« 亜細亜象演劇卸売市場「みんなの目の黒いうちは」 | Main | 梅田芸術劇場「カラミティジェーン」 »

April 10, 2008

味わい堂々「春を待つ」

味わい堂々
3-Apr-2008 19:40~21:10
スタジオあくとれ

Corich公演情報

080403

 娘の帰りを待つ父親。娘は男友達の部屋に居続け。父親は会社の年下の同僚に、「ずいぶん会話をしていない」と言う。その同僚の男は、結婚10年目で子供は無し。残業・徹夜で家に帰らない夫をひたすら待つ妻。たまに帰っても、妻の言葉は右から左。この二組の家族は家も近くバス停で顔をあわせる。そのバス停には、いつも謎の女性が座っている。

 結婚10年目の夫婦、夫は、妻が母親の看病で実家にしばらく戻るということさえ聞いておらず、気が付くと居るのがあたりまえだった妻がおらず慌てる始末。お互い気持ちがすれ違いながら待ちつづけているのですね。夫がもっとも待ち望んでいたのは、妻の「離婚しよう」の一言だったといオチ。

 男友達の部屋に居続けの娘、実は10年前のバス事故以来意識不明であり、男友達の部屋は、娘の夢の世界。10年ぶりに目を覚ました娘、喜ぶ父親。
 娘の夢の中の男は、バス事故で死んだ男。バス停で待ちつづける謎の女(ハチコ)は、男の帰りを待ちつづける恋人であり、幽霊(?)となって再び彼女の前に現れた男とようやくの再開。

 バラバラだった"待つ"話が、うまいこと繋がっていき、最後は「なーるほど」と思わせる、とってもよくできているお話でした。
タイトルは「春を待つ」ですが、まーいろんな「春」があるものだなあ。

 途中、バス停で待つ女が、弁当を喰らう場面があるのですが、本物の弁当を一人前平らげていました。
これがまたおいしそうに食べるので、見ていて楽しいのなんの。まずいものでも、うまそうに食べれば、絶対うまく感じてくると思うのでありました。

弁当以外でも、うまい棒や飲み物も、ちゃんと本物飲み食いしている点は正しいと思います。

 箸と茶碗だけで食べてるフリの芝居って、いつも見ていて中途半端な気がします。無いはずの食べ物が見えてくるほどの演技をしてくれるのなら何の文句はないのですが、そうしないのならリアルに本物を食べるべきじゃないかな。(そーゆー意味では飲食行為を仕草だけで表現することで"芸"に昇華させちゃった落語はすごいと思う。)

蛇足

 受付が、表の民主党ながつま昭事務所前だったので、道行く人々は民主党の集まりと思ったのでは?
いま民主党シンパだと思われるのはとっても恥ずかしいことと思われ(笑)

ハチコ 川口 恵理
主婦っぽい人 浅野 千鶴
サラリーマンっぽい人 井黒 英明
家出娘っぽい人 宮本 奈津美
お父さんっぽい人 神戸 誠治
スカジャンの人 吉田 海輝(サンチャゴ)
ハルコ 岸野 聡子
 
作・演出 岸野 聡子
舞台監督 小沢 真史
音響 UC-WORKER
照明 古川 睦子
舞台美術 田中 新一
映像 荒船 泰廣
宣伝美術 浅野 千鶴
制作 宮本 奈津美
企画・製作 味わい堂々

ブログで検索「春を待つ 味わい堂々」

|

« 亜細亜象演劇卸売市場「みんなの目の黒いうちは」 | Main | 梅田芸術劇場「カラミティジェーン」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and discriminating in all the par‘nesis we give. We should be signally prudent in giving opinion that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to avoid giving advisor which we don't imitate when it damages those who take us at our word.

Posted by: wrench set | June 04, 2010 02:20 AM

A gink begins sneering his wisdom teeth the earliest time he bites off more than he can chew.

Posted by: yoga mat | June 19, 2010 12:43 AM

To be a good benign being is to procure a philanthropic of openness to the world, an skill to group uncertain things beyond your own manage, that can take you to be shattered in uncommonly exceptionally circumstances on which you were not to blame. That says something exceedingly important with the get of the righteous autobiography: that it is based on a trustworthiness in the up in the air and on a willingness to be exposed; it's based on being more like

Posted by: Zodiac Swiss Watches | June 25, 2010 07:28 AM

To be a adroit human being is to from a amiable of openness to the far-out, an skill to trusteeship uncertain things beyond your own restrain, that can take you to be shattered in very outermost circumstances as which you were not to blame. That says something very weighty thither the prerequisite of the righteous compulsion: that it is based on a trustworthiness in the unpredictable and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a weed

Posted by: Movado 800 Series Watches | July 12, 2010 05:17 AM

In everyone's sustenance, at some dated, our inner throw goes out. It is then burst into enthusiasm by an encounter with another benign being. We should all be glad for the duration of those people who rekindle the inner transport

Posted by: Mark | August 21, 2010 12:43 AM

In harry's life, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then blow up into passion by an encounter with another magnanimous being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Jane | August 23, 2010 04:03 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and under various other m‚tier names, is a drug used to handling of erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed past the pharmaceutical circle Pfizer. It acts next to inhibiting cGMP associated with phosphodiesterase type 5, an enzyme that regulates blood spout in the penis. Since tasteful available in 1998, sildenafil has been the prime treatment for er

Posted by: Levitra | September 16, 2010 01:40 PM

I'm not sure exactly why but this weblog is loading extremely slow for me. Is anyone else having this problem or is it a problem on my end? I'll check back later on and see if the problem still exists.

Posted by: ethanbollinger.unblog.fr | January 30, 2014 06:43 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 味わい堂々「春を待つ」:

« 亜細亜象演劇卸売市場「みんなの目の黒いうちは」 | Main | 梅田芸術劇場「カラミティジェーン」 »