« 落語教育委員会@横浜にぎわい座 夜の部 | Main | 新感線「蛮幽鬼」 »

November 30, 2009

ナイロン100℃「世田谷カフカ」

ナイロン100℃
2-Oct-2009 19:00~22:10
本多劇場

Corich公演情報

091002

 話がすすむにつて、小説の登場人物の世界と、現実の世田谷の世界が重なっていく。これが、脳みそをかき回されるようで、結構心地よかったりしました。
 登場人物が迷うカフカの小説の世界と、迷路のような世田谷の街を重ねているのだろうけれど、地方出身者で東京23区外在住の身としては、世田谷がどれほどの迷宮なのかよくわからなかったりするのでした。

 終わり方は...カフカの未完の作品がもとになっているだけに、落語の「じょうだんいっちゃあいけねえ」のような、とりあえず舞台をおわらせるためだけのオチだったんだろうなあ。

横町慶子さんがたっぷり見られて満足。
嫁姑の会話、特に姑の話しぶりが恐い。
植木嬢の人形劇のくだりが可笑しかった。

村岡希美
調理女
フェリーツェ・バウアー(カフ力第一の恋人)
ヴァリ(カフカの妹・次女) 
村岡希美
廣川三憲
ヤーコプ叔父
矢代低吉 
廣川三憲
水野顕子 水野顕子
フランツ・カフカ
船員 
中村靖日
カ一ル・ロスマン
世田谷区長
マックス・ブロート
寺内 
三宅弘城
ヨーゼフ・K(カー)
出版社社員 
喜宏浩平
K(カー)
船長
ラジオのアナウンサー 
吉増裕士
小出(寺内の不倫相手の女優)
区長の妻
オットラ(カフカの妹・三女) 
横町慶子
矢代の近所の主婦
別の看護士
水野の友人 
植木夏十
矢代正子(M子)
ヨーゼフの部下 
長田奈麻
クララ
有馬(女優)
調理女 
新谷真弓
グルーバッハ夫人
廣川の妻
エリ(カフカの妹・長女) 
安澤千草
火夫(かま焚き)
医師
予審判事
出版社社員
矢代高吉
掃除婦 
藤田秀世
看護士
区長の妻
通訳 
皆戸麻衣
ロスマン家の女中ブルマー
淡島通りの女 
杉山 薫
ポランダー氏
カールにトランクを預る男
携帯を奪う男 
眼鏡太郎
グリーン氏
マック
小倉浜劇場の人事主任
船員 
廻飛雄
船員
運送屋 
柚木幹斗
監視入ヴィレム
サナトリウムの医師
ボランダー家の執事
司会のお兄さん 
猪岐英人
劇団の制作
カールの英語教師 
菊池明香
ドーラ・ディアマント(カフカの最後の恋人) 自石遥
回想のカール・ロスマン 野部友視
シューパル
廣川のバイト仲間 
田村健太郎
調理女リーネ 青木茉奈
調理女 田仲祐希
監視人フランツ 伊与顕二
水野顕子の彼氏
運送屋 
森田完
 
脚本、演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
美術 BOKETA
照明 関口裕二(balance,inc.DESIGN)
音響 水越佳一〔モックサウンド〕
映像 上田大樹、大鹿奈穂
衣裳 畑久美子
ヘアメイク 武井優子
振付 横町慶子[ROMANTICA]
ステージング 長田奈麻
演出助手 坂本聖子
相田剛志
舞台監督 宇佐美雅人(バックステージ)
ドイツ語訳、指導 山下結穂
宣伝美術、写真 坂村健次(C2design)
コラージュ マグマジャイアンツ
画 玉野大介
宣伝美術協力 unseal contemporary
プロデューサー 高橋典子
制作 仲谷正資
北里美織子
太齋志保
佐々木悠
杉上紀子
広報宣伝 米田律子
製作 北牧裕幸
企画、製作 シリーウォーク、キューブ

ブログで検索「世田谷カフカ」

|

« 落語教育委員会@横浜にぎわい座 夜の部 | Main | 新感線「蛮幽鬼」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be chary and discriminating in all the intelligence we give. We should be extraordinarily aware in giving advice that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to escape giving advisor which we don't imitate when it damages those who take us at our word.

Posted by: sharpening stone | June 04, 2010 02:21 AM

A man begins sneering his wisdom teeth the initially without surcease he bites out more than he can chew.

Posted by: kettlebells | June 19, 2010 12:46 AM

To be a upright charitable being is to be enduring a make of openness to the world, an gift to trust unsure things beyond your own pilot, that can lead you to be shattered in very extreme circumstances for which you were not to blame. That says something exceedingly impressive relating to the prerequisite of the ethical compulsion: that it is based on a corporation in the up in the air and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a sho

Posted by: Movado Rondiro Watches | July 12, 2010 05:19 AM

In everyone's time, at some dated, our inner fire goes out. It is then break asunder into zeal by an encounter with another hominoid being. We should all be glad recompense those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Mark | July 13, 2010 02:11 AM

I don't like the earshot of all those lists he's making - it's like prepossessing too divers notes at school; you feel you've achieved something when you haven't.

Posted by: Marcy | July 13, 2010 07:37 PM

In the whole world's life, at some occasion, our inner fire goes out. It is then blow up into flame by an encounter with another magnanimous being. We should all be indebted for the duration of those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Niels | August 18, 2010 12:34 AM

In every tom's existence, at some dated, our inner pep goes out. It is then burst into flame beside an encounter with another human being. We should all be glad recompense those people who rekindle the inner spirit

Posted by: Anna | August 23, 2010 04:05 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and under various other trade names, is a antidepressant familiar to handling of erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed past the pharmaceutical circle Pfizer. It acts on inhibiting cGMP associated with phosphodiesterase paradigm 5, an enzyme that regulates blood stream in the penis. Since tasteful convenient in 1998, sildenafil has been the prime tr

Posted by: Levitra | September 16, 2010 01:41 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナイロン100℃「世田谷カフカ」:

« 落語教育委員会@横浜にぎわい座 夜の部 | Main | 新感線「蛮幽鬼」 »