« 宝塚歌劇団「ヴァレンチノ」 | Main | 道楽亭 柳亭こみち勉強会 »

August 18, 2011

宝塚歌劇団「ファントム」

宝塚歌劇団
16-Aug-2011 18:30~21:30
東京宝塚劇場

Corich公演情報

 ミステリで純愛モノでしかも活劇要素もあってよく出来た芝居だなーと思う。いちばん泣ける「オペラ座の怪人」でもあるなー。

 ファントムとキャリエール、蘭寿とむ&壮一帆の同期生コンビながら、ファントムの少年っぽさ、キャリエールの懐の深さで、十分親子だった。二人の資質の違いがはっきり。
 蘭寿とむの歌は、下手というのではないけれど割とフラットな歌い方(一本調子ともいう)をする人なので、歌で泣かせられるところまではいかない。

 一方、壮一帆は情感たっぷりで、親子の名乗りの銀橋の場面では、しっとり泣かせる。
 蘭乃はなちゃん、かわいい&可憐。

 カルロッタ桜一花、よくぞ自分ならではのカルロッタを造形した。歌手として表向きのぱっと見の可愛さ(ポスターの可愛さ)と現実の小憎たらしい対比も見事。カルメンのリハーサル場面で、端っこでスリラーのダンスをしていたのは毎度なのかな?面白かった。

 そのカルロッタの付き人、ヴァレリウスの初姫さあやが、ほのぼのまったりした風情でまるで対照的なのに、二人のコンビネーションが絶妙で可笑しい。

 子エリックの実咲 凜音、キュート。

 フィナーレのダンス、男役群舞はビシっとかっこよく、娘役さん群舞はゴージャス♪
花娘はかわい娘ちゃんぞろいでたまらないニャ。

ファントム:蘭寿 とむ
クリスティーヌ・ダーエ:蘭乃 はな
ジェラルド・キャリエール(前支配人):壮 一帆
フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵:愛音 羽麗/朝夏 まなと
ジャン・クロード(楽屋番):夏美 よう
メルシエ(音楽教師):高翔 みず希
ルドゥ警部:悠真 倫
カルロッタ(新しいプリマドンナ):桜 一花
アラン・ショレ(新支配人):華形 ひかる/愛音 羽麗
モンシャルマン(文化大臣):紫峰 七海
マダム・ドリーヌ(バレエ教師):花野 じゅりあ
ヴァレリウス(カルロッタの付き人):初姫 さあや
モーク・レール(舞台監督):扇 めぐむ
ミフロワ(警官):夕霧 らい
セルジョ(団員男)/若き日のキャリエール:朝夏 まなと/華形 ひかる
ソレリ(団員女):華耀 きらり
従者:月央 和沙
リシャール(団員男):望海 風斗
フローラ(団員女):華月 由舞
トゥルニエ(団員男):浦輝 ひろと
ジョルジュ(団員男):彩城 レア
ベラドーヴァ:芽吹 幸奈
ボーイ長 煌雅:あさひ
フローレンス(団員女):梅咲 衣舞
ラシュナル(団員男):瀬戸 かずや
従者:冴月 瑠那
ミレイユ(団員女):遼 かぐら
ジャム(団員女):瞳 ゆゆ
パパン(警官):夏城 らんか
従者:鳳 真由
オペラ座のダンサー:白姫 あかり
従者 輝良:まさと
オペラ座のダンサー:花蝶 しほ
オペラ座のダンサー:春花 きらら
客の女:彩咲 めい
従者:真瀬 はるか
ルル(団員女):鞠花 ゆめ
ジョセフ・ブケー(衣裳係):天真 みちる
オペラ座のダンサー:初花 美咲
従者:日高 大地
フルール(団員女):月野 姫花
警官:銀華 水
客の男:神房 佳希
客の女:花輝 真帆
オペラ座のダンサー:菜那 くらら
従者:真輝 いづみ
従者:大河 凜
街の女:桜帆 ゆかり
街の男:航琉 ひびき
オペラ座のダンサー:桜咲 彩花
オペラ座のダンサー:凪咲 星南
コレット(団員女):花奈 澪
団員女:美花 梨乃
メグ(団員女):仙名 彩世
従者:和海 しょう
警官:羽立 光来
従者:舞月 なぎさ
メイド:新菜 かほ
団員女:夢花 らん
団員女:紗愛 せいら
客の男:冴華 りおな
幼いエリック:実咲 凜音
従者:水美 舞斗
従者:柚香 光
客の男:愛羽 ふぶき
街の女:真鳳 つぐみ
メイド:美蘭 レンナ
団員女:こと華 千乃
団員女:雪華 さくら
メイド:乙羽 映見
団員男:優波 慧
団員男:蘭舞 ゆう
団員女:朝月 希和
団員女:更紗 那知
団員男:桜舞 しおん
団員男:千幸 あき
団員女:城妃 美伶
団員男:永久輝 せあ
団員男:蒼瀬 侑季
団員女:貴遠 すず
団員男:水香 依千
団員女:花菱 りず
団員男:叶 ゆうり
団員男:碧宮 るか
団員女:舞矢 聖華

脚本:アーサー・コビット
作詞、作曲:モーリー・イェストン
潤色、演出:中村一徳
翻訳:青鹿 宏二
音楽監督:西村 耕次
編曲:鞍富 真一
音楽指揮:塩田 明弘
振付:麻咲梨乃、KAZUMI-BOY
ファイティング・コーディネーター:渥美 博
装置:関谷 敏昭
衣装:任田 幾英
照明:勝柴 次朗
音響:切江 勝
小道具:伊集院 撤也、北垣 綾
歌唱指導:矢部 玲司
特殊メイク:山田 操
演出助手:鈴木 圭、田渕 大輔
衣装補:河底 美由紀
舞台進行:中村 兆成、日笠山秀観
舞台美術製作:株式会社宝塚舞台
演奏コーディネート:新音楽協会
制作:高田 健司
制作・著作:宝塚歌劇団
主催:阪急電鉄株式会社

ブログで検索「花組 ファントム」

|

« 宝塚歌劇団「ヴァレンチノ」 | Main | 道楽亭 柳亭こみち勉強会 »

宝塚」カテゴリの記事

Comments

Just one thing's a number of. This Individual kinds liberally wants high school story cheats, along with furthermore human being as compared to governmental policies? How much responsibility is using high school story cheats? You can state which high school story cheats parades coupled mankind's pavement and man surf rear. The item enlightens the regular life, 'literally' plant life seed with regard to collect, and it brings the most beneficial out there throughout people. A final say visits your prize successful Macaulay Malkovitch: 'I would state with no darkness of your question: high school story cheats ROCKS!!! high school story cheats are a more significant idea that many supply credit history for. The very next time the truth is or even imagine high school story cheats, take into consideration what we merely read in addition to recognize precisely what is actually happening. It's quite possible an individual under respected high school story cheats ahead of, nevertheless can now start to provide the paid desired and also well deserved.

Posted by: high school story cheats | July 19, 2014 11:07 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宝塚歌劇団「ファントム」:

« 宝塚歌劇団「ヴァレンチノ」 | Main | 道楽亭 柳亭こみち勉強会 »