« ナイロン100℃「シャープさんフラットさん」ホワイトチーム | Main | パラドックス定数「三億円事件」 »

October 04, 2008

KAKUTA「STAR MAN」

KAKUTA
1-Oct-2008 19:30~21:22 A-20
青山円形劇場

Corich公演情報

091001

 STAR MAN てどんな歌詞だろうと調べてみると、 スターマンはこの空で待っている。地球の人と出会いたがってるけど、心を奪い去ると恐れられている…そう思っている。スターマンは空で待っている。脅かすつもりはないんだ。試してみる価値のあることだって思っている...という内容のようです。
 本人の気持ちは純粋で一途なのだけれど、まわりからは気持ちわるいと思われる星次は、まさにスターマン。ラストで、彗生も、自分もスターマンであると告白します。
 両者は対象的で、星次は見た目から"気持ち悪い"と思われるキャラで、自分の気持ちが顔に出てしまう性質(旬子への片思いも教子に見透かされている)なのに対し、彗生は、自身から心のうちを明かすまで"気持ち悪さ"はわかりません(これは相当怖い)。
 なぜ、彼らが"気持ち悪い"のか。それはあまりに純粋無垢で一途のため、世俗なれしてしまった我々には理解できなくて"気持ち悪い"と感じるのだと思います。もし、星次が小さな子供だったら、だれも気持ち悪がらないでしょう。彼らを"気持ち悪い"と思う心が、実はいちばん"気持ち悪い"ことなのじゃないでしょうか。

 相手のことをいちばんよく見ているのも星次や彗生。誰よりも旬子や早由利の本質を捉えているような気がします。もののけ姫で「曇りなき眼で見定め、決める」というセリフがあります。星次や彗生こそ"曇りなき眼"を持っているのです。一方、総介・早由利は、見ているようで表面しか見えていない。で、若者4人組は、自分たちしか見ていない。

 旬子さんは、普段は負の感情をいっさい表に出さない人ですが、最後に妹と星次の前で本心を吐露します。そこからの洵子と星次のやりとりは切ない。どんどん負の方向に進んでいるような、心中物の道行を見ているような気分でした。
 それまではただのオバチャンだった旬子さんが、この場面ではウソのように魅力的に見えます。女が全開になった場面なんでしょうね。惚れちゃいそう(笑)。

 見た目は愉快な鹿立夫妻ですが、実は結構、達観しているのかもしれません。

 セット秀逸。いかにもリアルな風情のキャンプ場管理室と、斜め向かいに、森のくまさんがやってきそうなバンガローや切り株の椅子・机で、開演前から気分わくわく。
 夜、河原で花火をやっている大学生連中と、旬子さんが声を掛け合う場面で、客席の向こう側に河原があるように感じるのも、舞台の中に客席があるような円形劇場ならではかも。

 万里男が、切り株に足を乗せそこなったり、彼女の腕をつかみそこなったりしたのは、ワザとなのかミスだったのか気になるところ。カッコつけようとして自爆するキャラっぽいのでワザとじゃないかという気がするんだけどな。

 前作で、薄幸の韓国女子を演じてた大枝佳織嬢、今回は、華奢なのに思い切りセクシーポーズで登場してきたのでちょっと笑っっちゃいました。

 切ない旬子さんを見てしまうと、おまけCDのユキヤマモトコさんを涙なくして聞けなくなってしまうのが難点(笑)

泉彗生(いずみとしお) 若狭勝也
恩田早由利(おんださゆり) 高山奈央子
立川星次(たちかわせいじ) 横山真二
保澄旬子(ほずみじゅんこ) 原扶貴子
鹿立陽一(すだちよういち) 成清正紀
鹿立里緒(すだちりお) 桑原裕子
三井豊世(みついとよよ) 大枝佳織
田ノ浦万里男(たのうらまりお) 松田昌樹
望月光輝(ながさきみつてる) 馬場恒行
椎名ふみ(しいなふみ) 小堀友里絵
入間教子(いるまきょうこ) 青木岳美
津川総介(つがわそうすけ) 内田健介
 
作・演出 桑原裕子
舞台監督 横尾友広
舞台美術 田中敏恵
照明 三嶋聖子(SEW)
照明操作 山口久隆
音響 島貫聡
選曲 真生
衣装 山崎留里子
宣伝美術 川本裕之
宣伝写真 相川博昭
演出助手 山崎総司
演出補佐 大見遥
制作助手 横内里穂、小野由香
制作 前川裕作、田村友佳
企画・製作 K.K.T.
提携 こどもの城、青山円形劇場

ブログで検索「STAR MAN KAKUTA」

|

« ナイロン100℃「シャープさんフラットさん」ホワイトチーム | Main | パラドックス定数「三億円事件」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and particular in all the intelligence we give. We should be signally painstaking in giving opinion that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to avoid giving recommendation which we don't tag along when it damages those who depreciate us at our word.

Posted by: price pfister | June 04, 2010 02:20 AM

A man begins cutting his discernment teeth the senior without surcease he bites eccentric more than he can chew.

Posted by: weight rack | June 19, 2010 12:44 AM

I woke up today in a bad mood but after reading this article my state of mind improved.

Posted by: Tech News | July 06, 2010 02:14 AM

To be a noble lenient being is to have a make of openness to the world, an cleverness to trust aleatory things beyond your own control, that can govern you to be shattered in hugely extreme circumstances on which you were not to blame. That says something remarkably impressive about the get of the ethical passion: that it is based on a trust in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a spy than like a jewel, somethin

Posted by: Movado Women Watches | July 12, 2010 05:18 AM

In every tom's existence, at some pass‚, our inner throw goes out. It is then break asunder into enthusiasm at near an encounter with another hominoid being. We should all be glad for the duration of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Niels | July 13, 2010 02:10 AM

In everyone's sustenance, at some occasion, our inner pep goes out. It is then break asunder into passion at hand an contend with with another hominoid being. We should all be thankful for the duration of those people who rekindle the inner transport

Posted by: Alice | August 19, 2010 11:28 PM

In everyone's existence, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then blow up into passion beside an be faced with with another benign being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Mark | August 23, 2010 04:04 AM

In everyone's time, at some time, our inner fire goes out. It is then burst into flame at hand an contend with with another hominoid being. We should all be glad recompense those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Mark | August 25, 2010 05:41 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and eye various other trade names, is a cure used to handling of erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed about the pharmaceutical body Pfizer. It acts on inhibiting cGMP individual phosphodiesterase type 5, an enzyme that regulates blood go in the penis. Since becoming convenient in 1998, sildenafil has been the prime treatment for erectile dysfuncti

Posted by: Cialis | September 16, 2010 01:40 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference KAKUTA「STAR MAN」:

« ナイロン100℃「シャープさんフラットさん」ホワイトチーム | Main | パラドックス定数「三億円事件」 »