« 東宝「レ・ミゼラブル」 | Main | パラドックス定数「東京裁判」 »

November 30, 2009

西村和宏(青年団)+わたなべなおこ(あなざーわーくす)企画「動員挿話」

サラダボール
21-Nov-2009 19:00~20:50 (アフタートーク付)
アトリエ春風舎

Corich公演情報

091122b

岸田國士の動員挿話を現代風にアレンジ、さらにオリジナルの場面を追加し、面白い動員挿話となっていました。
目だってアレンジされているのは以下の3点。

1.高校生夫婦

 少佐夫妻を高校生とし、言葉使いは今風の高校生。アフタートークでのわたなべ女史によると、「戯曲を読んだときに、この少佐夫婦はかなり若いのじゃないか。だったら高校生でもよいのじゃないか。」とのことでした。高校生の少佐が友吉にむかって言う「いっしょに戦争行こーよー♪」、ノリは今時の若者ですが、当時の軍人さんの出征も、言葉使いは異なるにしろ、ノリは似たようなものだったかもしれないですね。

2.後半のリフレイン

 数代の「なぜ、行くの?」の問いかけに友吉が答える場面は、異なる演出で何度も繰り返されます。"問いかけ"も"答え"も言葉はまったくかわりませんが、言葉に込められた意味・感情は複雑です。それらをひとつひとつビジュアル的に見せてくれる演出となっていました。大勢が友吉の上に圧し掛かるのは、"出征すべき"という世間体・常識の重圧をあらわしているだろうし、数代が友吉に抱きついたり、脚にすがるのは、出征しようとする友吉にとって数代が重荷だったり足かせとなっていることをあらわしているんでしょう。

3.謎の日本兵

 舞台上には日本兵が登場しますが、実存しているわけではないようです。登場人物には見えたり見えなかったり。登場人物の言動に納得したり、サジェスチョンしたりしています。当時の"お国のために"という日本の建前を象徴したような存在なのでしょう。ファンタジーでいうところの妖精さんみたいな存在かな(笑)、人を誘導しているようで、でも必ずしも思い通りに誘導できているわけではないというような。そんな建前の象徴である日本兵が、時として無視されたり、吹っ飛ばされたり場面が可笑しい。


 オリジナルの場面は、アフタートークでは「コントの場面」と称されていました。少佐夫妻の息子を中心としたサブストーリー。これが戦争とはまったく関係ないとても日常的な場面(父親の部下に無理矢理酒を呑まされたり、転校生に恋をしたり)。戦時下といっても、本土に攻め込まれているわけではないですから、こうした日常があって当然ですよね。
 オリジナルシーンでは、客いじりあり。最前列に座ったお客さんは、うまい棒もらえて、劇に参加もできてラッキー♪

宇治少佐 工藤洋崇(劇団掘出者)
少佐夫人 大城まい子
太田 岩田カブ
友吉 片倉裕介
数代 大西智子(あなざーわーくす)
みさき 川崎麻里子
男 河野悟(ユニークポイント)
猛 斉藤岳夫
よし 鈴木智香子(青年団)
作 岸田國士
演出 西村和宏+わたなべなおこ (共同演出)
照明 岩城保
照明オペ 富山貴之
音響 泉田雄太
衣装 兼松光
舞台美術アドバイザー 濱崎賢二

ブログで検索「動員挿話」

|

« 東宝「レ・ミゼラブル」 | Main | パラドックス定数「東京裁判」 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be meticulous and particular in all the information we give. We should be especially prudent in giving information that we would not dream up of following ourselves. Most of all, we ought to evade giving advise which we don't imitate when it damages those who woo assume us at our word.

Posted by: edgers | June 04, 2010 02:21 AM

A human beings begins scathing his wisdom teeth the initially without surcease he bites out more than he can chew.

Posted by: cue case | June 19, 2010 12:46 AM

To be a good human being is to procure a philanthropic of openness to the far-out, an gift to trusteeship undeterminable things beyond your own control, that can govern you to be shattered in very extreme circumstances pro which you were not to blame. That says something exceedingly impressive relating to the fettle of the ethical autobiography: that it is based on a trustworthiness in the unpredictable and on a willingness to be exposed; it's based on bei

Posted by: Anne Klein Gold Watches | June 25, 2010 07:31 AM

To be a upright lenient being is to be enduring a amiable of openness to the far-out, an gift to group uncertain things beyond your own control, that can lead you to be shattered in unequivocally exceptional circumstances on which you were not to blame. That says something very important relating to the get of the ethical life: that it is based on a trust in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a spy than like a p

Posted by: Movado Junior Sport | July 12, 2010 05:19 AM

In harry's existence, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then bust into enthusiasm by an encounter with another magnanimous being. We should all be under obligation for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Mark | July 13, 2010 02:11 AM

In harry's sustenance, at some dated, our inner foment goes out. It is then bust into flame at near an face with another benign being. We should all be under obligation quest of those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Marry | August 23, 2010 04:05 AM

Sildenafil citrate, sold as Viagra, Revatio and beneath different other trade names, is a cure used to treat erectile dysfunction and pulmonary arterial hypertension (PAH). It was developed and is being marketed past the pharmaceutical company Pfizer. It acts on inhibiting cGMP spelled out phosphodiesterase variety 5, an enzyme that regulates blood stream in the penis. Since enhancing readily obtainable in 1998, sildenafil has been the prime treatment que

Posted by: Viagra | September 16, 2010 01:41 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西村和宏(青年団)+わたなべなおこ(あなざーわーくす)企画「動員挿話」:

« 東宝「レ・ミゼラブル」 | Main | パラドックス定数「東京裁判」 »