« 宝塚歌劇団「MAHOROBA/マジシャンの憂鬱」 | Main | シモキタ☆キラリ Vol.3 »

October 11, 2007

落語ジャンクション in 下北沢 6DAYS「白鳥独演会~古典の世界」

落語王
10-Oct-2007 19:00-21:00
劇・小劇場

三遊亭白鳥

071010

「看板のピン」
上方バージョンの「看板のピン」なのかな。江戸版だと若い衆が博打をしているところへ親分がやってくるという流れですが、上方版は、若い衆が、元博打うちで金を溜め込んでる老人から有り金をむしりとってしまおうとして逆にやられてしまうという流れなのですね。

「ねずみ」
ネタ下ろし。入船亭扇辰のCDで覚えたとのこと。登場人物が見事に白鳥ナイズされていて、本寸法の"ねずみ"なのに新作っぽい空気が漂っていたのがなんとも不思議。動物モノを得意とする白鳥さんだけにねずみの真似は面白かったなあ。

-仲入り-

「もう半分~ムーミン谷編」
ムーミンカレンダーのカラーコピーを持参、まずはムーミンをよく知らないおともだち向けに登場人物の説明から。舞台下手側に「ムーミン一家+ミィ」を客席に見えるように譜面台に置いて、噺。

「もう半分」の、居酒屋の夫婦がムーミン谷を飛び出してきたスナフキンとミィで、五十両を持って店におとずれる客がムーミンという設定。なんでムーミンが五十両持ってたのか一切説明はなかったですが、なんだか可笑しい組み合わせですね。

...で、うち帰って、ムーミンで検索してたら、
ミィはスナフキンの異父姉だった
って、これを知った上で「もう半分~ムーミン谷編」を作ってるとしたら、三遊亭圓朝もびっくりのすごい因果噺ではないかと思うのでした。

|

« 宝塚歌劇団「MAHOROBA/マジシャンの憂鬱」 | Main | シモキタ☆キラリ Vol.3 »

「落語」カテゴリの記事

Comments

I'm gone to convey my little brother, that he should also go to see this website on regular basis to obtain updated from newest news update.

Posted by: Hien Slyton | December 01, 2013 at 11:33 AM

I was able to find good advice from your blog posts.

Posted by: http://list.ly/ | May 12, 2014 at 10:28 PM

Pretty section of content. I just stumbled upon your weblog and in accession capital to assert that I acquire in fact enjoyed account your blog posts. Anyway I'll be subscribing to your augment and even I achievement you access consistently quickly.

Posted by: رش مبيد بالرياض | August 19, 2014 at 12:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36534/16732754

Listed below are links to weblogs that reference 落語ジャンクション in 下北沢 6DAYS「白鳥独演会~古典の世界」:

» 改名の方法&改名の仕方 [好きな名前になれる!自分の名前を自由にできる!]
ご覧頂、ありがとうございます。  運命を変えませんか? 女優の渡辺えり子さんが渡辺えりに改名されたそうです。 トラブルが多く、名前の画数が悪い。 との助言で改名されたそうです。 あなたも、姓名判断で運勢を占って見て下さい。 ... [Read More]

Tracked on October 12, 2007 at 07:46 AM

» あすかはギャンブル好き [ギャンブルは趣味で楽しむもの]
ブログですが・・・ 競艇:舟券に迷ったら 競馬:競馬場は晴れ 競馬予想:馬券の買い目に迷ったら [Read More]

Tracked on October 12, 2007 at 06:44 PM

« 宝塚歌劇団「MAHOROBA/マジシャンの憂鬱」 | Main | シモキタ☆キラリ Vol.3 »