« 梅雨祓落語競演「柳家さん喬・喬太郎親子会」 | Main | イキウメ「表と裏と、その向こう」 »

July 05, 2008

抒情宴 第二幕

3-July-2008 19:30-21:50
吉祥寺MANDA-LA2

080703

 2ヶ月振りのMANDA-LA2、19:00でも随分明るくなったものだなあ。

黒色すみれ

 浴衣にゴージャスな髪飾りで登場。なんだかいろんなモノが付いてました。新曲披露。
ゆか嬢、無音では闇(黒)で、歌い上げるほど明るく照らすような歌声。"黒色すみれ"とは良く命名したものだと思うです。
最近のマイブーム&ヘビロテ中である彩乃かなみは対照的に、無音で白・天空から包み込むような歌声。人によって歌声がこうも違うとは面白いものだなあ。

set list
・宵待草
・花千代女
・ディゲルナライア
・午睡~ユーモレスクより~(新曲)
・赤りんご 毒りんご(新曲)
・永久に麗しく、すみれの花よ
・サンゴと潮
(Set List は 黒色すみれ"ゆかブログ"より。)

るり & ライオンメリィ

 初めて聞きました。独特の世界。
 るり嬢は、声がひっくりかえるかかえらないかの境界で歌っていて(その微妙な境界をキープするのはスーパーテクニックと思う)、そこがスリリングで歌詞の世界とマッチしていて、それこそ心の叫びのように感じられました。ホームページでCDからの試聴曲を数曲ピックアップして聞いてみましたが、こちらは上手すぎてスリリングさに欠け、ちょっと物足りない感じがしましたので、上手ければよいというものではないらしい。
 きっとガロのマンガみたくヘタウマの魅力だと思う。MCも天然不思議系で面白かったのだけれど、実生活だと意外にシャキシャキしてたりして(笑)
 ギターは、アルペジオもコード弾きも、一音一音はっきり丁寧に弾いていたのが印象的。

set list
・君ダラケ
・今日、僕が溶けた
・傘がない
・蒼い眼の少女
・西荻メリィ
(Set List は 覚えている限り)

抒情三人娘&メリーさん

 最後は抒情三人娘(るり・ゆか・さち)+1(メリーさん)で昭和歌謡大全。
アンコール曲は下校の曲でおなじみの「遠き山に日は落ちて」。フシギなもんで、この曲聴くと「あ、帰らなくちゃ」って気になるものなのだな。せっかくの吉祥寺なので、「きゃりこ」デネコと遊んでいこうかと思っっていたのだが寄り道せずにまっつぐ帰ることにしました。

set list
あがた森魚さんの曲を含む5曲!
・蒲田行進曲
・レモンのキッス
・大きな古時計
・最后のダンス・ステップ
・遠き山に日は落ちて(アンコール曲)
(Set List は 黒色すみれ"ゆかブログ"より。)

帰宅後、箪笥の肥になっているサイレントバイオリンで久々に遊んでみた。下手を通り越して前衛の境地だなあ(笑)

ブログで検索「抒情宴」

|

« 梅雨祓落語競演「柳家さん喬・喬太郎親子会」 | Main | イキウメ「表と裏と、その向こう」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

We should be careful and fussy in all the par‘nesis we give. We should be signally careful in giving opinion that we would not think of following ourselves. Most of all, we ought to refrain from giving recommendation which we don't tag along when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: scroll saw | June 04, 2010 02:20 AM

A human beings begins icy his wisdom teeth the senior often he bites on holiday more than he can chew.

Posted by: comfort bike | June 19, 2010 12:44 AM

I woke up today in a bad mood but after reading this page my state of mind improved.

Posted by: Tech | July 06, 2010 02:14 AM

In every tom's sustenance, at some occasion, our inner foment goes out. It is then break asunder into flame by an encounter with another hominoid being. We should all be under obligation for the duration of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Marry | August 16, 2010 11:14 PM

In every tom's existence, at some dated, our inner pep goes out. It is then bust into enthusiasm beside an encounter with another hominoid being. We should all be glad recompense those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Marry | August 24, 2010 02:14 AM

In the whole world's existence, at some occasion, our inner fire goes out. It is then burst into zeal at hand an encounter with another benign being. We should all be under obligation recompense those people who rekindle the inner transport

Posted by: Niels | August 25, 2010 05:41 AM

To be a good charitable being is to from a philanthropic of openness to the far-out, an skill to trust aleatory things beyond your own control, that can take you to be shattered in very exceptionally circumstances pro which you were not to blame. That says something remarkably outstanding about the get of the righteous compulsion: that it is based on a trustworthiness in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a shop th

Posted by: Diamond | October 13, 2010 05:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 抒情宴 第二幕:

« 梅雨祓落語競演「柳家さん喬・喬太郎親子会」 | Main | イキウメ「表と裏と、その向こう」 »