« 松田聖子カウントダウンライブ2010-2011 | Main | 正月特別興行 一月一日新春特選演芸会「第105回 横浜にぎわい座有名会(1) »

January 02, 2011

AKBN0

 AKBN0の公式サイト

 最初はネタかと思って3rdライブを見に行ったら、意外と本気なアイドルユニットだったのでびっくり。デビュー曲の一般公募に応募したこともあり、動向は気になっていた。
 ところで、AKBN0の公式ブログの内容に対し、古参のクライアントが「自分たちが馬鹿にされている」と感じて怒っているようだ(その1その2)。

 AKBN0の公式ブログで、現在は削除されているが

 「クライアント様もあやしい人がいっぱいいますので、日本一あやしいアイドルグループです。」 

 という一文があった。自分としては、"あやしさが売りのアイドルグループのクライアント"なのだから、彼らを"あやしい"と呼ぶのは親愛の情をこめた最大の賛美だと思うのだけれど、クライアントたちはそうは受け取らなかったようだ(スタッフ側の言う"あやしさ"をは、"従来にない"、"特異な"という意味が強いと思う)。

 これはスタッフ側が"日本一あやしいアイドルグループ"を目指している一方で、クライアント側は"正統的アイドルグループ"を熱望していることにより、"あやしい"の捉え方が異なっているのではなかろうか?

 スタッフの意見を好意的に捉えられない理由は、

 (1)集金イベントの不公平感
 (2)活動資金の不透明さ

 が大きいのかもしれない。

以下、蛇足。

 渋谷DESEO「ゆるぐだカラオケ大会」は2回とも拝見した。投資する気満々だったが、あまりの歌の下手さに2回とも投資する気が失せた。「息切れちゃいました~」とか「疲れました~」等の発言はプロを目指すものとしては恥ずかしくないかな。一曲歌いきれませんって宣言しているようなものでしょう。そんなんでライブできるのかと心配になる(笑)

 デビュー曲、投票は締め切られたので公表するが、最終候補の5曲のうちの1曲に選ばれた(2番目の曲)。5曲聴き比べるとNo.5が一番耳に残る。鼻歌でつい口ずさんでしまう。某AKBの曲を彷彿させるけれど、AKBN0自体がAKBを彷彿させるユニットなので、AKBっぽい曲を選ぶのは正しい戦略じゃないかと思う。なので、自分の曲じゃなくてNo.5に投票(笑)

 紅白出場は、北区出身歌手の応援団として、意外と早く実現しそうな気がする(笑)

|

« 松田聖子カウントダウンライブ2010-2011 | Main | 正月特別興行 一月一日新春特選演芸会「第105回 横浜にぎわい座有名会(1) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AKBN0:

« 松田聖子カウントダウンライブ2010-2011 | Main | 正月特別興行 一月一日新春特選演芸会「第105回 横浜にぎわい座有名会(1) »