« 「恐れを知らぬ川上音二郎」 | Main | マンションマンション「人間フィルハーモニー」 »

December 23, 2007

新宿梁山泊「少女都市からの呼び声」

新宿梁山泊
22-Dec-2007 14:00~15:30
芝居砦・満天星

Corich公演情報

071222a

やっぱり年末はアングラっす(笑)


田口は原因不明の腹痛で手術を受けようとしている。天涯孤独の彼に、親友の有沢がその婚約者ビンコと付き添っている。田口の腹には共に産まれるはずだった妹の残骸である髪の毛が詰まっていた。

麻酔にうなされる田口は夢で、まだ見ぬ妹・雪子を訪ねる旅に出る。

そこは全てのものを冷たいガラスに変えてしまう世界であった。雪子はガラス工場の街に住み、その身体をガラスに改造しようとしていた。
この街から連れ出そうとする田口だが、共に現世で生きる為には凍ったガラスを溶かす暖かい血が必要だとせまる雪子に田口は自らの指を切らせて雪子に与えようとするが、雪子の婚約者ドクターフランケに銃で撃たれてしまう。
「これからは現世で僕の代わりに生きていくんだよ...」と告げて意識を失う。
気付くとそこは病院の手術室。手術で目覚めない田口の中から、雪子が現世界に出てくる、有沢を見つけて「兄の身体の中からいつも想っていた」と喜ぶ。

これからは兄の代わりに共に生きていこうと迫る雪子だが...

 インナースペースである雪子の世界が、意識を失った兄・田口から出てくるあたりは面白いですね。雪子の世界...それは、髪の毛に宿った妹の魂の世界かもしれないし、兄のまだ見ぬ妹への想いからくる幻想の世界かもしれない。「ブラックジャック」の「畸形嚢腫」ではピノコがまだ姉の体内に居たときにブラックジャックにテレパシーで語りかけるくだりがあった。アッチョンブリケ。

フランケ醜態博士は、造形がサイレント映画のマッドサイエンティスト風で面白い。
雪子が和服で踊るバレエは、なんとも艶かしくってよいです。
ラストのビー玉の津波は圧巻かつ爽快。(パチンコの爽快感にも似てるよなあ)

芝居砦・満天星は初めて行く劇場。コンクリートの階段を降り、受付を抜けると木製の壁で囲まれた喫茶スペースがあり、その奥が劇場。隠れ家風でユニークな空間でした。

男-田口 広島光
少女-雪子 沖中咲子
フランケ醜態博士 金守珍
有沢 川畑信介
ビンコ 目黒杏里
老人A 染野弘孝
老人B コビヤマ洋一
防空頭巾の女たち1 梶村ともみ
防空頭巾の女たち2 三浦伸子
防空頭巾の女たち3 目黒杏里
フランケの助手・看護婦 渡会久美子
連隊長 米山訓士
兵隊1 小林由尚
兵隊2 梶山竜矢
インターン1 染野弘孝
インターン2 小林由尚
インターン3 梶山竜矢
乞食老人たち・町の人々 コビヤマ洋一
大貫誉
三浦伸子
沈完輔
米山訓士
染野弘孝
小林由尚
梶山竜矢
アブちゃんをつけた少女 三浦伸子
老人・養老先生 麻生麦
 
作 唐十郎
演出 金守珍
照明 泉次雄+ライズ
音響 N-TONE
振付 大川妙子
舞台美術 大塚聡+百八竜
衣装 沖中咲子
黒沼弘己
近藤結宥花
宣伝美術 梶村ともみ(画)
福田真一(デザイン)
制作 新宿梁山泊事務所

ブログで検索「少女都市からの呼び声」

|

« 「恐れを知らぬ川上音二郎」 | Main | マンションマンション「人間フィルハーモニー」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be careful and fussy in all the advice we give. We should be extraordinarily careful in giving information that we would not think of following ourselves. Most of all, we ought to evade giving advise which we don't mind when it damages those who depreciate us at our word.

Posted by: marples | June 04, 2010 02:20 AM

A gink begins sneering his perceptiveness teeth the senior chance he bites off more than he can chew.

Posted by: treadmill | June 19, 2010 12:44 AM

I woke up today sad but after finding this site my state of mind improved.

Posted by: Technology | July 06, 2010 02:14 AM

In every tom's life, at some occasion, our inner throw goes out. It is then break asunder into enthusiasm at hand an face with another human being. We should all be indebted for the duration of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Aisha | July 13, 2010 02:10 AM

I don't like the sound of all those lists he's making - it's like prepossessing too divers notes at high school; you sensible of you've achieved something when you haven't.

Posted by: Bob | July 13, 2010 07:36 PM

In everyone's existence, at some occasion, our inner foment goes out. It is then burst into enthusiasm at near an contend with with another benign being. We should all be indebted for those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Jack | August 25, 2010 05:41 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新宿梁山泊「少女都市からの呼び声」:

« 「恐れを知らぬ川上音二郎」 | Main | マンションマンション「人間フィルハーモニー」 »