« 新宿きゃりこ | Main | 寒空はだかソロライブ »

April 06, 2009

TWIN-BEAT「清水宏の炎の演劇部!!『演劇編/トーク編』」

公式ページ
5-Apr-2009 13:00~15:30 2-3
5-Apr-2009 18:00~20:05 5-5
紀伊國屋サザンシアター

Corich公演情報

090405

演劇部とあるけれど、演劇なのか演芸なのか、とっても悩むぞう。

演劇編
1 娘娘(にゃんにゃん)さん
2 ハッサン落語「芝浜」
3 冒険体験ルポトーク「ミュージシャンに挑戦」
4「ウルトラセブンに告ぐ ~その後のカプセル怪獣ミクラス」
  作:じんのひろあき 作・演出:清水宏、倉増啓
5 通りすがりのロックンローラ

 新キャラ"娘娘(ニャンニャン)"、戦争で村が襲われ、助けを求めてやってきた風で客席後扉より登場し、適度に客いじりしながら客席内を走り回る。
古典落語に挑戦。なぜ、春なのに年末の噺「芝浜」かというと、本人がやりたかったからなのだそう。
片言の日本語が娘娘もハッサンもなんか似てる(笑)。彦いち氏の表現する外国人と、おなじかおりがする。お互いに影響しあっているのじゃなかろうか。
演劇人とはちがってカッコいいのがミュージシャン。まずライブハウスに片っ端からアクセス、なんと1ヶ月後にライブが決まる。さあ、初めてのギター、初めての路上ライブとすべては初めてづくし。そしてライブ当日、覚えたコード進行は2パターンのみ。しかもギター弾いてると歌えない。さあ、どうなるのか...

 実写映像を見ると、どん引きしてる客から、音楽じゃないわけのわからないテンションに巻き込まれて一緒に手拍子してる客まで様々。ライブハウスの店長さんいわく「ロックだね」とのこと。気に入られたのか、同店での2回目のライブも決まったらしい(笑)。
ウルトラセブンが選挙に立候補、その応援演説としてミクラスが登場。セブンの人となりを熱く語る。セブンは本当は弱いのだの...Etc。スーツ姿、髪型はオールバックで登場、なんとなく麻生太郎っぽい風貌。
プレスリー風の衣装で登場、「イスラエル戦争やめろ!」のバラードを弾き語り。ギターを置いて、エアギター、エアベース、エアキーボード。通路があるのに客席乱入。
各種告知(2回目のライブ、客演情報、そして8/7日比谷野音ライブ先行販売のお知らせ)。日比谷野音のCMスポンサー募集では、早くも遠藤賢ニ氏がCM依頼とのこと。
はじけっぱなし、たっぷり2時間半。すげえ。


マチソワの空き時間を利用して、きゃりこ「新宿店」へ。日曜午後のわりにはお客少な目、猫もお客もまったり状態。仔猫の三毛ちゃん(まだ名前無し)が着物の裾なかに入ってくる。足元がモフモフして気持ちよし♪
090405b

トーク編
1 おばさん
2 中年男児スポーツ挑戦シリーズ セレブスポーツ「乗馬」に挑戦
3 汗と涙の社会見学アルバイトシリーズ ベトナム戦争!?居酒屋「天狗」編
 (ビデオ 「しみ散歩」)
4 やる気マンマン男

客席後方扉から、名古屋のおばちゃんの恰好で登場。気持ちをひとつにするために、全員で手拍子、見えないでっかいボールをリレー。

冒険ルポの一本目。まずはあすなろ牧場にアクセス、馬を所有している人向けのエリザベスコースと月30万で乗り放題のブリティッシュコースは速攻パスし、格安ウェスタンコースに入門。格安なかわりに作業付き(屋根修理、溝堀、厩舎の掃除など)。鬼軍曹のような女性の教官のもと、馬には乗らず、ひたすらイメージトレーニング。エアー乗馬の世界ですね。
次にアクセスしたのはノースランド・ライディングクラブ。乗れないのに見栄をはって外乗、障害に挑戦。見事障害を飛びこなす感動&爆笑のラスト。

2本目は、居酒屋天狗でのアルバイト時代の思い出。ベトナム戦争のような新宿南口店での地獄絵図、市ヶ谷店での大活躍の話。市ヶ谷店のくだりは、かなりスポコン風に脚色されていたが、そのまま居酒屋成長ドラマになりそうでプチ感動(笑)。
ビデオは、十数年ぶりに居酒屋天狗の店長に会いに行くというもの。ところがすでに新しい店長に替わっていて、しかも忙しい時間帯だったため、単なる迷惑な訪問になっていて大笑い。

最後は"やる気マンマン男"の登場。

昼の「演劇編」で、もうお腹一杯な気分でしたが、不思議なもので夜は夜でちゃんとお腹に入るのだな。大笑いの1日でございました。

出演 清水宏
 
作・演出 清水宏
作 じんのひろあき
舞台監督 植木英人(二元)
照明 金子佳裕(シアターブレーン)
音響 内藤勝博(SEシステム)
衣裳 木村猛志(衣匠也)
映像 仲井陽(ケシュ#203)
宣伝デザイン 利宮マサヨシ
演劇部テーマ曲演奏 Rumble of UK
制作 TWIN-BEAT
主催 清水宏

ブログで検索「清水宏の炎の演劇部」

|

« 新宿きゃりこ | Main | 寒空はだかソロライブ »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be meticulous and discriminating in all the information we give. We should be especially aware in giving advice that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to escape giving advise which we don't follow when it damages those who take us at our word.

Posted by: brita | June 04, 2010 02:23 AM

A human beings begins scathing his insight teeth the initially often he bites out more than he can chew.

Posted by: foam roller | June 19, 2010 12:47 AM

To be a good lenient being is to procure a make of openness to the far-out, an skill to trusteeship unsure things beyond your own restrain, that can front you to be shattered in unequivocally extreme circumstances pro which you were not to blame. That says something very important with the fettle of the principled compulsion: that it is based on a conviction in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a shop than like a

Posted by: Vintage Seiko Ladies Watch | June 25, 2010 07:33 AM

To be a upright benign being is to be enduring a philanthropic of openness to the in the seventh heaven, an gift to trust aleatory things beyond your own pilot, that can govern you to be shattered in uncommonly exceptional circumstances for which you were not to blame. That says something uncommonly impressive with the get of the ethical compulsion: that it is based on a conviction in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more

Posted by: Movado Mother Of Pearl | July 12, 2010 05:20 AM

I don't like the durable of all those lists he's making - it's like intriguing too many notes at philosophy; you sensible of you've achieved something when you haven't.

Posted by: Kayla | July 13, 2010 07:38 PM

In every tom's sustenance, at some dated, our inner fire goes out. It is then break asunder into enthusiasm by an face with another magnanimous being. We should all be glad for the duration of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Jack | July 15, 2010 08:54 PM

In harry's time, at some occasion, our inner foment goes out. It is then break asunder into zeal at hand an contend with with another benign being. We should all be indebted for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Jane | August 21, 2010 12:44 AM

In every tom's existence, at some dated, our inner foment goes out. It is then burst into passion at near an encounter with another hominoid being. We should all be under obligation recompense those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Jack | August 23, 2010 04:05 AM

In every tom's time, at some pass‚, our inner fire goes out. It is then bust into enthusiasm beside an be faced with with another hominoid being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Jack | August 26, 2010 09:13 PM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and eye different other patrons names, is a cure familiar to treat erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed by the pharmaceutical circle Pfizer. It acts nigh inhibiting cGMP specific phosphodiesterase paradigm 5, an enzyme that regulates blood spout in the penis. Since seemly convenient in 1998, sildenafil has been the prime treatment recompense erect

Posted by: Cialis | September 16, 2010 01:41 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TWIN-BEAT「清水宏の炎の演劇部!!『演劇編/トーク編』」:

« 新宿きゃりこ | Main | 寒空はだかソロライブ »