« 「ブラスト2:MIX」 | Main | 天然スパイラル「要するにムラサキ」 »

September 02, 2008

宝塚歌劇団「スカーレット・ピンパーネル」

宝塚歌劇団
31-Aug-2008 11:00~14:00 2F-2-2
東京宝塚劇場

Corich公演情報

080831a

詳しい内容はこちらで(STAGE GRAPH)

宝塚プレシャス「榊原和子の宝塚初日&イベントレビュー」(東京初日)

 評判通りの面白さ♪


 舞台は1794年、フランス革命最中のパリ・イギリス。無実の貴族たちを助け出そうとする義賊スカーレット・ピンパーネル、実はイギリス貴族パーシー・ブレイクニーの冒険と、彼の妻マルグリットとの夫婦愛、また2人に対峙する革命派のショーヴランとの闘い。

 宝塚版は、ロベスピエールに捕らわれている王太子ルイ・シャルルの救出を中心に物語が進むけれど、オリジナル版は、ショーヴランに捕らえたれたアルマンとマルグリッドを救う話らしいです。最初からパーシー=スカーレット・ピンパーネルであることが観客にわかっているのも宝塚版の特色のようです。

 敵も味方もけっこうお間抜けさんぞろい。救出作戦が成功するのも、作戦が秀逸だからではなく、相手が間抜けだからじゃなかろうか(笑)。そのため、ロベスピエールによる恐怖政治の時代の話にもかかわらず、後味さわやかな痛快冒険活劇となっています。この追いかけっこ、ルパン三世やキャッツアイやトムとジェリーに通ずるものがありますね。

 ショーヴランとパーシーの頭脳戦が繰り広げられるかと思いきや、王太子救出は簡単に成功してしまうし、ラストではショーヴランはあっけなく負け、パーシーとマルグリット夫婦の和解で終わるという、なんとも脳天気な大団円です。でも変に重いラストだと、次のフィナーレ場面に移りにくいので、宝塚的にはアリでしょうね。(フツーのミュージカルとしては物足りないラストかも)

 サスペンスものと思っていたのですが、かなり喜劇色が強く、"パーシーと愉快な仲間たちの「それゆけ!王太子救出★大作戦!!」"って副題をつけたくなっちゃいますね。

 それでも、2幕ラスト"王宮の広間"は、パーシー、ショーヴラン、マルグリットの三者の思惑が行き交う、かなりサスペンスフルな場面。「謎解きのゲーム」のナンバーがかっこよい。

 自分的にはワイルドホーン氏の曲は結構好み、音楽大満足。久しぶりに実況CD買っちゃおうかな。

 主演コンビがハマリ役。潤色の小池先生、グッジョブ!

 安蘭けい、パーシーのような小粋な策略家をやらせたら宝塚一じゃないかと思います。
 遠野あすか、フランス一の大女優にふさわしい華やかさと風格はさすが。
 柚希礼音、フランス公安委員ショーヴラン、真面目にちょとお間抜けさん。
 プリンス・オブ・ウェールズの英真なおき、古今亭志ん太にそっくりで笑っちゃいました。

 蛇足

 安蘭けい:ルパン、遠野あすか:不二子、柚希礼音:銭形でルパン三世できるんじゃないか。五ェ門は涼紫央、次元は立樹遥で。

ブログで検索「スカーレット ピンパーネル」

|

« 「ブラスト2:MIX」 | Main | 天然スパイラル「要するにムラサキ」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be painstaking and fussy in all the advice we give. We should be extraordinarily careful in giving advice that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to avoid giving recommendation which we don't tag along when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: nail sets | June 04, 2010 02:20 AM

A human beings begins scathing his discernment teeth the earliest often he bites off more than he can chew.

Posted by: paintball gun | June 19, 2010 12:44 AM

To be a upright human being is to have a amiable of openness to the world, an cleverness to guardianship aleatory things beyond your own control, that can lead you to be shattered in unequivocally outermost circumstances pro which you were not to blame. That says something exceedingly impressive with the condition of the ethical passion: that it is based on a trustworthiness in the unpredictable and on a willingness to be exposed; it's based on being more

Posted by: Seiko Watches Chronograph | June 25, 2010 07:29 AM

I woke up this morning in a bad mood but after reading this site my mood got better.

Posted by: Tech | July 06, 2010 02:14 AM

To be a noble lenient being is to have a philanthropic of openness to the mankind, an ability to trusteeship unsure things beyond your own control, that can govern you to be shattered in uncommonly exceptionally circumstances on which you were not to blame. That says something uncommonly important with the get of the principled life: that it is based on a trustworthiness in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a weed

Posted by: Movado Museum Dial | July 12, 2010 05:18 AM

In the whole world's time, at some time, our inner foment goes out. It is then burst into passion at hand an be faced with with another hominoid being. We should all be glad for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Jane | August 16, 2010 11:14 PM

In the whole world's time, at some pass‚, our inner fire goes out. It is then burst into passion at near an encounter with another magnanimous being. We should all be thankful for those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Alice | August 19, 2010 11:28 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宝塚歌劇団「スカーレット・ピンパーネル」:

« 「ブラスト2:MIX」 | Main | 天然スパイラル「要するにムラサキ」 »