« コクーン歌舞伎「盟三五大切」 | Main | 6月歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜」河連法眼館の場 »

June 14, 2011

マグネシウムリボン「六月の魔女」

マグネシウムリボン
12-Jun-2011 17:00~18:40
遊空間がざびぃ

Corich公演情報

6人の女性と1人の少年が住む館で騒動ガ起こる。
何かが盗まれたようだが、誰も何を盗まれたかわからない。肝心な部分の記憶が欠落している。

少年の母親(通称:マザー)は占い師で、人の心を読み、導く不思議な能力を持っている。皆、マザーに導かれ、あるいはマザーを慕ってやってきた者たち。現在、どうやら母親はおらず、6人の女性に少年は育てられている。
ところが、少年の担任・金閣寺先生の談によれば、少年の母親は夫に浮気した夫を殺害、少年はそれ以来家に引きこもっているいることになっている。心のバランスを保つために、居もしない6人の女性の存在を信じているらしい。

6人女性は現実なのか、それとも少年の想像なのか、明確には答えを出さずに話は終わる。

 6人の女性は実存しているようだけれど、少年の妄想にあわせて行動し、役割を演じているということなのだろう。6人の女性と少年、血の繋がらない者同士なのだけれど、本当の少年の家族よりもよっぽど家族らしい。家族とは、お互いに存在を認め必要とし合うもの、と言っているようだ。

ハルキ役の前田綾香さん、キャスト表みるまで、リアルに高校生男子だと思ってた。他の役も見てみたい役者さんだ。

ちょっと疑問:本当にカリスマ的な超能力者のマザーと、夫を殺した母親がどうも結びつきにくいのだけれど、真実はどうだったんだろうか?

ハルキ:前田綾香
マザー2:永野百合香
ナタデココ:尾鷲知恵
イライライザ:鈴木理保
シスター:深沢亜企
ダンノウラ:千陽
パープル:高橋優都子
馬の骨:芹川翔
泥助:仲澤剛志
金閣寺:塚本健一

脚本、演出:塚本健一
舞台美術:松本謙一郎
照明:尾池義弘(ライブネットワーク)
音響:宮崎裕之(predawn)
舞台監督:田中新一(東京メザマシ団)

ブログで検索「六月の魔女」

|

« コクーン歌舞伎「盟三五大切」 | Main | 6月歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜」河連法眼館の場 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

Spot on with this write-up, I seriously feel this amazing site needs much more attention. I'll probably be returning to read more, thanks for the information!

Posted by: roofing contractors | November 02, 2014 09:35 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マグネシウムリボン「六月の魔女」:

« コクーン歌舞伎「盟三五大切」 | Main | 6月歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜」河連法眼館の場 »