« 北九州芸術劇場「風街」 | Main | 第20回羽村ゆとろぎ寄席「神田陽子独演会」 »

March 09, 2009

快快「MY NAME IS I LOVE YOU」

快快
8-Mar-2009 18:30~19:20
5TANDA SONIC

Corich公演情報

090308b

 シャッターが開くと、ガラス一面にハートのデコレーション♪「ハートが当日パンフになってますので、一枚ずつお取りください」とのこと。へぇ、御趣向御趣向♪

 L字の2面座席、舞台壁は薄く白に塗られたダンボール(もとのダンボールも印刷が見えるのがよいね)が積まれている。

 前説、シノダ嬢の英語の前説に、日本語の通訳がつく。物語の設定、登場人物の紹介、中学生英語では習わない(であろう)単語の説明(pigeon:鳩、naked :裸の、desperate:絶望的な)。

 本編、英語劇と覚悟していたのに、いきなりTechno青年の日本語の語りでスタート(笑)。続いて、OLGA嬢登場し、それを英訳。以降は、OLGA嬢がボコーダーを使って、各役柄の声で英語のセリフを喋ります。役者は、その英語にあわせて、当て振りだったり、日本語をしゃべったり、もちろん役者本人が英語でセリフを言う場面もあり。

 未来少女とTechno青年の恋のくだりは、本人たちは日本語と、OLGA嬢の英語とが同時通訳で展開しますが、最低限の英語しか使わないために、どんどん日本語の会話の内容と乖離してきちゃうあたりは大笑い。結局この芝居、海外公演のための英語版ではなく、学校で英語を学習した日本人向けの芝居だったのでしょうね。

 シンプルな中学生英語のセリフの裏で、メチャクチャ微妙なニュアンスの日本語のセリフがあり、それがとても可笑しいのだけれど、同時通訳形式ゆえに、両方の言語を同時にすべてを聞き取るのは難しい。どちらか一方を字幕で補助して欲しかったかもです。

 Softが英語で客引きをするくだり、確かにそっち方面は中学生英語でも十分ですね。ラストで、ダッチワイフとしてしかプログラミングされていないであろうSoftに、Loveの概念が芽生え、困惑していくくだりは、とってもファンタジックで切ない。半分人間であるが故、生まれてきた(orよみがえってきた)概念=Loveなのかも。

 休憩をはさみ、ボーナストラックとして、5分程度の小作品を上演。これが予期せぬ秀作。
 失恋した女性(シノダ嬢)が、すべての思い出を消し去ろうとする。その女性の語りにあわせて男二人(山崎氏、天野氏)が当て振り。後半の展開の奇抜さと、たたみかけるテンポのよさ、絶妙なタイミングのサゲ...見事すぎる。
 ちょっと柳家喬太郎の純情日記風(「純情日記渋谷2009編女子バージョン」といったところかな)で、すぐに落語化できそう。柳家喬太郎と快快がコラボしたらkyonkyonとfaifaiで面白いじゃんね。

 ボーナストラックが終わってからゆっくりカレー食べようとおもっていたら、すでに完売。無念じゃ。

Techno
 テクノが好きな大学生 
天野史朗
Soft
 半分人間のダッチワイフ 
大道寺梨乃
Future girl
 未来から来た大学生 
中林舞
Hard
 ロボットのダッチワイフ 
野上絹代
Hakase
 風俗で生計を立てている男 
山崎皓司
声 NAGYOLGA
 
脚本 北川陽子
演出 篠田千明
舞台監督 佐藤恵
美術、映像 佐々木文美
音響、照明 快快
衣装 藤谷香子
振付 野上絹代
宣伝美術 天野史朗
写真 加藤和也
会場デコレーション 佐々木文美
KANATIN+rinoooooooooo
faifaiせーさく
ウィンドウディスプレイ 
山本ゆい
協力 株式会社A.C.O.

ブログで検索「MY NAME IS I LOVE YOU」

|

« 北九州芸術劇場「風街」 | Main | 第20回羽村ゆとろぎ寄席「神田陽子独演会」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 快快「MY NAME IS I LOVE YOU」:

» 英語の勉強1・2・3 [英語の勉強1・2・3]
英語の勉強1・2・3 [Read More]

Tracked on March 09, 2009 09:41 PM

» ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像 [ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像]
ヌードCMで話題の戸田恵梨香に、さらに過激な映像があるという [Read More]

Tracked on March 10, 2009 09:51 AM

« 北九州芸術劇場「風街」 | Main | 第20回羽村ゆとろぎ寄席「神田陽子独演会」 »