« 毛皮族・初夏の軽演劇「歌謡ショー付連続OSOBA小説『おそばらんかい!』」 | Main | 上半期Best10 »

July 07, 2007

ユニークポイント「もう花はいらない」

ユニークポイント
4-Jul-2007 20:00~21:00
アトリエセンティオ

Corich公演情報

Stage1896_1

 1時間1800円で、間近で味わえる楽しさ。秘密の倶楽部で観劇してるような気分でした。

 「場所がわかりにくい」というウワサ。JR板橋駅方面から歩いてセブンイレブンを過ぎて曲がるところ、「まさかこの路地じゃないよなあ」と思って曲がったらビンゴ(笑)暗い路地の突き当たりがボーッと光っていて、そこが劇場でした。

 受付が半畳くらいのスペースで、つげ義春の漫画に出てきそうな雰囲気。
靴を脱いで劇場に入ると、ちょっと迷路風の通路を歩き劇場内へ。壁床とも真っ白。中央に舞台セット、壁際(2面)に客席。
開演前のドリンクサービスはうれしいです。

 ナオミは、もっと魔性の魅力がある女優さんがよいのでは...と思うのですが、なかなかそういう人材を探すのは難しいのかもしれません。ロマンチカの横町慶子さんみたいな日本人離れした人が理想でしょうか?
 まあ、舞台と客席が一体となったような狭い空間で、そんな人が出演していたら観てて刺激が強すぎて疲れるでしょうねえ(笑)

 冒頭の、ナオミが男達を引っ張り込んで、雑魚寝するシーンは、寝室を覗いているようでドキドキしました。
時子(大野由美子)は、よくしゃべるなあ。調子がよいので聞き惚れました。


 なんだか原作読みたくなり、帰りに新宿のBook 1stで購入。


原作 谷崎潤一郎『痴人の愛』
脚本・演出 山田裕幸 
出演
河村  山路誠
ナオミ 高田愛子
濱口  寺尾恵仁(第七劇場)
大沢  中村匡克
関   北澤輝樹
時子  大野由美子
佐和子 宍戸かなえ


ブログで検索「もう花はいらない」

|

« 毛皮族・初夏の軽演劇「歌謡ショー付連続OSOBA小説『おそばらんかい!』」 | Main | 上半期Best10 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

Whilst Hulu has become a popular success, it's also turn into a pain for many investors, who understand the site less a defense against piracy or video phenomenon You - Tube but being a threat on the economics in the television business. However, a couple of strands of wisdom and compassion, wove their way over the discussion from various posters that suggested another path. A quantity of musicians have been not able to sustain themselves and so they have opted to doing other ventures in the side.

Posted by: www.glamourvue.com.au | February 02, 2015 09:23 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ユニークポイント「もう花はいらない」:

« 毛皮族・初夏の軽演劇「歌謡ショー付連続OSOBA小説『おそばらんかい!』」 | Main | 上半期Best10 »