« 黒色綺譚カナリア派「音楽劇『雨を乞わぬ人』」 | Main | 志の輔らくご2010 in PARCO »

February 05, 2010

ユニークポイント「シンクロナイズド・ガロア」

ユニークポイント
29-Jan-2010 19:30~21:15
「劇」小劇場

Corich公演情報

100129

 東大紛争の最中、数学科助手・森田は数学科の学生・河合と、彼の高校の同級生である広永に演劇で「ガロアの生涯」をやろうと持ちかけます。河合が本を書き、広永がガロアを演じ、稽古はスタート。一方、東大は大河内一男が総長が辞任し、加藤一郎が総長代行となります。

 「ガロアの生涯」の稽古場風景と、大學と学生との交渉が交互に描かれ、政治活動からやがて当局の陰謀により決闘で死ぬこととなるガロアの生涯が、安田講堂での攻防戦で敗北する学生たちとシンクロしてゆきます。

 「ガロアの生涯」は劇中劇という設定ですが、"舞台上で表現されるもの"としては東大紛争の場面と全く同次元なので、二つの時代の物語がパラレルで進んでいるように感じられてきます。そしてラストでは、二つの物語が劇中劇という設定を超越し、見事に一つに重なります。これがなんとも爽快。演劇ならでは手法だと思います。
 まるでガロア=学生だけれど、よく考えてみるとガロアは数学者としては天才だったが、東大生たちは天才でもなんでもなかった(活動家としてはむしろバカ?)のは大きな違いですね。

 解説者として登場する"女"は、大学紛争をわかりやすく説明してくれます。登場早々、n次方程式の解についての解説がありましたが、あんな数学の講師がいたら、ちょっと楽しいですね。

 エピローグで、河合の子供?が登場しますが、必要な場面だったのか。当時の時間のままエンディングにしたほうが余韻が残ってよかったんじゃないでしょうか。

 大河内総長/加藤代行は宍戸嬢二役、学校側を同じ役者が演じるというのはわかりやすい。

 ガロア役の宮嶋嬢がりりしくて素敵でした。途中アラレちゃんメガネ&あひるくちびるの場面がありましたが、かわいかったなあ♪

 さて、ガロア群についてだけれど、現在はなくてはならない概念だが、当時は誰にも理解されなかったということさえわかれば、観劇上は無問題。でも、わからないのはちょっと気持ちが悪いので、翌日本屋に行って、わかりやすい「群論」の本を探してみました。が、どれも難しい。Web上検索すると、わかりやすく説明しているサイトが結構ありました。
群って、(数と数との)関係性の着目した分野で、構造主義的な考え方によるものなのね...っていうか、数学の群論から構造主義が誕生したのかな?

 群論的には「東大生とガロアは、体制との闘争において同型である」といえるのかな。

おまけ

群論入門
物理のかぎしっぽ代数学の項に群論、ガロア理論がある。

...なんてのを見てたので感想文ブログアップするのが遅れましたよ♪

女 洪明花
森田 村上哲也
河合 安木一之
広永 宮嶋美子
市川(劇団の人) 泉陽二
学生 ナギケイスケ
古市裕貴
戸枝直明
北見直子
久保明美
共闘男 間瀬英正
大河内総長
加藤代行 
宍戸香那恵
 
作、構成 山田裕幸
照明 福田恒子
音響 三木大樹
美術 福田暢秀(F.A.T STUDIO)
舞台監督 鳴海康平(第七劇場)
衣装 兼松光
宣伝美術 西村竜也
制作 河野悟
中村紗夢
柴田瑛未里
上田勝也
主催 ユニークポイント

ブログで検索「シンクロナイズド ガロア」

|

« 黒色綺譚カナリア派「音楽劇『雨を乞わぬ人』」 | Main | 志の輔らくご2010 in PARCO »

演劇」カテゴリの記事

Comments

We should be painstaking and particular in all the par‘nesis we give. We should be signally careful in giving opinion that we would not about of following ourselves. Most of all, we ought to evade giving counsel which we don't mind when it damages those who transport us at our word.

Posted by: right angle drill | June 04, 2010 02:21 AM

To be a good benign being is to from a philanthropic of openness to the far-out, an skill to trust unsure things beyond your own control, that can govern you to be shattered in uncommonly exceptional circumstances as which you were not to blame. That says something exceedingly important with the prerequisite of the righteous compulsion: that it is based on a trustworthiness in the fitful and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a w

Posted by: Disney Character Watches | June 25, 2010 07:31 AM

I woke up today sad but after finding this post my mood got better.

Posted by: Gizmos | July 06, 2010 02:15 AM

To be a noble benign being is to be enduring a make of openness to the mankind, an cleverness to trusteeship uncertain things beyond your own restrain, that can govern you to be shattered in hugely outermost circumstances on which you were not to blame. That says something uncommonly outstanding relating to the condition of the righteous life: that it is based on a trust in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's based on being more like a s

Posted by: Movado Mens Diamond Watch | July 12, 2010 05:19 AM

In harry's life, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then bust into passion beside an face with another magnanimous being. We should all be indebted quest of those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Marry | August 16, 2010 11:15 PM

In everyone's sustenance, at some pass‚, our inner foment goes out. It is then bust into zeal beside an be faced with with another human being. We should all be under obligation for the duration of those people who rekindle the inner inspiration

Posted by: Alice | August 21, 2010 12:44 AM

In the whole world's sustenance, at some occasion, our inner foment goes out. It is then bust into zeal at near an encounter with another hominoid being. We should all be thankful for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Linda | August 24, 2010 02:15 AM

In the whole world's existence, at some occasion, our inner pep goes out. It is then blow up into enthusiasm at near an encounter with another benign being. We should all be glad for those people who rekindle the inner inclination

Posted by: Anna | August 25, 2010 05:42 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ユニークポイント「シンクロナイズド・ガロア」:

« 黒色綺譚カナリア派「音楽劇『雨を乞わぬ人』」 | Main | 志の輔らくご2010 in PARCO »