« 春風亭昇太独演会「オレスタイル」 | Main | クロムモリブデン「血が出て幸せ」 »

July 31, 2008

グリング「ピース」

グリング
30-July-2008 19:30~21:30
ザ・スズナリ

Corich公演情報

080730

「ピース -短編集のような・・・・・」
episode.0
episode.1 「花火の約束」 新作
episode.2 「僕の好きな先生」 新作
episode.3 「朝顔」 旧作(for oi-scale)
episode.4 「北向きの女」 旧作(for PARCO presents LOVE30 vol.2)
episode.5 「ピース」 新作

 過去、他公演向けに書かれた「朝顔」「北向きの女」に、新作を加え、一本の作品に見えるようにしたものらしいです。自分はどちらも初見。
 南沢葉子を狂言廻しとして、彼女にかかわる人々のエピソードがオムニバス形式で展開されていきます。
あるエピソードの主役が別のエピソードでは脇役としてからんでくる。どう人と人が繋がるのか、その人にはどんな人生があるのか、話が進むにつれ明らかになっていくのが、この手のオムニバスの面白いところだと思います。

 「朝顔」「北向きの女」は、それぞれ独立して書かれたものだけにボリュームがあります。他のエピソードは、エピソードとしては分かれていますが、「朝顔」「北向きの女」の2本を繋ぐための一つのバックグラウンドのストーリーでもありますね。「朝顔」は、葉子と同時期に入院していた男と弟夫婦の話であり、「北向きの女」は、葉子の教え子の父親の愛人の話とで、葉子とはほとんど関係ない話。しかし、自分とは無関係な人々のドラマや事件が、とても近いところで起きているのが現実であり、だからこそ葉子が、生まれてくる子供に対する願いが生きてくるのだと思います。

 チラシの写真について。
 普段、我々が蝶だと思っているうちの9割は、実は蛾らしい。そんな見分けがつきにくいものなのに、人は蝶を愛し蛾を嫌う。人が他人に対する感情も同じではないのか、ということなのでしょう。
 この舞台世界では蛾が大量発生している設定で、当初は鱗粉を撒き散らす蛾を毛嫌いしていた葉子であったが、ラストではその気持ちに変化がみられます。それは葉子の、人間に対する気持ちの変化でもあるんでしょうね。
 劇中でモスラネタが出てきますが、モスラは蛾の怪獣で守護神であり人類の味方。うまい使い方だと思います。

 ラストシーンでの葉子のモノローグには、最近の無差別殺人や家庭内事件に対する作者のメッセージも感じられました。

 笑いあり、恐怖あり、ほのぼのあり、お色気もちょっぴりありで満足。

・智之の妻・弥生(星野園美)は、心配性のあわてんぼさんという役どころかな、始終可笑しい。
・佐藤真弓嬢は豊の妻・郁子役で、学生時代はみんなのあこがれの女性。こんなこと言っちゃあなんだけれど、弥生(星野園美)と並ぶとすごい美人に見えました。郁子が智之を見る目が悪い女っぽくてゾクっとしちゃいました。
・昇の愛人・美佐子(鬼頭典子)、ぱっと見はちゃんとしていそうで、でも、"ダメなのはわかっていても抜け出せない"感じ.。なるほどちょっと手を差し伸べてあげたくなるニャ(笑)。
・豊の兄・善人(杉山文雄)は、最初の登場で"絶対いい人"という先入観があったので、「朝顔」のくだりは衝撃。

南沢葉子(元小学校教師) 萩原利映
秋山昇(不動産会社社長) 林和義
井上智之(内装業) 中野英樹
井上弥生(智之の妻) 星野園美
寺岡亘(そこで働く茶髪の男) 遠藤隆太
安東豊(智之の友人) 二階堂智
安東郁子(豊の妻) 佐藤真弓
安東善人(豊の兄) 杉山文雄
羽鳥美佐子(昇の愛人) 鬼頭典子
町田直弘(昇の会社で働く男) 黒川薫
 
脚本・演出 青木豪
照明 清水利恭
美術 田中敏恵
舞台監督 筒井昭善
効果 青木タクヘイ
効果オペレーター 吉岡栄利子
音楽 DubRIN'=峯岸信太郎
演出部 伊倉真理恵
宣伝美術 高橋歩
宣伝写真 中西隆良
舞台写真 鏡田伸幸
記録映像 トリックスターフィルム
制作 菊池八恵
制作助手 かなざわさち、高橋絵梨佳
制作協力 嶌津信勝
企画制作・主催 グリング
 

ブログで検索「グリング ピース」

|

« 春風亭昇太独演会「オレスタイル」 | Main | クロムモリブデン「血が出て幸せ」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be painstaking and fussy in all the par‘nesis we give. We should be strikingly prudent in giving information that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to evade giving recommendation which we don't follow when it damages those who transport us at our word.

Posted by: toro | June 04, 2010 02:20 AM

A gink begins cutting his discernment teeth the initially without surcease he bites on holiday more than he can chew.

Posted by: cue chalk | June 19, 2010 12:44 AM

To be a upright benign being is to procure a amiable of openness to the world, an skill to trusteeship aleatory things beyond your own pilot, that can lead you to be shattered in unequivocally extreme circumstances on which you were not to blame. That says something very important about the fettle of the principled life: that it is based on a trust in the unpredictable and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a spy than like a priz

Posted by: Philip Stein Diamond Watches | June 25, 2010 07:29 AM

I woke up today sad but after reading this page my state of mind got better.

Posted by: Gadget Blog | July 06, 2010 02:14 AM

To be a good benign being is to from a kind of openness to the far-out, an cleverness to guardianship aleatory things beyond your own control, that can front you to be shattered in hugely outermost circumstances pro which you were not to blame. That says something exceedingly weighty relating to the condition of the principled compulsion: that it is based on a conviction in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a plan

Posted by: Movado Sapphire Watches | July 12, 2010 05:18 AM

In harry's life, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then blow up into flame by an encounter with another benign being. We should all be indebted quest of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Anna | August 16, 2010 11:14 PM

In every tom's existence, at some dated, our inner foment goes out. It is then break asunder into enthusiasm at near an contend with with another hominoid being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Jack | August 19, 2010 11:28 PM

In everyone's time, at some time, our inner foment goes out. It is then burst into flame at near an be faced with with another magnanimous being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Jane | August 23, 2010 04:03 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and eye different other patrons names, is a antidepressant toughened to scrutinize erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed past the pharmaceutical circle Pfizer. It acts on inhibiting cGMP spelled out phosphodiesterase paradigm 5, an enzyme that regulates blood flow in the penis. Since becoming convenient in 1998, sildenafil has been the prime treatm

Posted by: Cialis | September 16, 2010 01:40 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グリング「ピース」:

« 春風亭昇太独演会「オレスタイル」 | Main | クロムモリブデン「血が出て幸せ」 »