« 喬太郎伝説 | Main | パルコプロデュース「SISTERS」 »

July 22, 2008

劇団☆新感線「五右衛門ロック」

劇団☆新感線
19-July-2008 12:30~16:30 1F-29-37
新宿コマ劇場

Corich公演情報

080719a

 底抜けに面白いエンタテイメント。二幕構成だけれども、各1幕だけでフツーの芝居1本分のボリュームと満足感あり。
(音響の関係だと思うが)多少セリフが聞き取りにくかろうが、歌詞が聞き取りにくかろうが、話は単純明快なので、たいした問題では無いです(笑)。

 わかりやすすぎる「ルパン三世」へのオマージュ♪
「ルパン三世」に大きな影響を受けて育った世代が、商業演劇の第一線に登場してきたってことなんだろうなあ。
宝塚でも「A/L」「シークレットハンター」等、「絶対『ルパン三世』を意識してるよな」と感じさせる作品があるけれど、作・演出はやっぱり「ルパン三世」で育った世代だもの。

 北大路欣也の存在感
初めての生"北大路欣也"でしたが、かっこよすぎる。物販で、北大路欣也主演時代劇のDVDなんぞ売っていたら、間違いなく買って帰っていたと思われます。

 開演前、幕に映しだされる「五右衛門ロック」の文字と、幕に描かれたPEPSHIのロゴが、やけに似合っていました。

 ロビーのモニターにて今後の公演の宣伝。「シンデレラ」「愛と青春の宝塚」「北島三郎」など。北島三郎のステージって、新感線に負けず劣らず派手で大仕掛けなのですね。

 照明が劇場の天井を照らすと、ところどころ壁が剥げ落ちてました。思った以上に老朽化が進んでいたのね。「閉館」も納得。

石川五右衛門 古田新太
真砂のお竜 松雪泰子
カルマ王子 森山未來
岩倉左門字(五右衛門を追う役人) 江口洋介
ヘドロ・モッカ(イスパニア商人) 川平慈英
シュザク夫人(ボノーの妻) 濱田マリ
ボノー将軍(バラバ国将軍) 橋本じゅん
インガ(穴掘り隊長) 高田聖子
ガモー将軍(クガイの腹心) 粟根まこと
クガイ 北大路欣也
 
アビラ・リマーニャ(イスパニア商人) 右近健一
前田玄以 逆木圭一郎
タタラ国坑兵・ザン 河野まさと
カルマの乳母・バーヤ、ホッタル族・ラウ 村木よし子
ホッタル族・ウレ 山本カナコ
モグラの壱助 礒野慎吾
タタラ国坑兵・ダルー 吉田メタル
バナナを食う子供 中谷さとみ
ホッタル族・ロコ 保坂エマ
タタラ国宮廷兵・ロック 冠 徹弥
発破の灸六 村木 仁
タタラ国部隊長・ガナル 前田 悟
バラバ国兵隊長・ズゴン 川原正嗣
 
見物客・タタラの民・ホッタル族・母 飯野めぐみ
見物客・タタラの民・魚ガールズ・坑夫 嶌村緒里江
見物客・タタラの民・魚ガールズ・坑夫・子 NAMI
見物客・タタラの民・魚ガールズ・坑夫 角 裕子
見物客・タタラの民・魚ガールズ・坑夫 福田えり
見物客・タタラの民・ホッタル族 葛貫なおこ
見物客・タタラの民・ホッタル族 早川久美子
見物客・タタラの民・ホッタル族 鈴木奈苗
五右衛門の手下・兵士・坑夫・ホッタル族 蝦名孝一
五右衛門の手下・兵士・坑夫・ホッタル族 安田栄徳
五右衛門の手下・兵士・坑夫・ホッタル族 青山航士
五右衛門の手下・兵士・坑夫・ホッタル族 古川龍太
豊臣秀吉・五右衛門の手下・兵士・坑夫 武田浩二
役人・五右衛門の手下・兵士・坑夫 藤家 剛
役人・兵士・坑夫 矢部敬三
役人・兵士・坑夫 工藤孝裕
役人・兵士・坑夫 根岸達也
役人・五右衛門の手下・兵士・坑夫 加藤 学
 
【BAND】
guitars 岡崎 司
guitars 高井 寿
bass 福井ビン
drums 岡部 亘
keyboards 松田信男
keyboards 松崎雄一
 
作 中島かずき
演出 いのうえひでのり
作詞 森雪之丞
美術 堀尾幸男
照明 原田 保
衣裳 小峰リリー
音楽 岡崎 司
振付 川崎悦子
音響 井上哲司
音効 末谷あずさ、大木裕介
殺陣指導 田尻茂一、川原正嗣、前田 悟
アクション監督 川原正嗣
ヘア&メイク 宮内宏明
小道具 高橋岳蔵
特殊効果 南 義明
大道具 俳優座劇場舞台美術部
音楽部 右近健一
歌唱指導 伊藤和美
演出助手 富田 聡、山崎あきら
舞台監督 芳谷 研
宣伝美術 河野真一
宣伝画 ツバキアンナ
宣伝写真 野波 浩
宣伝メイク 内田百合香
宣伝 ディップス・プラネット
票券&広報 脇本好美
制作補 小池映子
制作協力 サンライズプロモーション、東京(東京公演)
制作助手 辻 未央、山岡まゆみ
制作 柴原智子
エグゼクティブプロデューサー 細川展裕
企画・製作 劇団☆新感線、ヴィレッヂ

ブログで検索「五右衛門ロック」

|

« 喬太郎伝説 | Main | パルコプロデュース「SISTERS」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be meticulous and discriminating in all the information we give. We should be especially aware in giving advice that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to avoid giving advisor which we don't tag along when it damages those who take us at our word.

Posted by: fein | June 04, 2010 02:20 AM

A human beings begins cutting his discernment teeth the senior often he bites out more than he can chew.

Posted by: golf woods | June 19, 2010 12:44 AM

In every tom's existence, at some pass‚, our inner throw goes out. It is then blow up into enthusiasm by an be faced with with another human being. We should all be thankful quest of those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Marry | August 18, 2010 12:34 AM

In every tom's life, at some time, our inner fire goes out. It is then burst into zeal beside an contend with with another magnanimous being. We should all be glad for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Jane | August 19, 2010 11:28 PM

In harry's existence, at some dated, our inner foment goes out. It is then bust into flame at hand an contend with with another magnanimous being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Jane | August 21, 2010 12:43 AM

In everyone's life, at some time, our inner fire goes out. It is then blow up into zeal beside an encounter with another benign being. We should all be under obligation for those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Anna | August 23, 2010 04:04 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and under various other patrons names, is a medicament familiar to handling of erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed by the pharmaceutical ensemble Pfizer. It acts nigh inhibiting cGMP specific phosphodiesterase variety 5, an enzyme that regulates blood flow in the penis. Since enhancing convenient in 1998, sildenafil has been the prime treatment r

Posted by: Viagra | September 16, 2010 01:40 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 劇団☆新感線「五右衛門ロック」:

» 五右衛門ロック チケット [平城遷都1300年 祭 マスコットキャラクター ]
何とこれは・・・・・・・・・みなさんはどう思われますかぁ〜〜?[評]五右衛門ロック(劇団新感線/ヴィレッヂ)読売新聞北大路欣也=写真右=をゲストに迎え、古田新太=同左=が新宿コマ劇場でチャンバラ活劇の“座長公演”に臨んでいる。大阪を拠点に、新宿の小劇場で....... [Read More]

Tracked on July 23, 2008 08:01 AM

« 喬太郎伝説 | Main | パルコプロデュース「SISTERS」 »