« どぶろく音楽出版主催☆第1回「コンサート・ライヴ・ギグ」 | Main | 柳家喬太郎勉強会「一本柳道中双六」 »

December 28, 2008

宝塚歌劇団「Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー」千秋楽

宝塚歌劇団
27-Dec-2008 11:00~14:00 1F-24-19
27-Dec-2008 15:30~18:30 1F-12-40
東京宝塚劇場

Corich公演情報

詳しい内容はこちらで(STAGE GRAPH)

  友の会抽選で、なぜか千秋楽のマチソワがあたったので、マチソワしてきました。

081227b
▲このくらいわかりにくければ無問題だろうと思いつつも、誰だか判別できるような...

パラダイス・プリンス

 頭使わずハッピーエンディングを楽しめばよい芝居というのは、何回見ても疲れないです。BGVのようにリピートして見るのには最適な演目。

 マチネのラルフ(北翔)登場は、アラレちゃんの帽子とメガネ。
「来~たぞ~、来たぞ、ラルフくん~♪」と歌いながら着席。恥ずかしかったのか本人も笑ってました。
 ソワレのラルフ(北翔)は、小ネタなし台本どおりの着席。スチュアート(大和)の「きみらしくないなー、なにかやってよー」の言葉に、宇宙戦艦ヤマト歌唱(ヤマトと大和をかけて)。

 ソワレ。ラストの10年後の場面では、ソファーのクッションがパラプリキャラのものになってました。マチネでは馬かなんかのクッションだったので、千秋楽のみでしょうか。この場面の陽月華は、シャキシャキしたキャリアウーマン風でハマリ役。

DANCING FOR YOU

 初めて2Fから拝見。群舞のフォーメーションがよくわかるので1Fで見るより面白い。前回見た時は「緩急が無く、急ばかりが続くなあ」と思ったのですが、今回見たら、それなりにゆったりした場面もあったのね。
 陽月華のダンスって、見得の切り方がうまいのだろうな、要所要所でビシっと決めてくるのでどうしても目がいってしまいます。他の娘役さんが、割としっとりしなやかに踊るので、娘役の群舞になると、一人男役が居るような感じがします。

 和音美桜、現役最後のエトワールは、もしかしたら本人もウルっときてたのじゃないかと思う(というのはマチネに比べると、ちょっと涙声っぽく感じたので)。初めて彼女のソロ歌を聞いたのは、里見八犬伝の犬坂毛野のソロで鳥肌がたった記憶があります。宝塚の舞台で、もう、あの歌声が聞けないかと思うと、とっても寂しい。涙をこらえての退団挨拶には、もらい泣きしそうになりました。

(^^)(^^)(^^)(^^)

 今年最後の宝塚なので、出待ちしてみましたが、どえりゃあ寒かったです。
 鮎瀬美都は、終演後の劇場外での「ありがとうございました!」が元気いっぱい。
 大和悠河はメタリックなジャケットでキラキラ。黒でまとめた陽月華は女性誌のグラビアから抜け出たよう。花影アリスが、ウメちゃんクローンのように同じく黒でまとめてたなあ(笑)。スッシーさんは植田景子先生と一緒に出てきた。トモちんはやっぱりでかかった。一樹千尋さんが、舞台の役そのままのようなナイスミドルな風情で、かっこよすぎ。

 着物+袴で行ってみた。袴って、裾の乱れを気にせず歩けるので楽チン。ただ、なんとなーくコスプレっぽいというか、いなかっぺ大将みたくなってしまうのが難点だなあ。

ブログで検索「Paradise Prince ダンシング フォー ユー」

|

« どぶろく音楽出版主催☆第1回「コンサート・ライヴ・ギグ」 | Main | 柳家喬太郎勉強会「一本柳道中双六」 »

Comments

We should be careful and discriminating in all the advice we give. We should be signally painstaking in giving advice that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to avoid giving counsel which we don't follow when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: tape applicator | June 04, 2010 02:21 AM

A man begins cutting his wisdom teeth the earliest often he bites out more than he can chew.

Posted by: elliptical trainer | June 19, 2010 12:45 AM

I woke up today sad but after finding this page my state of mind got better.

Posted by: Gadget Blog | July 06, 2010 02:14 AM

In everyone's sustenance, at some pass‚, our inner throw goes out. It is then burst into enthusiasm at near an face with another magnanimous being. We should all be under obligation recompense those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Niels | July 13, 2010 02:10 AM

In everyone's existence, at some time, our inner throw goes out. It is then burst into zeal by an face with another magnanimous being. We should all be thankful for those people who rekindle the inner transport

Posted by: Marry | August 16, 2010 11:14 PM

In harry's existence, at some pass‚, our inner throw goes out. It is then break asunder into zeal beside an be faced with with another magnanimous being. We should all be under obligation for the duration of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Jane | August 19, 2010 11:28 PM

In harry's time, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then burst into flame at hand an face with another benign being. We should all be thankful for the duration of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Linda | August 21, 2010 12:43 AM

To be a noble human being is to procure a make of openness to the world, an gift to trusteeship unsure things beyond your own manage, that can front you to be shattered in uncommonly exceptionally circumstances for which you were not to blame. That says something exceedingly weighty relating to the prerequisite of the ethical compulsion: that it is based on a conviction in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a sh

Posted by: Gemstones | October 15, 2010 09:20 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宝塚歌劇団「Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー」千秋楽:

» [9DX5Ak4CR87VE3092100P0DwE508B [宝塚歌劇団]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど宝塚歌劇団についてたくさんの資... [Read More]

Tracked on January 13, 2009 01:31 PM

» [9DX5Ak4CR87VE3063066069046088 [宝塚歌劇団]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど宝塚歌劇団についてたくさんの資... [Read More]

Tracked on January 15, 2009 08:27 AM

« どぶろく音楽出版主催☆第1回「コンサート・ライヴ・ギグ」 | Main | 柳家喬太郎勉強会「一本柳道中双六」 »