« 宝塚歌劇団「愛と死のアラビア/Red Hot Sea」 | Main | 大銀座落語祭「米朝イズムの会」 »

July 22, 2008

東京スウィカ「港入口若津屋食堂」

東京スウィカ
20-July-2008 18:00~20:00 B-6
赤坂RED/THEATER

Corich公演情報

080720c

 一言で言えば港町人情喜劇かな。とても丁寧に作られています。

 若津屋食堂の主である母親は現在入院中、店は姪のまり(枝元萌)と隣家の佐和子(山素由湖)が切盛りしている。
長女・頼子(小林美江)はイラストレーター、本当に自分の描きたい絵はなんだろうと悩んでいる。
次女・照代(金子マリア)は結婚して東京暮らし。夫とは子供のことで意見があわず、離婚を考えている様子。
長男・昇(比佐一成)はプロボクサー。試合には勝ったが、ある事情で引退を考えている。

 場面転換の度に、母親の書いた手紙が読み上げられます。内容は、息子・娘のことですが、いったい誰宛の手紙なのか。文末の「残り~個」とは何なのか。

 その昔、昇と大喧嘩をした向井 仁(粕谷佳五)は、止めに入った昇の父親を怪我させてしまう。それがもとで、昇の父親は舟を降りることになった。仁の素行の悪さは収まらず、やがて鑑別所にはいるのだが、そこで昔自分が迷惑をかけた人に謝罪の手紙を書くように言われる。半ば嫌がらせで、はがき一面に「ごめんなさいごめんなさい...」と書いた手紙を送るのだけれど、昇の母親は、仁へ返事の手紙を出す度に、「ごめんなさい」の文字を一つずつ消していっていたのだった。

 佐和子は、夫・晴彦(田中智也)と頼子が怪しい関係ではないかと気になる様子。
まりは、更正して、いまでは雑誌記者となった仁にひとめぼれ。
浩太(石井智也)は、父親の期待に対し、自分が漁師には向いていないのではないかと考えている。

 ひな(平野優)と正平(三村和敬)の出会い~小さな冒険と淡い恋心、そして再会を時間軸として、それぞれが悩みを克服、新たな人生を歩んでいく。

 舞台上に大人数が居る場面が多いのですが、一人一人細かく演出しているようです。大騒ぎの最中で一人心配事を抱えていそうな佐和子や、何か言いたげな浩太など、わかりやすいけれど決してわざとらしくない。絶妙。

 頼子(小林美江)さん、人前では面白おかしく振舞っているのに、急に泣き出す場面は、貰い泣きしそうになりました。
佐和子(山素由湖)さんが、妻としても母親としてもハイパーリアル。地なんじゃないかと思うくらい。

 昇が段差に躓く場面は、お約束のギャグのように見せながら、メガネを外した頼子も段差で躓かせて、昇の視力低下を暗示しているあたりはうまいなあ。

 (声だけの出演ですが)母親が子供たちを見守る形になっていると思われますが、もし、ひなと正平の目線で描いたとしたら、そのままジブリアニメにしてもおかしくない世界じゃないでしょうか(この日「崖の上のポニョ」公開翌日。頭の中で「ぽーにょぽーにょぽにょ♪」が頭の中でクルグル廻っていることもあり、そんなふうに感じちゃいました)。

 林家ペーさんが御観劇。赤い劇場にピンクの服がよく似合う(笑)

若津頼子(長女) 小林美江
若津 昇(長男) 比佐一成
村田照代(次女) 金子マリア
村田ひな(照代の娘) 平野優
西ヶ谷晴彦(隣人) 田中智也
西ヶ谷佐和子(晴彦の嫁) 山素由湖
西ヶ谷正平(晴彦の息子) 三村和敬
若津元治(頼子・昇・照代の叔父) 竹内正男
若津浩太(元治の息子) 石井智也
若津まり(元治の娘) 枝元萌
向井 仁(雑誌編集者) 粕谷佳五
頼子・昇・照代の母(声のみ) 内田尋子
 
脚本・演出 比佐廉
舞台監督 村岡晋、安田美知子
照明 鈴木みづほ
音響 上妻圭志
舞台美術 田中敏恵
音楽制作 田中俊光
道具製作 夢工房
宣伝美術 本田雅也
手話通訳 手話サークル多摩の会
福祉 田川ひみ、石津陽子
製作助手 寺西和雄、小山麻絵
衣装 川上羽衣
撮影ヘアメイク 田沢麻利子
稽古場助手 柴田孝介
制作 田中絵美(J-Stage Navi)
企画・制作 東京スウィカ

ブログで検索「港入口若津屋食堂」

|

« 宝塚歌劇団「愛と死のアラビア/Red Hot Sea」 | Main | 大銀座落語祭「米朝イズムの会」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and discriminating in all the advice we give. We should be extraordinarily aware in giving opinion that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to avoid giving counsel which we don't mind when it damages those who transport us at our word.

Posted by: incra | June 04, 2010 02:20 AM

A gink begins icy his insight teeth the senior without surcease he bites off more than he can chew.

Posted by: golf wedge | June 19, 2010 12:44 AM

To be a noble human being is to procure a amiable of openness to the mankind, an skill to guardianship undeterminable things beyond your own pilot, that can take you to be shattered in unequivocally outermost circumstances as which you were not to blame. That says something uncommonly important about the fettle of the principled compulsion: that it is based on a trust in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a shop th

Posted by: Croton Diver Watch | June 25, 2010 07:29 AM

In every tom's time, at some dated, our inner throw goes out. It is then burst into enthusiasm at hand an contend with with another benign being. We should all be thankful for the duration of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Linda | August 19, 2010 11:28 PM

In everyone's time, at some dated, our inner foment goes out. It is then burst into passion beside an be faced with with another benign being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Anna | August 23, 2010 04:03 AM

In every tom's existence, at some dated, our inner pep goes out. It is then burst into flame beside an encounter with another benign being. We should all be indebted for those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Aisha | August 25, 2010 05:41 AM

In the whole world's sustenance, at some time, our inner pep goes out. It is then break asunder into passion beside an be faced with with another magnanimous being. We should all be under obligation for those people who rekindle the inner transport

Posted by: Marry | August 26, 2010 09:11 PM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and eye various other patrons names, is a drug used to treat erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed by the pharmaceutical body Pfizer. It acts by inhibiting cGMP associated with phosphodiesterase paradigm 5, an enzyme that regulates blood spout in the penis. Since enhancing available in 1998, sildenafil has been the prime treatment for erectile dysf

Posted by: Kamagra | September 16, 2010 01:40 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京スウィカ「港入口若津屋食堂」:

» 交際クラブ「花火大会」 クラブ★エージェント [交際クラブ クラブ★エージェント]
皆さんは3連休どのように過ごされましたか? 私は、クラブ★エージェントの会員様からのお誘いで、 横浜の花火大会に行ってきました。 [Read More]

Tracked on July 23, 2008 07:00 PM

» イラストレーターの求人募集情報 [イラストレーターの求人募集全国情報センター]
イラストレーターの求人募集全国情報センターは情報満載です [Read More]

Tracked on August 12, 2008 10:19 AM

« 宝塚歌劇団「愛と死のアラビア/Red Hot Sea」 | Main | 大銀座落語祭「米朝イズムの会」 »