« 四派で深夜 | Main | 宝塚歌劇団「カラマーゾフの兄弟」 »

January 18, 2009

宝塚歌劇団「夢の浮橋/Apasionado!!(アパショナード)」

宝塚歌劇団
12-Jan-2009 11:00~14:05 2F-2-11
東京宝塚劇場

Corich公演情報

090112a

詳しい内容はこちらで(ENAK STAGE GRAPH)

「夢の浮橋」
脚本・演出/大野拓史

 主演娘役不在で迎えた本公演。おそらく2009年月組エリザベートでサプライズ人事を発表するためだと思うけれど、今回も娘役不在が功を奏している感じ。ヒロインは浮舟ということになろうが、有力候補の城咲あいは浮舟は仁ではないし、羽桜しずくは主演娘役にはまだ早いでしょうから。

 プログラムには人物相関図・登場人物の紹介が4Pにわたって掲載されています。源氏物語未読(原作、現代語訳、コミック含め)の方はもちろん、既読の方も、一部設定を変更しているところがあるので事前に読んでおくべき。光源氏の時代から続く「親の因果が子に報い」的な部分は、予備知識ゼロではわからないと思います。人物相関図をロビーに貼り出してもよいじゃんね。

 で、自分は、「あさきゆめみし」で源氏を読んだクチなのですが、なにしろ10年以上前のことなので結構、人物相関を忘れてましたね。お正月に読んでおくべきだったなぁ。

 冒頭で紫の上の死~光源氏の死を経て、成長した匂宮が登場、宮中での華やかな振る舞いの場面となります。宮中ラブコメの雰囲気ですが、宇治の薫と浮舟の場面になると空気が一変、その後のはかない顛末を予感させます。ここでの薫(霧矢大夢)の歌が泣かせる。
 城咲あいは匂宮を振り、彼を内的世界に誘う傀儡子という面白い役。花瀬みずかの女一の宮、言い寄る匂宮と対峙したときの強い目が印象的。羽桜しずくは、芝居はまだまだという声も多いようだけれど、匂宮と薫の間で揺れて、結局入水してしまうような女性なのだから、まあ所在なさげでもよいのじゃないか。

「Apasionado!!(アパショナード)」
作・演出/藤井大介

「Apasionado!!」スペイン語で「熱い」「情熱の男」という意味だそうで、文字通りスパニッシュ中心の熱い熱いショー。
 小林幸子も真っ青な、巨大な衣装をまとっての瀬奈じゅんの登場にまずびっくり。熱く激しい場面から、情熱を内に秘めた静な場面までバラエティに富んでいて、見応えのあるショーとなっています。最近のショーでは出色の出来じゃないかと思います。

 主演娘役不在のため、映画スターの場面では城咲あい、ラストは霧矢大夢が相手役っぽい。瀬奈と霧矢が高台で二人で踊る場面は、まるでダンス対決のようなで面白いですね。

 吸血鬼バンピロ伯爵の場面。バンピロはスペイン語でバンパイアの意味だそうで。ヨーロッパではない南米独特な雰囲気でした。
 男役の女装場面、明日海りおは想定の範囲内、星条海斗は前田美波里のようにゴージャス、一言も発せず銀橋を笑顔で渡ってゆく越乃リュウは魔女のよう。

 ショーの主題歌「ア~パッショナ~ド~♪」が耳について離れないです。

 藤井先生の指定なのでしょうが、胸元が肌色の布じゃなく、モロ肌なので、痩せてる生徒さんだと骨が見えちゃってます。ある意味リアルで正しい衣装だと思うのですが、宝塚的にはどうなんでしょうね(笑)。

「夢の浮橋」
匂宮 瀬奈 じゅん
光源氏 萬 あきら
夕霧 磯野 千尋
明石の中宮 梨花 ますみ
仲信 越乃 リュウ
薫 霧矢 大夢
女一の宮 花瀬 みずか
横川の僧都 一色 瑠加
二の宮 遼河 はるひ
四の宮 良基 天音
上野の親王 研 ルイス
時方 桐生 園加
大納言の君 美鳳 あや
中将の御許 涼城 まりな
弁の御許 音姫 すなお
衛門督 青樹 泉
女三の宮 天野 ほたる
小宰相の君 城咲 あい
宰相中将 星条 海斗
宣旨の君 憧花 ゆりの
中務の君 妃鳳 こころ
右京大夫 朝桐 紫乃
道定 龍 真咲
右近 美夢 ひまり
侍従 萌花 ゆりあ
小野の妹尼 羽咲 まな
慈童丸 光月 るう
六の君 夏月 都
五の宮 明日海 りお
柏木 美翔 かずき
浮舟 羽桜 しずく
匂宮(幼少) 咲希 あかね
紅梅の中の君 蘭乃 はな
小君 千海 華蘭
薫(幼少) 舞乃 ゆか
女一の宮(幼少) 花陽 みら

ブログで検索「夢の浮橋」
ブログで検索「Apasionado」

|

« 四派で深夜 | Main | 宝塚歌劇団「カラマーゾフの兄弟」 »

宝塚」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and fussy in all the information we give. We should be extraordinarily aware in giving guidance that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to avoid giving recommendation which we don't follow when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: pry bar | June 04, 2010 02:21 AM

A human beings begins icy his wisdom teeth the first chance he bites eccentric more than he can chew.

Posted by: cue case | June 19, 2010 12:45 AM

To be a upright charitable being is to procure a amiable of openness to the world, an gift to group undeterminable things beyond your own restrain, that can lead you to be shattered in very exceptional circumstances pro which you were not to blame. That says something remarkably outstanding with the prerequisite of the principled passion: that it is based on a trustworthiness in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a

Posted by: Citizen Ecodrive Watch | June 25, 2010 07:30 AM

I woke up this morning depressed but after finding this post my mood got better.

Posted by: Gadget Blog | July 06, 2010 02:14 AM

In harry's life, at some time, our inner pep goes out. It is then bust into enthusiasm at hand an encounter with another magnanimous being. We should all be indebted for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Aisha | August 23, 2010 04:04 AM

In everyone's sustenance, at some occasion, our inner foment goes out. It is then break asunder into enthusiasm by an be faced with with another benign being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Marry | August 29, 2010 11:30 AM

To be a adroit lenient being is to from a kind of openness to the in the seventh heaven, an gift to trust uncertain things beyond your own manage, that can front you to be shattered in unequivocally exceptionally circumstances on which you were not to blame. That says something uncommonly important with the fettle of the ethical compulsion: that it is based on a trust in the up in the air and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a

Posted by: Zirconia | October 13, 2010 05:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宝塚歌劇団「夢の浮橋/Apasionado!!(アパショナード)」:

» エリザベート [ゆうこのつぶやき]
宝塚歌劇団「夢の浮橋/Apasionado!!(アパショナード)」 ... おそ... [Read More]

Tracked on January 19, 2009 12:49 AM

» [9DX5Ak4CR87VE306ERSS `C5X31 [宝塚歌劇団]
何気なくネット見ていたら宝塚歌劇団の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参... [Read More]

Tracked on January 29, 2009 09:24 PM

» [9DX5Ak4CR87VE3v7DfF8 [宝塚歌劇団]
宝塚歌劇団!今日の格言[日記][宝塚]宝塚歌劇団人事異動人気ブログランキングへ... [Read More]

Tracked on February 05, 2009 01:05 AM

« 四派で深夜 | Main | 宝塚歌劇団「カラマーゾフの兄弟」 »