« 八王子にゃんとも | Main | 神田京子 一人バトルロイヤルミルクティー第10杯目 »

July 21, 2009

Teachers~職員室より愛をこめて~

梅田芸術劇場
20-Jul-2009 13:00~15:00 1F-P-11
東京芸術劇場 中ホール

Corich公演情報

090720

 千秋楽を拝見。なんとなーく会場は役者関係者が多い雰囲気。

 10年前に一人の生徒・高井空(尾崎由衣)を自殺で失ったことを自分の責任だと悩み続けている教師(モト冬樹)。彼に「自分は決して先生を恨んでいない」と伝えるために、現世にやってきた高井空(尾崎由衣)の霊。
 そんなとき、生徒から午後3時に自殺するとの予告メールが届く。リミットは2時間...

 ブラックコメディとありますが、全然ブラックじゃありません。ファンタジック系人情コメディ、しかもかなり王道のコメディでした。高井空が天使のように背中に羽根をつけて現われ、思いを伝えて天に戻っていくし、学校の自殺騒動はまるくおさまり、教員たちは教師としての自覚を新たにして、とってもあと味がさわやかなのですよね。(生徒の自殺騒動で、教員が全員自己保身に走り、改心せずに終わったらブラックコメディになると思うのですが...)

 さて、今回は演目よりも三人の女優さんを楽しみに行きまして...

 樹里咲穂嬢、副校長の腰巾着(実は副校長に片思い)の出世指向の強い教務主任。シャキシャキしてるかと思うと副校長にべったり甘えたりで笑わせてくれます。

 星奈優里嬢、PTAの前ではおとなしいが、溜め込んだストレスを職員室の机やらクッションやらにぶつける英語教員。同僚の嶋野とはつきあっていて、ちょっとバカップル風。ぱっとみはお嬢様風でかわいいのに、泣いたり怒ったりいちゃついたりの感情の変化が絶妙で大笑い。コメディエンヌだなあ♪

 夏樹陽子嬢、生涯一教師を標榜する学年主任。"夏樹陽子"というと、どうしてもハングマンやら借王やらのお色気系のイメージが強いのだけれど、あれほどジャージが似合っちゃうとは驚き(事前に配役知らなかったら、夏樹陽子だとはわからなかったと思う)。地味にしていても美人にはかわりないです。素敵な先生でした。

 男優陣では...

 高梨先生役のモト冬樹氏、笑わせどころも泣かせどころも期待以上でしたが、いちばんの"お得"は、冒頭のアコースティックギター生演奏。お笑い抜きの真面目な演奏でかっこよいのでした。

 曽世海司演じる体育教師・山崎は、熱血が空回りしている生活指導担当で始終笑わせてくれます。

 北岡ひろし氏は、途中、女形の姿で登場のサービスがありました。でっかいけど綺麗だ♪

蛇足

 パンフ有料 \1,000。稽古場風景写真での星奈嬢のかわいさと、眼鏡をかけた夏樹嬢のかっこよさは尋常じゃなかったニャ(笑)

高梨純一(カタナシ)
2-B担任 国語教員 
モト冬樹
森田洋子
学年主任 国語教員 
夏樹陽子
中村真理子
3-A担任 英語教員 
星奈優里
山崎孝則
生活指導 1-A 体育教員 
曽世海司
村瀬一郎
副校長 
宮内洋
永山真紀子
教務主任 数学教師 
樹里咲穂
東浩二
新人 社会教員 
林野健志
風間大典
2-A担任 社会教員 
齋藤ヤスカ
門番 北岡ひろし
嶋野和男
1-A担任 理科教員 
森岡豊
下山圭
教員実習生 英語教員 
真由子
仲間京子
音楽教員 
有澤晴香
河野幸子
河野孝の母 
蜷川みほ
鵜飼健
理科 
高田賢一
河野孝
生徒 
瓜生真之助
高井空
生徒 
尾崎由衣
 
作、演出 吉村ゆう
音楽 Deep寿
美術 土屋茂昭
照明 黒尾芳昭
音響 川口博
演出助手 平野麻樹子
舞台監督 中西輝彦
美術助手 松生絋子
演出部 牧野剛千
和合美幸
藤本典江
照明部 熊岡右恭
北澤真人
音響部 岸智美
衣装部 吉田ひとみ
大道具 かねこ大道具工房
金子矢司
小道具 高津映画装飾
烏城清
衣装 松竹衣装
松沢貴子
履物 神田屋靴店
大石雅章
楽器 三響社、岸拓央
輸送 中村産業
宣伝デザイン 尾野正人
稽古場写真 石井久雄
稽古場写真協力 齋藤ヤスカ
協力 モン・フール(コーラス)
ヴェルディ・バックコーラス隊
制作 村田誠(東映)
藤崎真澄(東映)
大西洋子(東映)
松永安奈(ぷれいす)
プロデューサー 草地研吾(梅田芸術劇場)
中村洋(東映)
企画、製作 東映、梅田芸術劇場

ブログで検索「Teachers 職員室より愛をこめて」

|

« 八王子にゃんとも | Main | 神田京子 一人バトルロイヤルミルクティー第10杯目 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be careful and discriminating in all the par‘nesis we give. We should be signally careful in giving information that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to escape giving advise which we don't mind when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: trowel | June 04, 2010 02:21 AM

A humankind begins sneering his insight teeth the first chance he bites off more than he can chew.

Posted by: life vest | June 19, 2010 12:45 AM

To be a good human being is to be enduring a philanthropic of openness to the in the seventh heaven, an ability to group unsure things beyond your own control, that can lead you to be shattered in very outermost circumstances for which you were not to blame. That says something very weighty thither the condition of the principled autobiography: that it is based on a trustworthiness in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more

Posted by: Timex Outdoor Expedition | June 25, 2010 07:31 AM

I woke up today in a bad mood but after finding this post my mood improved.

Posted by: Electronics | July 06, 2010 02:15 AM

I don't like the earshot of all those lists he's making - it's like prepossessing too innumerable notes at philosophy; you feel you've achieved something when you haven't.

Posted by: Kayla | July 13, 2010 07:37 PM

In everyone's time, at some time, our inner foment goes out. It is then burst into enthusiasm by an face with another magnanimous being. We should all be thankful recompense those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Mark | July 15, 2010 08:53 PM

In the whole world's sustenance, at some time, our inner foment goes out. It is then bust into flame by an contend with with another human being. We should all be glad quest of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Aisha | August 18, 2010 12:34 AM

A likeable beloved time eon is the favour of a well-spent youth. Rather than of its bringing wretched and dolour prospects of disintegrate, it would hand out us hopes of unwavering adolescence in a bettor world.

Posted by: Black Deker | September 27, 2010 11:35 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Teachers~職員室より愛をこめて~:

» 【皆既日食】沢尻エリカ 人妻ヌードで復帰という話 [沢尻エリカ 人妻ヌードで復帰という話]
皆既日食に合わせ帰国予定の沢尻エリカ 人妻ヌードで復帰!? [Read More]

Tracked on July 22, 2009 12:41 AM

« 八王子にゃんとも | Main | 神田京子 一人バトルロイヤルミルクティー第10杯目 »