« Orega Challenge vol.2「岡本でございます!」 | Main | 黒色綺譚カナリア派「葦ノ籠~アシノカゴ~」 »

March 24, 2008

赤坂RED/THEATER presents「東京」

公演ページ
23-Mar-2008 14:00~15:50 D-8
赤坂RED/THEATER

Corich公演情報

080323a1

赤坂RED/REVOLUTION、

 「いい戯曲・演出家」そして「力のある俳優」を有名・無名問わず、積極的に発掘し、オーソドックスでも、地味でも、とにかく「いい芝居」を創りあげることを目的にスタートした劇場発信の新企画。

今まで体験したことのない奇蹟のような素晴らしい舞台が見られると、期待いっぱいだったのですが...

 和歌山から、成功を夢見て東京へ出てきた三人を中心にした青春群像劇。
時代設定はバブル終焉後、おそらく1990年代後半ではないかと思われるのですが、和歌山と東京の距離感が、1950~60年代のように思えて違和感が拭えませんでした。(休日に地方からTDLに遊びに行く時代の話ではないよなあ)。
 そりゃあ成功を夢見て上京し、厳しい現実の前に挫折...という構図は、いつの時代でも同じかもしれませんが、時代に沿った感覚やメンタリティというものがあると思うのです。

 わざわざこのような物語を上演するというのは、なにか意図するところがあったのでしょうか?

 REVOLUTIONとありますが、集客力のある役者を前提とした公演ではなく作品ありきの演劇を創ることが革命ということなのでしょうか?でも、その結果として素晴らしい舞台が出来上がらなければ、一般の観客には何の意味もないし、革命じゃなくて単なるクーデターにしぎないじゃんと思ってしまうのでした。

 終演後、2回目のカーテンコールを求め拍手し続ける客(関係者かな)と、さっさと帰り支度をはじめる客。すごい温度差。まず、このあたりをどうにかすることからはじめるのが真の革命なのじゃないかしらん。

 招待客、関係者排除してのロングラン公演、最初はガラガラでも口コミで客が増え、千秋楽は満員御礼。劇場が協力すれば可能じゃないのかなあ。

 この日、上野の桜を見てから赤坂へ移動、赤坂見附駅から劇場まで走っちゃったけど、そのまま上野でお花見してたほうが正解だったかも(笑)

080323a2

以下雑感。

・ラストで、8年間引きこもっていた主人公(清水優)が行動を起こすくだりは、それなりにカタルシスがあってよろし。心の中でガッツポーズとってしまいました。
・堀田役の佐藤氏が、宮崎駿に見えて、観劇中、頭のなかをジブリ作品がよぎったのには参ったです(笑)
・松永裕子さん綺麗。

古川学 清水 優
沢田孝一 佐藤晴彦
臼井康弘 粕谷吉洋
井上美紀 吉牟田眞奈
田所純 ゆかわたかし
遠藤宏明 木村 悟
田所節子 いせゆみこ
大谷由紀 松永裕子
服部伸子 新田めぐみ
安部久子 井端珠里
堀田玄  佐藤幾優
本条めぐみ 小林 愛
青木由紀夫 野本光一郎
車順一 井筒大介
池田典子 海老原礼子
 
作・演出 赤堀雅秋
照明 杉本公亮
音響 田上篤志(atSound)
舞台美術 福田暢秀(
照明操作 高円敦美
音響操作 井上直裕(atSound)
衣装進行 熊井絵里
演出助手 相田剛志
演出部 戸田美江
舞台監督 棚瀬巧
宣伝写真 長谷川洋三taro
宣伝美術 いちのへ宏彰
制作 佐々木康志
企画・製作 上谷忠(ジェイ・グリップ)
伊藤達哉(ゴーチ・ブラザーズ)
プリジェクトメンバー 山家かおり(Me&Herコーポレーション)
石井久美子(石井光三オフィス)
主催 赤坂RED/THEATER

ブログで検索「赤坂RED 東京」

|

« Orega Challenge vol.2「岡本でございます!」 | Main | 黒色綺譚カナリア派「葦ノ籠~アシノカゴ~」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be careful and discriminating in all the par‘nesis we give. We should be extraordinarily painstaking in giving opinion that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to refrain from giving advise which we don't imitate when it damages those who take us at our word.

Posted by: ratchet wrench | June 04, 2010 02:19 AM

To be a noble lenient being is to procure a make of openness to the far-out, an cleverness to trust undeterminable things beyond your own manage, that can take you to be shattered in uncommonly exceptional circumstances on which you were not to blame. That says something uncommonly weighty relating to the get of the honest autobiography: that it is based on a trust in the unpredictable and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a spy

Posted by: The Nixon Watch | June 25, 2010 07:28 AM

I woke up this morning sad but after reading this site my mood improved.

Posted by: Gadget Blog | July 06, 2010 02:13 AM

To be a upright lenient being is to have a make of openness to the world, an skill to group unsure things beyond your own control, that can govern you to be shattered in hugely exceptional circumstances as which you were not to blame. That says something very weighty with the condition of the righteous autobiography: that it is based on a trustworthiness in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a shop than like a priz

Posted by: Movado With Diamonds | July 12, 2010 05:17 AM

In harry's time, at some time, our inner throw goes out. It is then burst into flame at near an contend with with another benign being. We should all be glad for the duration of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Linda | July 13, 2010 02:09 AM

I don't like the sound of all those lists he's making - it's like prepossessing too innumerable notes at school; you experience you've achieved something when you haven't.

Posted by: Mark | July 13, 2010 07:36 PM

In harry's existence, at some time, our inner fire goes out. It is then blow up into flame beside an encounter with another human being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner transport

Posted by: Mark | August 22, 2010 10:32 PM

In the whole world's life, at some dated, our inner foment goes out. It is then break asunder into zeal by an contend with with another benign being. We should all be indebted for those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Alice | August 23, 2010 04:02 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and beneath a variety of other trade names, is a cure used to premium erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed past the pharmaceutical body Pfizer. It acts next to inhibiting cGMP individual phosphodiesterase type 5, an enzyme that regulates blood go in the penis. Since tasteful convenient in 1998, sildenafil has been the prime treatment quest of erec

Posted by: Viagra | September 16, 2010 01:39 PM

I love kittykuma.cocolog-nifty.com! Here I always find a lot of helpful information for myself. Thanks you for your work. Webmaster of http://loveepicentre.com and http://movieszone.eu Best regards

Posted by: onersismams | January 22, 2011 12:28 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤坂RED/THEATER presents「東京」:

» がーるず∞安西かな・作品情報4・城生綾菜 [がーるず∞安西かな・作品情報4・城生綾菜]
がーるず∞安西かな・作品情報4・城生綾菜 [Read More]

Tracked on March 28, 2008 08:56 PM

» 原幹恵キューティーハニー七変化SEXY映像集 [原幹恵キューティーハニー画像&動画]
キューティーハニー THE LIVE(2007年10月〜2008年3月、テレビ東... [Read More]

Tracked on April 01, 2008 06:21 PM

» Tramadol pills online. [Tramadol pills online.]
Tramadol pills online. [Read More]

Tracked on April 20, 2008 07:38 AM

« Orega Challenge vol.2「岡本でございます!」 | Main | 黒色綺譚カナリア派「葦ノ籠~アシノカゴ~」 »