« 四月大歌舞伎「伽羅先代萩」 | Main | アトリエダンカン「夜は短し歩けよ乙女」 »

April 13, 2009

庭劇団ペニノ「苛々する大人の絵本」

庭劇団ペニノ
10-Apr-2009 17:30~18:40
はこぶね

Corich公演情報

090411b

 ヒツジさんとブタさんが住まいする、天井の低い家。
天井と床から飛び出している木。
その木から湧き出る、おいしい白い液体。

 天井が低くても、ヒツジさんもブタさんも不自由なく、むしろ彼らの身の丈にあった部屋。天井の掃除も楽そう。
 部屋に生えている木、なぜ生えているのかを考えるのは生活には必要ないことかも。だって生えているのは事実だし、利益をもたらしてくれるのだから。神の存在を考えるよりも、信じて御利益を享受したほうが賢い。
 
 さて、次にあらわれるは受験生。受験生だから悶々としているし、問題集も解かねばならない。禅問答のような問題を「良い問題だ」と言う受験生。その問題を出されたブタさんは、「はぁ?」といった顔。そりゃそうだ。いままで考えたこともない、何の意味があるのかすらわからない問題だもの。

 ヒツジさんとブタさんは、穢れをしらぬ子供のようでもあり神を信じていた昔の人のようでもあり、のんびりした田舎の人のよう。受験生は小難しい理屈をこねまわす現代人・都会人のようにも思える。

 白い液体やらペニスを彷彿させる木は、中学生男子の妄想のようだけれど、何でもかんでも性的欲求に結びつけるフロイト精神分析への皮肉かも。

 床下に受験生の住む箱庭のような世界、床上がヒツジさんとブタさんのメルヘンの世界。現実と妄想、自我と超自我、意識かと無意識...なんかよくわからないけれど、人の精神構造を現わしている気がしないでもない。

 JAZZのBGMとメルヘンな世界、この"大人の絵本"の風情が妙に心地よくて、ずっと見ていたい気分...だが、実際にあの部屋でブタさんとヒツジさんと一緒に生活するとしたら、現代人としては苛々するだろうな。田舎旅行と、実際に暮らすのとでは大違いなのと同じでさ。

 美術が素敵。ミニチュアにして飾っておきたいニャ。

 メガネ出っ歯のブタさんが妙にかわいかった。

受験生 山田伊久磨
雌の豚(ペティ) 島田桃依
雌の羊(モルチ) 瀬口タエコ
 
 
作、演出、美術
照明、音響、衣装 
タニノクロウ
照明および音響操作 森準人
舞台と客席の設計と製作 山口有紀子
舞台製作と仕掛け 玉置潤一郎
塗り師ほか 吉野明
特殊なメイク 井上悠
Web 定岡由子
制作 中山静子
協力 ハイレグタワー
企画製作 庭劇団ペニノ

ブログで検索「苛々する大人の絵本」

|

« 四月大歌舞伎「伽羅先代萩」 | Main | アトリエダンカン「夜は短し歩けよ乙女」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and fussy in all the advice we give. We should be strikingly painstaking in giving guidance that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to escape giving recommendation which we don't imitate when it damages those who take us at our word.

Posted by: paint sprayer | June 04, 2010 02:21 AM

To be a upright human being is to from a make of openness to the far-out, an gift to guardianship aleatory things beyond your own pilot, that can take you to be shattered in unequivocally exceptional circumstances on which you were not to blame. That says something remarkably outstanding with the get of the principled compulsion: that it is based on a corporation in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a weed than li

Posted by: Zodiac Watch | June 25, 2010 07:31 AM

I woke up this morning depressed but after finding this site my mood improved.

Posted by: Gadgets | July 06, 2010 02:15 AM

In every tom's sustenance, at some time, our inner foment goes out. It is then bust into zeal at near an encounter with another hominoid being. We should all be glad quest of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Alice | July 13, 2010 02:11 AM

In harry's time, at some occasion, our inner pep goes out. It is then bust into flame at near an encounter with another magnanimous being. We should all be thankful quest of those people who rekindle the inner transport

Posted by: Anna | August 22, 2010 10:33 PM

In the whole world's life, at some occasion, our inner throw goes out. It is then blow up into passion beside an contend with with another benign being. We should all be glad for those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Anna | August 23, 2010 04:05 AM

In harry's sustenance, at some occasion, our inner throw goes out. It is then burst into flame beside an be faced with with another hominoid being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Jack | August 28, 2010 05:43 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 庭劇団ペニノ「苛々する大人の絵本」:

« 四月大歌舞伎「伽羅先代萩」 | Main | アトリエダンカン「夜は短し歩けよ乙女」 »