« グリング「ピース」 | Main | 岡崎藝術座「三月の5日間」 »

August 02, 2008

クロムモリブデン「血が出て幸せ」

クロムモリブデン
1-Aug-2008 19:30~21:00 A-9
THEATER/TOPS

Corich公演情報

080801

 深夜のファミレスに癖のある客ばかり。
やってきた女王様が注文したものは毒のある話。
誰のウソ話が女王様を満足させるか。
 ところがこれは一人の女性の妄想の世界で、現実の世界は...
 妄想の世界のなかのウソ話、精神的に疲れた女が引き起こした事件(最近の無差別事件のよう)の真相はなんだったのか?

 前半のファミレスの場面は、ちょっとJAZZYなBGMにコミカルな登場人物と、B級ハードボイルド映画のパロディような風情。
森下氏のクールさと伊東沙保嬢のマンガのようなお色気過剰キャラが、いかにもB級っぽくて面白い。

 前半はフツーに面白いレベルでしたが、その後の展開が秀逸。夏にふさわしいサイコスリラーな場面(現実世界)から、ファンタジックなラストへ。素敵なラストではあるけれど、同時に「妄想とは?現実とは?幸せとは?」と問いかけられているようでもある。
 心のバランスをとるための妄想、その世界は自分が望む世界。やがて妄想と現実は区別がつかなくなる。でも現実の世界では本当に血が流れるし本当に死んでしまう。夢の実現の行き着く先は...なるほど「血が出て幸せ」なのかも。

 「誰でもよかった」のくだり、「殺す相手が誰でも誰でもよかった」というのはとんでもないことだけれど、確かに(犯罪にはならない事で)「....なら誰でも」という気持ちは誰にでもあるだろうし、両者が本質的には違わないというのはなるほどなあ。

 木村美月嬢怖い(笑)

 久保貫太郎の「大乗仏教」が、すげえツボでした。なかなかこの単語は出てこないじょ♪


Official Photograph collection(\1,000)

 奥田ワレタ嬢の海辺&水着&ビールのポスター風写真がすばらしい。それは水着だからっていうことよりも、夏の爽やかさが一切無く、文学的な香が漂っているところが、である。この写真が、居酒屋に貼ってあったら、自分だったらビールじゃなく日本酒を熱燗で注文しちゃうだろうな(笑)

 国立科学博物館の撮影は楽しそうだニャ。

歌舞伎町の女王様 奥田ワレタ
つくり話をする女 渡邉とかげ
ホラーなホラを語る男 森下亮
嘘つ貴族 板橋薔薇之介
保健所の方から来た女 木村美月
ファミレスのコックさん 板倉チヒロ
小説を書く女 金沢涼恵
プロデューサー風の男 久保貫太郎
ファミレスのウェイトレス 伊東沙保
 
作・演出 青木秀樹
音響効果 笠木健司(とんかつ工房)
照明 床田光世
美術 ステファニー(劇光族)
舞台監督 塚本修
小道具 辻本直樹、藤森みのり
衣裳 赤穂美咲
美粧 増田加奈
宣伝写真 安藤青太
制作 金澤裕、塩田友克、安井和恵、野崎恵
うさぎ部隊 重実百合、遠藤浩司、藤永純一郎
企画・製作 office crome

ブログで検索「血が出て幸せ」

|

« グリング「ピース」 | Main | 岡崎藝術座「三月の5日間」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be meticulous and discriminating in all the advice we give. We should be extraordinarily aware in giving information that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to refrain from giving advise which we don't imitate when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: adjustable wrench | June 04, 2010 02:20 AM

To be a noble benign being is to have a make of openness to the far-out, an gift to trusteeship undeterminable things beyond your own manage, that can lead you to be shattered in uncommonly exceptional circumstances pro which you were not to blame. That says something remarkably weighty about the fettle of the principled passion: that it is based on a corporation in the unpredictable and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a spy t

Posted by: Tag Heuer F1 Watch | June 25, 2010 07:29 AM

I woke up this morning in a bad mood but after reading this article my mood got better.

Posted by: Gizmos | July 06, 2010 02:14 AM

In the whole world's time, at some dated, our inner fire goes out. It is then break asunder into enthusiasm at hand an be faced with with another benign being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Aisha | July 13, 2010 02:10 AM

In every tom's life, at some dated, our inner pep goes out. It is then bust into flame at near an be faced with with another benign being. We should all be glad quest of those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Marry | August 16, 2010 11:14 PM

In the whole world's time, at some time, our inner throw goes out. It is then burst into flame beside an face with another human being. We should all be glad for those people who rekindle the inner transport

Posted by: Jack | August 18, 2010 08:34 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クロムモリブデン「血が出て幸せ」:

« グリング「ピース」 | Main | 岡崎藝術座「三月の5日間」 »