« 敦-杏子(TON-ANZU)プロデュース「URASUJI★幕末編~みだれ~」 | Main | 2007年に見たミュージカルのベストワンを考えてみると... »

December 31, 2007

虚飾集団廻天百眼「赤闇少女」

虚飾集団廻天百眼
30-Dec-2007 14:30~16:00
神楽坂die pratze

Corich公演情報

071230a

 耽美系アングラ舞台。


 アリシアは自分の分身でもある人形アダリーに。魔術を使って命を吹き込む。それは、愛しいもう一人の自分であり、永遠の今をもった(年をとらない)自分でもある。ところが命をもったアダリーは、自分の意志をもち、それは必ずしもアリシアの意に添うものではなく...
 ノアルスイユは、その屋敷の主人。マゼンダ、コロンビアは、天文学者は、どうやらノアルスイユの元で働いている者たちですが、やがて彼らも元は人形だったことがわかってきます。やがて火事が起きて、皆焼け死んでしまうのですが...

 ラスト、「ある空き屋で火災が発生。焼け跡から男と少女の死体、および人形が発見された」というニュース音声が流れます。いままで我々が見ていたものは、実は、男と少女の人形ごっこの世界だった....?

...っていうような話じゃねえかと思います。脚本読んで確かめてみたいところ。多分、男と少女の妄想が生んだ世界だと思います。(妄想であっても、それは傍から見ればであって、当人たちには現実としてしか感じていないのだろう)


 途中、ジャポニカ学習帳や駄菓子(らしきもの)が出てきて、そのときは「耽美な世界に合わないものを何でわざわざ出すのだろう?」と違和感を感じたのですが、それは現実世界の少女の持ち物であり、幻想の世界が次第に綻んでいく様子を現してるのかもしれません(単なるおふざけかもしれないが)。もっとも、それはラストを見て初めて気がつくことで、現実世界の物は出さず、小道具にいたるまで耽美で統一させてほしかったなとも思います。

 全体に、もう一歩踏み込んで、観客を暗黒面に引きずりこむ迫力が欲しいなと思います。折檻の場面は、見所の一つなのでしょうが、どうもドキドキするような迫力が無い。「淀五郎」でいうところの、まだまだ由良之助が近寄っていけない判官の切腹というか。ホントに折檻しちゃっていいのじゃないでしょうか(笑)
 年季の入ったアングラ役者さんって「ひょっとしたら、この人たちはクスリをやってるんじゃないか」と思わせる芝居をしますが、それが廻天百眼に、やや足りないところかなと思います。

 物語は結構好み。本公演は「『極楽鳥』×『変身前夜』」以降を見させてもらってますが、いちばんよくできてると思います(いちばんわかりやすいし)。

 途中のダンスシーンを見ながら、「このストーリーで、荻田浩一演出で宝塚のショーにしたら面白いんじゃないかな。」と思ったり。

 歯車をモチーフにした舞台に清水真理さん提供の人形が十数体(人形と目が合うとちょっと恐いです(汗))。ラストシーンはプラネタリウムのようで綺麗でした。


 蛇足

 人形、ふくらはぎとか二の腕の線がリアル。リアルというのは「まるでホンモノの人間のようだ」ということだけれど、決して動かないから、永遠に腐敗しない死体のようにも感じられる...だからコワいと感じるのかもしれない。
 あと、人形は美形ぞろいなのだけれど、思い切りぶっさいくな人形をつくってみたい衝動って無いのかなあ。

アリシア 大島朋恵
アダリー 紅日毬子
ノアルスイユ 礼音
マゼンダ カイ
コロンビア 御手洗花女(母檸檬)
天文学者 能登谷智生
 
脚本・演出 石井飛鳥
衣装 CuLLuCOO ViSiON(サチコ統率)
舞台美術 奥山友太・森川明香と赤闇裏部隊
化粧指導 LinDa
照明 棚橋悦子(㈱A.S.G)
音響 立川貴一
宣伝美術 清水真理(人形提供)
 富崎NORI(人形化/人間化)
 LinDa(化粧)
 石井飛鳥(撮影・編集)
球体関節人形提供 清水真理アトリエ果樹園
制作 赤闇少女制作委員会

ブログで検索「赤闇少女」

|

« 敦-杏子(TON-ANZU)プロデュース「URASUJI★幕末編~みだれ~」 | Main | 2007年に見たミュージカルのベストワンを考えてみると... »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be careful and perceptive in all the information we give. We should be signally painstaking in giving information that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to evade giving counsel which we don't mind when it damages those who take us at our word.

Posted by: plasma cutter | June 04, 2010 02:20 AM

A humankind begins icy his wisdom teeth the initially often he bites on holiday more than he can chew.

Posted by: yoga mat | June 19, 2010 12:44 AM

To be a adroit human being is to be enduring a philanthropic of openness to the far-out, an cleverness to trusteeship undeterminable things beyond your own restrain, that can lead you to be shattered in unequivocally exceptionally circumstances on which you were not to blame. That says something remarkably outstanding with the get of the righteous autobiography: that it is based on a corporation in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's bas

Posted by: Hamilton Watch Company | June 25, 2010 07:28 AM

I don't like the durable of all those lists he's making - it's like taking too many notes at seminary; you feel you've achieved something when you haven't.

Posted by: Jack | July 13, 2010 07:36 PM

In harry's existence, at some dated, our inner pep goes out. It is then bust into passion at near an encounter with another benign being. We should all be under obligation for the duration of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Jack | July 15, 2010 08:52 PM

In the whole world's sustenance, at some dated, our inner fire goes out. It is then bust into flame at hand an encounter with another benign being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Niels | August 26, 2010 09:11 PM

A contented old maturity is the award of a well-spent youth. A substitute alternatively of its bringing dejected and melancholy prospects of rot, it would give in to defeat us hopes of eternal adolescence in a bettor world.

Posted by: Bostich | September 27, 2010 11:34 AM

whoah this blog is magnificent i love studying your articles. Stay up the good work! You understand, lots of persons are hunting round for this info, you can help them greatly.

Posted by: pharmaceutical claims | November 20, 2014 11:16 AM

Hi there everyone, it's my first visit at this site, and piece of writing is actually fruitful for me, keep up posting such articles.

Posted by: lipitor claims | November 22, 2014 09:44 PM

Thank you, I have just been looking for info about this topic for ages and yours is the best I have discovered till now. But, what about the conclusion? Are you certain about the source?

Posted by: pharmaceutical claims | November 23, 2014 06:14 AM

Thank you for sharing your info. I truly appreciate your efforts and I will be waiting for your further post thank you once again.

Posted by: hack | December 21, 2014 11:30 AM

Appreciating the dedication you put into your site and in depth information you offer. It's good to come across a blog every once in a while that isn't the same out of date rehashed information. Wonderful read! I've bookmarked your site and I'm adding your RSS feeds to my Google account.

Posted by: warning bohack | January 21, 2015 08:35 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 虚飾集団廻天百眼「赤闇少女」:

« 敦-杏子(TON-ANZU)プロデュース「URASUJI★幕末編~みだれ~」 | Main | 2007年に見たミュージカルのベストワンを考えてみると... »