« 美輪明宏 音楽会・愛 | Main | パラドックス定数「怪人21面相」 »

November 25, 2008

「歌謡シアター『ラムネ』~夢の途中編~」

公演情報
23-Nov-2008 13:00~15:10
あうるすぽっと

Corich公演情報

081123a

 一部タイトルや歌手の名前が思い出せない曲があったけれど、聞けば一緒に歌えてしまう曲ばかり。どの曲も、一般的カラオケ定番曲なので、一緒に歌いたいのを我慢しながら観ている人は多かったかと思われます。(自分もそうだけれど、声は出さずに一緒に歌ってる人が結構いたっぽい)

 男女7人の高校時代から30年後の現在までの話。大人になった現在から昔を思い出すという構成はラムネシリーズのスタイルなんでしょうね。

 ベタな青春モノなのだけれど、懐かしい曲が流れると、そのベタさがとっても心地よく感じられます。青春バンザイな気分(っていうか、そもそもミュージカル自体、ストレートプレイと比べたらベタな世界ですもんね)。

 出演者全員、歌ウマさんなのがすばらしい(笑)。大作ミュージカルでは時折主要キャストが???というくらい歌ヘタな場合が無きにしもあらずなのですが、やはりミュージカルに出演する以上、歌が上手いのは必要条件でしょう。

 石井一彰氏が、エロ高校生役で笑わせてくれます。敏夫役の曾我泰久氏は元グッバイ(懐かしいニャ)、劇中でギターソロあり。吉岡麻由子嬢は肝っ玉母さん系女子でインパクト大。メガネ女子の伊藤有希嬢が意外に年上さんなのに高校生役が違和感無くてびっくり。
 「ねえ!気がついてよ」~「男の子女の子」はメドレー形式、モップのマイクスタンドがいかにも学校って雰囲気でいいな。修一が香織に告白する場面では小西氏ギターソロの「ロマンス」、敏夫が奈美江を口説く場面は、まさにミュージカル仕立ての「愛のメモリー」が印象に強く残りました。歌謡曲中心と思っていたので、まさか「MOON」や「闘牛士」が聞けるとは思いませんでしたが、どちらも名曲だなあ。

 終演後、ホワイエに曲目リストが掲示されました。カラオケリクエストNo.付というのが素敵でした。

ついつい歌いたくなっちゃう曲目リスト

夢の途中(来生たかお) -V-
ねえ!気がついてよ(桜田淳子) -V-
夏にご用心(桜田淳子) -V-
ひと夏の経験(山口百恵) -V-
情熱の嵐(西城秀樹) -V-
傷だらけのローラ(西城秀樹) -V-
男の子女の子(郷ひろみ) -V-
マイピュアレディ(尾崎亜美) -V-
闘牛士(Char) -V-
ロマンス(岩崎ひろみ) -V-
DOWNTOWN(SUGAR BABE) -V-
夢の中へ(井上陽水) -V-
乙女座宮(山口百恵)  -V-
ダンシングオールナイト(もんた&ブラザーズ) -V-
少女A(中森明菜) -V-
三年目の浮気(ヒロシ&キーボー) -V-
めだかの兄妹(わらべ) -V-
愛のメモリー(松崎しげる) -V-
ランナウェイ(ラッツ&スター(シャネルズ)) -V-
異邦人(久保田早紀) -V-
雨上がりの夜空に(RCサクセション) -V-
守ってあげたい(松任谷由美) -V-
秋の気配(オフコース) -V-
マイラグジュアリーナイト(来生たかお) -V-
MOON(レベッカ) -V-
白いページの中に(柴田まゆみ) -V-
夢の途中(来生たかお) -V-

早川修一 小西遼生
平林香織 佐藤美貴
海老塚 隆 石井一彰
加藤敏夫 曾我泰久
竹ノ内綾子 伊藤有希
岬 奈美江 吉岡麻由子
鈴木里子 椎名へきる
 
作 広瀬格、板垣恭一
演出 板垣恭一
原案 ミュージカル「ダルゴナ」(PMC Production Co., Ltd.)
音楽 高木茂治(楽踊舎)
美術 中根聡子
照明 中村嘉雄(スウィート・スタッフ・グループ)
音響 松山典弘(カムストック)
衣裳 千佳(CieL)
ヘアメイク 武井優子
振付 MIKIKO
歌唱指導 泉 忠道
稽古ピアノ 大塚茜
舞台監督 津田光正、荒 智司(バックステージ)
宣伝美術 kazepro
制作 元誌恵、五十嵐さくら
プロデューサー 柴矢敏彦
主催 アミューズ
企画製作 アミューズ

ブログで検索「ラムネ 夢の途中」

|

« 美輪明宏 音楽会・愛 | Main | パラドックス定数「怪人21面相」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and discriminating in all the advice we give. We should be extraordinarily prudent in giving information that we would not think of following ourselves. Most of all, we ought to refrain from giving advisor which we don't tag along when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: torque wrench | June 04, 2010 02:21 AM

A human beings begins cutting his perceptiveness teeth the senior chance he bites out more than he can chew.

Posted by: card shuffler | June 19, 2010 12:45 AM

In every tom's time, at some time, our inner pep goes out. It is then bust into enthusiasm beside an face with another hominoid being. We should all be glad for those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Aisha | July 15, 2010 08:53 PM

In harry's sustenance, at some occasion, our inner fire goes out. It is then burst into flame by an encounter with another human being. We should all be glad for the duration of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Jack | August 23, 2010 04:05 AM

In harry's life, at some time, our inner pep goes out. It is then bust into passion at hand an encounter with another human being. We should all be indebted recompense those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Mark | August 28, 2010 05:43 AM

In harry's sustenance, at some pass‚, our inner throw goes out. It is then burst into flame at hand an be faced with with another hominoid being. We should all be indebted for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Jack | August 29, 2010 11:30 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and under various other trade names, is a drug familiar to scrutinize erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed around the pharmaceutical company Pfizer. It acts by inhibiting cGMP specific phosphodiesterase classification 5, an enzyme that regulates blood flow in the penis. Since seemly readily obtainable in 1998, sildenafil has been the prime treatme

Posted by: Viagra | September 16, 2010 01:41 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「歌謡シアター『ラムネ』~夢の途中編~」:

« 美輪明宏 音楽会・愛 | Main | パラドックス定数「怪人21面相」 »