« オカシネマ イン シネマアートン | Main | 「ばけもの模様」 »

June 13, 2008

シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録

公式ページ
11-Jun-2008 21:10-22:55 22:55-23:10
ポレポレ東中野

080611

 藤井由紀(女優・劇団唐組)×大島新トークショー開催の6/11に行ってまいりました。

 「行商人ネモ」の公演初日までのドキュメンタリなのだけれど、コピーに7割真実、2割虚構、1割は虚実不明とあるとおり、どこまでホントなのかよくわからない。7割の真実の部分も、唐十郎がカメラの前でどこまで真実の姿を見せているかわからないけれど、虚実入り混じった人間=唐十郎であるならば、これはリアルなドキュメントにちがいないぞ。

 一度でも唐組を観たことのある人だったらたっぷり楽しめるドキュメンタリでありエンタテイメントであると思う。

 一度も唐組を観たことがない人だったら、紅テントに行ってみたくなると思う。

 急に怒り出したり、宴会が突如稽古になったり。劇団員の素の姿も見られて面白い。
思わず吹き出してしまう場面が結構あって、他のお客さんも大笑いしてました。

気に入った場面
・丸山厚人氏のカレーの食べ方が意外に綺麗なところ
・一人500円の食費をもらって大阪の町をさまよう場面

 アフタートークでは、いくつかのフィクションのうち、一つだけをネタばらし。残りはパンフに書いてあるのでぜひご購入を、とのこと。術中にはまって買って帰った人多数(自分も)
 藤井さんによると、某劇団員に関するフィクションの部分を事実だと思って、心配して観劇後アンケートにコメント書いている人が結構いたとのこと。
 実は自分もそのくだりは事実だと思ってたんでびっくり(ウソと見抜けなかった人は、きっと女の涙に騙される人だと思う)。

 映画内での藤井さんへの質問、「将来の夢は?」に対しては、「きっと"結婚"という答えがほしいのんだろうから、意地でもその手にはのらないぞと」思って「小栗旬と共演」と答えたらしい。
 台本の表紙裏に小栗旬の写真を貼ったのは人気がブレイクする前だったので、単なるミーハーじゃなくて、ちゃんと先見の明があったということらしい。

 生月のお土産の岩礁の置物、実は生月のお土産ではなく、佐助くんの飼っているメダカの水槽のなかの置物だったらしい。

ブログで検索「シアトリカル 唐十郎」

|

« オカシネマ イン シネマアートン | Main | 「ばけもの模様」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

We should be painstaking and discriminating in all the par‘nesis we give. We should be extraordinarily prudent in giving advice that we would not think of following ourselves. Most of all, we ought to refrain from giving advise which we don't imitate when it damages those who take us at our word.

Posted by: collated nails | June 04, 2010 02:20 AM

A gink begins sneering his wisdom teeth the senior time he bites eccentric more than he can chew.

Posted by: paintball gun | June 19, 2010 12:44 AM

I woke up today in a bad mood but after finding this article my state of mind improved.

Posted by: Gizmos | July 06, 2010 02:14 AM

To be a adroit lenient being is to procure a amiable of openness to the world, an cleverness to trusteeship aleatory things beyond your own manage, that can govern you to be shattered in very outermost circumstances on which you were not to blame. That says something exceedingly outstanding thither the condition of the righteous autobiography: that it is based on a corporation in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's based on being more li

Posted by: Movado Museum | July 12, 2010 05:17 AM

In harry's life, at some time, our inner throw goes out. It is then burst into enthusiasm at near an face with another human being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner transport

Posted by: Mark | July 13, 2010 02:10 AM

In everyone's life, at some occasion, our inner pep goes out. It is then bust into zeal at hand an encounter with another benign being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Jane | August 16, 2010 11:14 PM

In the whole world's sustenance, at some time, our inner pep goes out. It is then bust into enthusiasm beside an face with another benign being. We should all be glad for the duration of those people who rekindle the inner transport

Posted by: Marry | August 22, 2010 10:32 PM

In everyone's time, at some occasion, our inner pep goes out. It is then break asunder into enthusiasm at near an be faced with with another benign being. We should all be indebted quest of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Jack | August 23, 2010 04:03 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録:

« オカシネマ イン シネマアートン | Main | 「ばけもの模様」 »