« ミュージカル「蜘蛛女のキス」 | Main | 表現さわやか「ポエム」 »

November 05, 2007

風琴工房「砂漠の音階」

風琴工房
4-Nov-2007 14:00~16:45 B-7
シアター風姿花伝

Corich公演情報

071104a

 研究成功の話ではなく、研究に成功した日の研究者の話というのがいいよなあと思います。

 大義名分よりも単純に興味をもったからという研究動機、研究上は五角形十分なのに、うつくしさを求めて六角形の人口結晶にこだわる姿、(動物愛護団体が聞いたら怒りそうな)ウサギの耳を使った実験を楽しそうに話すあたりは、科学者(研究者)の本質をうまくあらわしていると思います。やたら大げさで熱い研究員たちも、きっと研究に夢中で気分がハイになっているんでしょうね。

 芝居的にはリアルではないかもしれませんが、心持はものすごくリアルだなと思うのです。

彼らが夢中になっていろいろなことを語り合う姿を見ていると、こちらもワクワクしてきます。
初演見て、今回再演も見ようと思ったのは、きっと、このワクワク感を味わいたかったからだと思います。

 津島と中谷が二人で雪の話をしていると、雪が降ってきます。舞台正面の窓の外を眺めながら「雪が降ってきた」と言うだけでなく、ホントに雪を降らしてほしかったかも。

 津島が去り佐田が一人残るラストシーンは一切の音がありませんが、外では雪が深々と降り積もっているのですね。

 中谷先生がビーカーに入れた紅茶を静子さんと津島さんにすすめる場面も面白いです。静子さんの着物の帯の柄(確かガス灯と橋の絵だと思いましたが)、何故かアルコールランプと実験器具に見えてきました(笑)


----初演との違いについて----

低温実験室の位置が、舞台下手から舞台中央花道の奥に移動。

 初演時、関川から実験の成功の知らせを聞き、全員が低温実験室へ向かったあとで、舞台中央の窓が開き、低温実験室で人口結晶を観察するシーンがありましたが、今回はそのシーンはありませんでした。効果音をバックにセリフ無で観察するシーンはきれいで印象には残っています。ただラストシーンだと思ってしまい、その後の話がとってつけた話のように感じなくもなかったです(素敵なシーンですが)。その点、今回のように研究室だけで話がすすむと流れが自然ですね。

 今回無くなったシーンでもうひとつ。山崎が、「いっぺんやってみたかったんだ」と、ツララでウィスキーを飲むくだり。確かに無くてもよいシーンだとは思いますが、当時、心の中で「うんうん、そうだ。やってみたいよなあ」と共感したセリフでした。無くなって残念♪

 中谷先生と旧友山崎は、ぱっと見、初演とはまったく違うキャラなので、初演の印象が邪魔しないか心配していたのですが、まったく違和感がありませんでした。

----シアター風姿花伝への心の距離を縮めて行こうよプロジェクト----

こういうイベントがあると生き帰りも楽しくてよいですね。
初めて行く劇場だったので早めに行ったところ、道にも迷わず開場の20分前くらいに到着。
近所ぶらぶらしましたが、ちょっと路地に入ると迷路のよう。住宅街に小さな公園が散在していて面白い町ですね。

中谷先生を連れて行って、おはぎをいただきました。中谷センセーも一緒にいただきました♪
甘さ控えめ素朴な味のおはぎでおいしかったです。

071104c

中谷宇吉郎 山内健司(青年団)
中谷静子 松岡洋子
津島和江 笹野鈴々音
関川弥太郎 浅倉洋介
佐田新之介 北川洋介
宮内喜夫 山ノ井史
河合久子 宮嶋美子
山崎誓作 小高仁
 
脚本・演出・衣装・宣伝美術 詩森ろば
舞台美術 杉山至+鴉屋、濱崎賢二(六尺堂)
照明プラン jimmy(フリープラン)
照明オペ 田原聖子
舞台監督 弘光哲也
スチール 鏡田信幸
演出助手 木内美帆、津田湘子
舞台監督助手 渡辺景介
制作 森岡鞠子
企画・製作 ウィンディ・ハープ・オフィス

ブログで検索「砂漠の音階」

|

« ミュージカル「蜘蛛女のキス」 | Main | 表現さわやか「ポエム」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and perceptive in all the par‘nesis we give. We should be extraordinarily careful in giving guidance that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to evade giving counsel which we don't imitate when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: soldering | June 04, 2010 02:20 AM

A man begins scathing his discernment teeth the first without surcease he bites out more than he can chew.

Posted by: squash racket | June 19, 2010 12:44 AM

To be a good charitable being is to from a philanthropic of openness to the in the seventh heaven, an ability to group unsure things beyond your own control, that can take you to be shattered in hugely exceptional circumstances for which you were not to blame. That says something remarkably outstanding about the fettle of the honest compulsion: that it is based on a corporation in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's based on being more l

Posted by: Chopard Diamond Watches | June 25, 2010 07:28 AM

I woke up this morning in a bad mood but after finding this site my state of mind got better.

Posted by: Gizmos | July 06, 2010 02:14 AM

In everyone's life, at some occasion, our inner foment goes out. It is then blow up into enthusiasm at hand an contend with with another hominoid being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner transport

Posted by: Marry | July 15, 2010 08:52 PM

In the whole world's time, at some occasion, our inner foment goes out. It is then bust into enthusiasm by an face with another magnanimous being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Anna | August 16, 2010 11:14 PM

In every tom's sustenance, at some pass‚, our inner throw goes out. It is then break asunder into passion beside an be faced with with another hominoid being. We should all be under obligation for the duration of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Mark | August 19, 2010 11:28 PM

In every tom's time, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then blow up into zeal at near an be faced with with another magnanimous being. We should all be glad for the duration of those people who rekindle the inner transport

Posted by: Niels | August 23, 2010 04:02 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風琴工房「砂漠の音階」:

» 雛形あきこ 禁断動画独自公開!! [雛形あきこ 禁断動画独自公開!!]
「めちゃイケ」でお馴染みの雛形あきこの知られざる映像を公開!! [Read More]

Tracked on November 06, 2007 04:46 AM

« ミュージカル「蜘蛛女のキス」 | Main | 表現さわやか「ポエム」 »