらおぼえたです(笑)

ブログで検索「ハイリンド 法王庁の避妊法」

| | Comments (1) | TrackBack (4)

January 09, 2007

劇団未来劇場「シャンテ ラ レビュー PART15」

劇団未来劇場
7-Jan-2007 19:00-20:45
新宿シアターモリエール

070109

劇団未来劇場レビュー公演「シャンテ ラ レビュー PART15」

強風です。新宿の街中、立て看板が倒れまくってました(笑)

1.レビュー
2.水森亜土さん所属
3.元宝塚の陽色萌さんも出演

という3つの理由で拝見してまいりました。後で知ったのですが、ゆずなさんというのは元水沢梨香さんで元花組の蓮城ルナさんなのだそうですね(今回はVocalとして2曲歌ってらっしゃいました。)
 タカラジェンヌとしての陽色萌さんは「王家に捧ぐ歌」でしか見たことが無いのですが、卒業生挨拶で黒塗りの顔に緑袴というのが強く記憶に残っています。

 出演者は全員女性で、ダンサーさん、元SKD、元宝塚、JAZZ系のVocalistさん達という構成のようです。
水森亜土さんはVocalなのですが、年齢というものを超越しちゃってます。すごい。

 歌ありダンスあり、江戸家まねき猫さんの演芸コーナーありの楽しい1時間45分でした。
欲言えば、劇場でかしこまって見るのではなく、(ムーランルージュとまでは言わないけれど)やはりキャバレーのようなところで飲み食いしながら見たいですね。

 宝塚以外のレビューを見るのは初めてだったのですが、こちらのレビューはSDK系なのでしょうか、宝塚とは一味違いました。どう違うのかというのがうまく説明できないのですが、兵庫と浅草というか、少女マンガとレディースコミックというか、ドリフターズとクレイジーキャッツというか、宝塚のレビューに比べ、しっとりアダルティな感じがするです。(4月に薔薇笑亭SKDの公演があるらしいので見てみたい)

 陽色萌さんは、女性ダンサーとしての参加でしたが、決めのポーズが男役さんよりも男前でかっこよろしかったです。
蛇足ながら、現在ハローキティのくるみ割り人形に、声で出演をされていますが、どの声なのかさっぱりわかりません(笑)。

ブログで検索「未来劇場 レビュー」

| | Comments (76) | TrackBack (6)

January 04, 2007

2006演芸系リスト

2006年に聴きに行った落語会リストをまとめてみますた。
(寄席の定席・早朝・深夜寄席は記録取ってないので除きます)

01/21 志の輔らくごinパルコ
01/25 第4回南大沢寄席
01/29 第46回柳家権太楼日曜朝のおさらい会
02/16 繭から5
02/18 築地寄席其の二
02/22 第5回南大沢寄席
02/26 第16回 YEBISU亭
03/04 林家たい平・柳家喬太郎ニ人会@パルテノン多摩
03/06 第6回八王子駅前寄席
03/21 福袋演芸場「福袋大盛~残さず食べなさい~」
03/26 第47回柳家権太楼日曜朝のおさらい会
03/29 ボク達の鹿芝居-らくだってヤツは-
04/09 第6回 浅草見番寄席
04/14 第7回 八王子駅前寄席
05/12 柳家喬太郎独演会@立川
05/27 喬太郎跳ねる 其の八
05/28 第48回柳家権太楼日曜朝のおさらい会
05/31 繭から6
06/10 桂あやめ・林家染雀二人会@横浜にぎわい座
06/28 第2回京子派手な会
07/15 大銀座落語際2006「喬太郎VS稲川淳二 怪談噺の会」
07/16 大銀座落語際2006「柳家さん生 笑の大学」
07/17 福袋演芸場「ネタおろし対決!!」
07/17 大銀座落語際2006「大御所に歴史あり!」
08/26 円丈 白鳥親子会@浅草東洋館
09/03 「横浜で彦いちの噺をきく。」@横浜にぎわい座
09/08 第3回京子派手な会
09/17 ミックス寄席「歌の入る噺の会」
09/23 御寺座之怪談其之三
10/11 第13回八王子駅前寄席
10/29 たい平・喬太郎二人会
11/03 福袋演芸場「文七元結リレー起承転結」
11/03 第25回神奈川華高座
11/03 第10回喬弟仁義
11/25 第14回南大沢寄席
12/12 第148回 府中の森笑劇場
12/13 第15回八王子駅前寄席
12/29 栄助・天どん二人会 下北沢「劇」小劇場
12/30 トンデモ忘念会 浅草木馬亭

印象に残ったお噺

「文七元結」
11/03のリレー落語以外に、鈴本11月下席で柳家喬太郎、1月に鈴本早朝寄席で台所鬼〆。喬太郎さんの文七元結はたっぷりで満足だったのですが、それよりも台所鬼〆の、前半がダイジェストっていう、「Part1,2のあらすじつきロードオブザリング王の帰還」みたいな文七元結はいさぎよいと思いました。

「ミュージカル井戸の茶碗」(柳家喬太郎)09/17 ミックス寄席「歌の入る噺の会」より。
その昔の美空ひばりのミュージカル時代劇みたいで楽しい。

「雨のベルサイユ」(三遊亭白鳥・神田京子)
ぜんぜんベルばらじゃないのに、オスカルとアンドレのくだりはベルばらのエッセンスが感じられるので泣ける噺(笑)だったりするのだけれど、神田京子さんは、その後再演したのかな?

「胴切り」(三遊亭歌武蔵)
池袋演芸場の定席だったけれど、このときの「胴切り」は神がかりの面白さですた。

「星野屋」(春風亭鹿の子)
末廣の深夜で聞いたですが、こんな黒い噺ができる女性の噺家さんってめずらしいと思います。今後の活動がどうなるか不明ですが、個人的には噺家続けて欲しいです。

番外

ボク達の鹿芝居-らくだってヤツは-
若手さんによる鹿芝居です。予想以上の面白さで、2007も公演希望です。

| | Comments (63) | TrackBack (51)

« December 2006 | Main | February 2007 »