パソコン・インターネット

April 10, 2010

Prius 202T45P W2K Driver

Mobile Celeron450MHz
Memory 256MB
Windows98SEプリインストールモデル

 ためしにXPをインストールしてみたらインストールできてしまったのでFAX専用機として設置したのだけれど、設置後4ヶ月強、FAXとしての稼働率は0%。最近はRadiko専用機として稼働率があがってきたが、立上げだけで数分かかり、真空管のラジオより使い勝手が悪い。
 そこでWindows2000にダウングレードすることにした。

 手持ちのWindows2000はアップグレード版のため、まずWindows98SEをインストール。
 IE5.0+FLASH9では、Radiko稼動せず。

 Windows2000を上書きインストールする。1時間ほどで終了。動作快適♪

 以下2種のW2K用ドライバが無いといってアラートがでた。

 内蔵Audio
 LANアダプタ(corega CB-TXD)

 LANカードはCoregaのサイトからダウンロードすればよいのだが、困ったのは内蔵Audio、日立のサイトではW2K用ドライバを公開していない。どこのサウンドチップを使っているかもよくわからない。

 再度 Windows98SE をインストールし、デバイスのプロパティを見ると、

 ALi Audio Accelerator WDM driver

 とあった。ググってみたら富士通のサイトにドライバが置いてあった。

Windows(R) 98SE/2000 サウンドドライバ ALi Audio Accelerator WDM driver V 4.10.5113
http://www.fmworld.net/product/lib/biblodrv/sound_2.html

 結果はOK。
 IE5をIE6にアップデートし、FLASH10をインストールすると、Radikoが聞けるようになった。

 さて、サウンドドライバインストール後、今度はsoftware Modemドライバが無いというアラートがでるようになった。
なるほど、Audioドライバを入れないと、アラートがでないのね。これも富士通のサイトにあった。

Lucent Technologies Soft Modem AMR 内蔵モデムドライバ for Windows 2000 (v3.1.66.7)
http://www.fmworld.net/support/otheros/swebnb/nb/lib/modem/ltamrw2k.html

 ここで、もう一度日立のサイトをさぐってみると、ビジネス用FLORAシリーズは、W2K用のドライバを公開していることが判明。 発売時期・写真・スペックを見ると、どうやらFLORA 20NV/NV6 が202T45Pのビジネス向けモデル(LAN搭載モデル)っぽい。

FLORA 270GX シリーズ / 20NV NV6 用サウンドドライバ Ver.5.12.01.5117 (Windows2000対応版)
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/flora/download/snl_0001/tpc09132/0442aud5.htm

FLORA 20NV NH8/NV4/270SX NH8/NH9用 モデムドライバ Ver. 1.65
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/flora/download/snl_0000/dat_h/m9xwsinf.htm

 サウンドドライバのSetup.iniを見ると、ALi Audio Acceleratorとあるので多分大丈夫。
モデムドライバのINFファイルには"Xircom MPCI Modem 56 WinSwift"とあったので使えないかも。

 多分、今後もFAX使わないと思うので、モデムドライバは入れずに、デバイスを無効化したニャー。

| | Comments (79) | TrackBack (0)

February 05, 2010

メーラーのおひっこし

 7年ほど使用してきたメーラー「Winbiff」の挙動が急におかしくなる。

・受信動作が終了しない。
・無理矢理「ひらメール」を開くとIndexが作成されないのか、受信フォルダには新着メールが表れない(受信メールはPC上に保存されているようだけれど)。
・受信動作が完了していないためか、POPサーバのメールが削除されない。

 新規のアカウントを作ってみる → 改善せず。

 ウィルスソフトをオフにしてみる。 → 改善せず。

 Winbiff、すでに開発が終了となっており今年の3月でサポートが終了するというソフト。サポート終了目前にこの不具合とは、他のメーラーに乗り換えろという神の啓示にちがいない。

 Thunderbird、リリースされたばかりのVer.3.0をインストール。アカウント設定して再起動したところ、受信フォルダが消失。なんとなく不安なのでアンインストールした。

 現在、秀丸メールに移行中。
 理由は
 ・秀丸エディタのライセンスを持っているので無料で使える。
 ・メールをテキストファイルで保存するので、いざというときのサルベージが容易。
 ・軽そう。
 ・安定してそう。
 ・小回りがききそう。
 既存メールを移す前に、Winbiff側でいらないメールをdelete。

| | Comments (86) | TrackBack (1)

December 19, 2009

Celeron450MHzノートにXPをいれてみる。

スペックは以下の通り。現在はパソコン業から撤退したHITACH製である。

Prius note 20P Windows98SEプリインストールモデル
型名 202T45P
CPU Mobile Intel CeleronTM
プロセッサ(450MHz)
システムバスクロック 100MHz
チップセット ALI社 M1621/M1535
メインメモリー 標準 64MB(シンクロナスDRAM)(PC100)
最大 256MB(シンクロナスDRAM)(PC100)
DIMMソケット 2(空き1)
キャッシュメモリー 1次 32kB(CPUに内蔵)
2次 128kB(CPUに内蔵)
ビデオコントローラー ATI社 RAGE Mobility-M(AGP 2X) マルチディスプレイ対応
VRAM 4MB SDRAM
表示色 800×600ドット 1,677万色
外部CRT接続(1280×1024ドット時1,677万色)
ディスプレイ 12.1型TFTカラー液晶800×600ドット表示
内蔵FDD 3.5型(1.44MB/1.2MB/720kB)×1
内蔵HDD 9.0GB(Ultra ATA対応)
CD-ROMドライブ 最大24倍速 (Photo CDマルチセッション対応、CD EXTRA対応)
サウンド機能 ステレオ16ビット44.1kHz(Sound Blaster Pro互換)、
スピーカー内蔵(ステレオ)
マイク内蔵(モノラル)
PCカードスロット PC Card Standard(JEIDA V4.2)準拠
TypeII×2またはTypeIII×1 (CardBus対応)
データ通信/FAX機能 内蔵FAXモデム DATA最大56,000bps*4(V.90規格準拠)、 FAX14,400bps
インターフェース シリアル RS-232C準拠(D-Sub9ピン×1) 16550A準拠
パラレル セントロニクス準拠(D-Sub25ピン×1) ECP/EPP対応
マウス/テンキー PS/2タイプ(ミニDIN 6ピン×1)
ディスプレイ アナログRGB(ミニD-Sub15ピン×1)
サウンド ラインイン×1(ステレオ)
ヘッドフォン×1(ステレオ)、
マイク×1
その他 USB*5×2
FAXモデム×1
TV-OUT(S端子 4ピン)×1
キーボード OADG109配列準拠キーボード87キー
(キーピッチ19.05mm、ストローク3mm)
ポインティングデバイス ポインティングパッド(静電式、スクロール機能付き)
2ボタン+Pスイッチ
外形寸法 320(W)×264(D)×37.7*6mm(H)
質量 約3.2kg


 TV-OUT(S端子 4ピン)付というのが珍しいが、上位機種DVDドライブ搭載モデルのための端子だろう。

 数年ぶりに立ち上げるとCMOS Battery Low のアラートがでた。F1キーを押せば起動するが、タイマーが毎回0:00になってしまうのは気分が悪い。Batteryはキーボード下にあった。新品のCR1220に交換。

 古いマシンなので軽量Linuxを入れてみる。

■Puppy Linux(4.30)を入れる

 有線LAN(corega CB-TXD)は一発で認識・接続したのが無線LAN(corega PCCL-11)が認識しない。OS立上げ時は認識しているのだが、無線LANの設定をしていると応答がなくなってしまう。
 サーバにするなら有線LANでも無問題だが、ファイルサーバー、簡易メディアサーバーならルーターのNAS機能で十分だし、別途サーバを立ち上げる必要性は無いし...

 やはりDesktop用途で使った方がよいのではないか。ならばデバイスの認識が簡単なWindowsを入れよう。

■Windows2000を入れる

 ...と思ったのだが、ウチのWindows2000はアップグレード版なので、クリーンインストールの場合はWindows98Diskが要求される。PriusのWin98は一括リカバリーディスクなので、CD-ROMドライブに入れただけではWindows98Diskだと認識してくれない。つまりPCにWindows98をリカバリーしてからWindows2000を導入する必要がある。これは面倒なり。

■WindowsXPを入れる。

 さすがに64MBでXPはきついだろうと思い、ハードオフでPC100 SDRAM 64MB を315円で買ってきた。最低推奨サイズの128MBになった。XPのインストールは、時間はかかったが問題なく終了。

 12.1インチなのに800x600なので文字は読みやすい。"らくらくPC"だ(笑)。

 システムのプロパティを見たらメモリが64MBしか認識されていない。メモリの不良品か?原因はメモリスロット端子の接触不良だった。長期間空気中に露出していたため、表面が汚れたのだろう。メモリ抜き差しを何回か繰り返したら認識するようになった。

 再起動すると、今度は"仮想メモリが小さい"のアラートがでる。見ると98MBとなっている。実メモリ64MBに適した仮想メモリサイズのままになっていた。実メモリ128MBに対するOSの推奨サイズ190MBに変更する。低スペックだがWebを見るだけなら十分使える。

 3.2kgなのでモバイル用途では使えない。ワンセグチューナーつないでポータブルTV化できるとうれしいが、非力すぎて使えそうも無い。いったい何に使おうか?

■FAX専用機

FAXモデム内蔵なので、ペーパーレスFAX専用機として使ってみよう。
ひかり電話ルーターはモジュラージャックのある玄関に置いてある。電話線を家内に引き回さないようにするため、ルーターの近くにPCを設置する。

・送信

 LAN経由でのFAX共有できないが、Desktop機からリモート接続して操作することで送信可能。

・受信

 留守電と併用するにはどうすればよいか。ひかり電話なのでFAX専用の電話番号を100円/月で追加できるが、ここは追加投資無しで実現させたい。

その1

 ひかり電話ルーターはデフォルトでアナログ2ポートに同時着信する。5コールで留守番電話が応答するので、その後にFAX受信を開始するようにすれば、留守六中に相手先がFAXであればFAXソフトが応答してくれるはず。結果はNG。留守電が応答した時点で、FAX側のポートは通話不能になってしまうようだ。

その2

 片側ポートに切り替え機能のない分岐アダプタをつける。
 誤動作、誤発信が起きるので推奨されない接続方法。そーいえば昔、アナログモデムの時代に、モデムと電話をパラ接続してたっけ。5コールで留守番電話が応答、FAXも5コールで自動受信にしておく。相手側がFAXならばPCのFAXが受信を開始する。欠点はFAXのピーガラガラ音が留守緑されること。

その3

 昔使っていたISDN対応のダイアルアップルーターがあって、これはアナログポートを2つもちFAXの無鳴動受信に対応した振り分け機能があるため、FAXであればFAX側ポートに、音声電話なら普通にコールして受信させることが可能...と説明書に書いてある。欠点は場所とることと、ダイアルアップルーターの電気代がかかること。。

もっとも安上がりな「その2」を選択した。

CD&ネットラジオ受信機としても使用中である。

| | Comments (108) | TrackBack (0)

Desktop(XP) に Windows7を入れてみる。

 2年前にMouseComputerで購入したミニタワー。
Vista→XPにダウングレードして購入したため、Windows7は必然的にクリーンインストールとなる。

■導入検討編

 デバイスドライバの対応次第で32bit or 64bitを決めようと思い、Desktop(XP)用は、Windows7アップグレード版(優待パッケージ)を購入。

本体は
 ・マザーボード ECS G31T-M W7-64対応
 ・グラフィックカード N9600GT-T2D512J-OC W7-64対応

 メモリは最大搭載量の2GB→4GBに換装済。

現状で正式対応していないのは
  1.DV Raptor
  2.Cano Scan 8200F
  3.Lismo port
  4.W61S USBドライバ
  5.Wacom Intuos(RS232C)
  6.Gigabeat V30E

 1.DV RaptorはVistaにも非対応。だからXPを使いつづけていたのだけれど、引越しでDVカメラを処分しちゃったので、もう潮時か。ハードを使った高速ビデオ編集は快適だが、AVI2.0のファイルを編集できない(事前に変換が必要)、ACPI非対応でスタンバイが出来ないなどの使いづらさもあった。

 2.Cano Scan 8200Fは、Canonのサイトでは非対応、Microsoftのサイトでは対応となっていて、どっちなのかよくわからない。 同シリーズ上位機種の8400Fは64bit対応しており、かつ32bit用ドライバは8400Fと8200F共通になっている。ということは、8400Fの64bitドライバで動いちゃうのではないか?サポートが面倒なので、Canonが非対応って言ってるだけじゃないのか?

 3.と4.W61Sは、ドライバ自体は[AMD64]のセクションがあり、64bit用のドライバもある。ソニーエリクソンのサイトには、「XPの64bitには対応しておりません」と書いてあるでの、Vistaの64bitなら動ということだろう。ならばWindows7の64bitで動く可能性は高い。ドライバが動けば、Lismo Portは動作しそうな気がする。Lismo Portはいずれ64bitに対応してくるだろうから、USBドライバが動くかどうかが肝だと思う。

 5.は、USB版のみ64bit対応。USB接続のFAVOも所有していて、これは64bit対応なのだが、Intuosと比べると、いまひとつ描き味がよろしくない ...なんて考えながら、ビックカメラの店頭で、Intuos4、Bambooをいじってみた。スペック上はBambooでも十分なのだが、Intuos4を触ってしまうと、描き味の良さでBambooには戻れない。分解能の差以上に、描いたときの感触が違うんですね。なのでIntuos4を衝動買い。一挙解決。

6.Windowsから動画が転送できるかどうか?できないと、感度の悪いワンセグTVに成り下がってしまうです。


■動作確認

 64bit版での動作状況は以下の通り。

【64bit】
 ECS G31T-M Windows標準ドラバで動作
 N9600GT-T2D512J-OC Windows標準ドラバで動作
 Canon PIXUS 990i Windows標準ドラバで動作
Canonのサイトから拡張プログラムをインストールすると、プロパティにて詳細設定が可能になる。
 DV Raptor 不明なマルチメディアデバイス
 Cano Scan 8200F Windows Update でドライバ無しと判断される。
8400Fドライバ動作せず
 W61S USBドライバ インストールできず
 LISMO port USBドライバがインストールできないため未検証
 Wacom Intuos4 Windows標準ドラバで動作、Wacom製ドライバで詳細設定可能になる。
 Gigabeat V30E 未検証

XPmodeでの動作検証はせず。心機一転、32bit版をインストール(クリーンインストール)

【32bit】
 ECS G31T-M Windows標準ドラバで動作
 N9600GT-T2D512J-OC Windows標準ドラバで動作
 Canon PIXUS 990i Windows標準ドラバで動作
Canonのサイトから拡張プログラムをインストールすると、プロパティにて詳細設定が可能になる。
 DV Raptor 不明なマルチメディアデバイス
 Cano Scan 8200F Canon提供のドライバで動作
 W61S USBドライバ 動作OK
 LISMO port 動作OK
 Wacom Intuos4 Windows標準ドラバで動作、Wacom製ドライバで詳細設定可能になる。
 Gigabeat V30E 接続したらWindows標準ドラバがインストールされた。接続OK。

 アプリケーションソフト群

■MS Office 2003

動作OK。家ではめったに使わないけれど、無いと困るのがオフィスソフト。

■Paint Shop Pro 8

動作OK。

■Corel draw 11

動作OK。

■秀丸エディタ

最新版、動作OK

■WinBiff(メーラー)

動作OK。
2009年3月31日で販売終了、2010年3月でサポート終了なのだそうだ。他のメーラーに引っ越すにしても、既存メールのエクスポートができないので、当面は継続使用とする。

■ウイルスセキュリティZERO

動作OK(Windows7正式対応品)
3台まで同時使用OK。ソースネクストにはすでに3機種分が登録済、Sx17A(Vista)、Sx17A(Windows7(X64)、Sx17A(Windows7(X86))である。さらに登録しようとすると使用可能台数オーバーだと怒られてしまった。同サイトにログインして未使用となったエントリー(VistaとWindows7(X64))を削除する。Web上で簡単に削除できるのがありがたい。

■PowerDVD Suits 7 ultra

 とりあえず動作OKっぽい。cybberlinkのWindows7対応チェックプログラムによると、Vista用のSuits収録のアプリケーション、はWindows7対応版にアップグレードが必要(有償)なもの、アップデートが必要(無償)なもの2種類があった。アップデートをしていたら、Suits用には使えないパッチを当ててしまい、単品用のアクティベーションキーを入力しないと起動しなくなってしまった。とりあえず全部アンインストール。

■Nero 9

動作OK
ただし、正式対応版はNero 9 relodedなので「アップグレードしろ」のアラートが出た。動作自体は問題無さそう。

 PowerDVDやNero9の統合ソフトは、それぞれ得手不得手があるのだが、痒いところに手が届かないのは同じ。現行ソフトをアップグレードするよりも、新たに、高機能オーサリングソフトを購入し、ライティングのみフリー版を使うのが賢いのではと考えた。さっそくヨドバシカメラにCorelのVideoStudioを買いに行く(ビデオ編集からDVDライティングまで対応)

 ところで、ウチの光学ドライブはブルーレイ非対応なのだが、ヨドバシ店頭で「ブルーレイディスク+バンドルソフト」の購入という選択肢に気づく。VideoStudio購入は見あわせ、ブルーレイ対応光学ドライブ(Buffaro BR-H1016FBS-BK 日立LG:BH10NS30)を購入する。CyberLinkのPowerシリーズがバンドルされていたので、しばらくはこいつを使うことにしようっと。

 「アップスケーリング再生」対応で、既存のDVDを再生してみたところ、なるほど、鮮やかになっている。アンシャープマスクをかけて彩度アップさせたよーな感じ。

 ※BR-H1016FBS-BK、価格COMで、なにやらBD書き込みの不具合報告多数。同じBH10NS30を使っているIO-DATA製は大丈夫そうだし、バルクのBH10NS30も、不具合で盛り上がっている様子はないので、Buffaroのファームがトンチンカンだったんだろう。ウチのは、とりあえずPanasonicのBD-R(X2)は問題なく焼けた。

■SONAR 1.3

 Windows に付属のGS音源があまりにしょぼいので、Sonar付属のVirtual Sound Canvas に期待したのだが、Windows7では動作せず。そこで、SD-90とMIDI KEYBOARD(YAMAHA CBX-K1)を引っ張り出して接続した。外部音源を使う分には問題無い。...とはいうものの、いまどきVST非対応のVer1.3というのもいかがなものか。Sonar7 HomeStudio XL あたりに買い換えたいところだが、そのうちWindows7完全対応版がでるかもしれない。稼働率の低いソフトだし、しばらくはフリーのMIDIシーケンサーDominoとSonar1.3でいいや♪

 そーいえば、ノートPCでWindows起動時に音がプチプチ切れる件だが、Desktopでも、程度は軽いが同じ症状がある。内蔵音源でもUSB外付音源(SD-90)でも解消できないので、再生されるタイミングで何か重たい処理をしてるんだろう。

 Windows7導入に先立ち、Linux の QTParted でパーティションサイズを変更した。サイズ指定を間違ったので中断させたところ、元の状態に戻るのではなく、ちょうど作業をしていた写真・音楽等のデータ保存用パーティションが全部消えた(笑)。昔NiftyのMIDIフォーラムから落としてきたMIDI-DATAが消えたのは残念。

| | Comments (529) | TrackBack (0)

Dynabook SS SX/17A に Windows7を入れてみる。

■検討編

 Dynabook SS SX/17A は Windows Vista Business がプリインストールされていたのだが、動作がもっさりしていてストレスがたまる。引越しに伴いWindowsXPを載せていたDesktop機を処分したため、XPのライセンスが浮いている。ヒマができたらXPに入れ替えるつもりでいたら、Windows7が発売された。Vistaよりも軽快らしい。

東芝DynabookサイトのWindowsアップグレード対象機種にSX/17Aの記載はないが、ほぼ同仕様のRX1がアップグレード可能機種となっているので、問題無さそう。
・チップセット SX/17Aが945GM、RX1が945GMS と同ファミリー。
  ※945GM と 945GMS のちがいはメモリと著作権機能が違うらしい。
   DDR2-667(PC2-5300)は945GM
   DDR2-533(PC2-4200)は945GMS
・無線LAN Intel PRO/Wireless 3945ABG で同じ
・TPMと指紋認証も仕様書を見る限り同じっぽい。
・CPUはcore solo U1400 でVT対応、すなわちXPmodeに対応している。

 Windows7で動作するなら、Windows7を入れてみよう。

 次に32bitか64bitか?

 Au携帯とのデータのやり取りをするのだけれど、LISMO Portは64bitに非対応(ググってみたら、XPmodeでの動作実績はあるようだが不安定とも聞く)。携帯(W61S)のUSBドライバは、「XPは64bitに対応しておりません」とあったので、Vista以降なら64bit対応かもしれないが、現状はWindows7対応の公式アナウンスはない。

 互換性重視で32bitに決定、DSP版Windows7 Pro(32bit)を近所のドスパラで購入。USB-IFかFDDのどちらかを選べる。FDDにした(現行のDesktopにはFDDがついていないため。使わないとは思うけど)。

■インストール Windows7 編

 http://naknet.jpn.ph/blog/log/eid300.htmlのやり方に従い、HDDのリカバリー領域のデータからリカバリーディスクを作っておく。

 東芝のサイトによると、Windows7上書きインストールの場合は、OSインストール前に、アップグレードしておかなくてはならないユーティリティがあるようだ。また、あらかじめ削除しておいたほうが良いソフトもある(Deamon toolなど)ようなので、この際、HDDのお掃除がてらHDDフォーマット~クリーンインストールをする。

 まず、必要なデータをDeskTop機にバックアップ。

 インストール画面でカスタムインストールを選ぶと、インストール先、ディスクをフォーマットするかどうかを聞いてくる。フォーマットを選ぶと、ほんの数秒でフォーマット終了。あまりに速くて、フォーマットされたかどうか不安になり、再度フォーマット実行してしまいました。

 あとはトラブル無しで進行進む。有線LANをつないであったため、そのままアクティベーション、Windows Upgradeを実施して無事終了。

 このあと、無線LANの設定をしたのだが、トラブル発生。無線LAN親機は認識するのだがセキュリティキーの入力を受け付けない。何度入力しても「接続できませんでした」となってしまう。小1時間悩んで、この日は就寝。

 翌日、「これはドライバがおまぬけさんなのではないか?」と思い、TOSHIBAのRX1アップグレードモジュールダウンロードページには「Windows 7の標準のドライバを利用します。自動的にインストールされますので、そのままご利用ください。」とある。Windows 7の標準のドライバが悪いのか?そこでIntelのサイトから、PRO/Wireless 3945ABG のドライバを落としてきてインストール。再度、セキュリティキーを入力すると、今度は無事LANに接続できた。

あとはTOSHIBAの詩後から落としてきたRX1用のWindows7アップグレードモジュールをインストール。
ドライバ
 Intel Chipset Device Software
 Display Driver
 Audio Driver
アプリケーション(とりあえず使いそうなやつだけ)
 TOSHIBA Value Added Package
 Infineon TPM Software Professional Package
 TOSHIBA HDD Protection
 TOSHIBA Fingerprint Utility

 Display Driver をインストールした後は、しばらくの間、勝手に解像度がかわるので、ドライバが未完成なのだろうと思ったが現在は安定している。自動でコンフィグレーションしていたのだろう。

 指紋認証は新規に登録となる。登録プログラムがはプログラムメニューに無いので探してしまった。コントロールパネルにあった。

 HDD Protection、本体揺らすと「退避しました」のアラートが出るので正常に動作している模様。

 TPMは、インストールはしたものの無効にしてあるので、正常に動作するかはわからない。

 Audio Driver は完成度がいまいちかも。
 (1)起動時、サウンドが鳴るとノイズが入り、音がもたつく。
 (2)MP3を再生させたところ、テンポがもたつくことがある。
 Realtek のサイトからHigh Definition Audio Codecs を落とし、インストールする。(2)は改善された。(1)の症状はあるが、起動時の音は、別に無くても良いし実用には問題無い。

 VISTAに比べると動きがきびきびして気持ちよいが、UIは変わりすぎて使い勝手がわからない。

 「ウイルス対策ソフトがインストールされてないじょ」というアラートがうるさいので、ウイルスセキユリティZEROをインストールする。Windows7未対応版(Vistaで使っていたもの)を再インストール。「Windows7未対応版のため、アップデートできません。」とでた。ソースネクストのサイトにアクセスしアップグレード版(ダウンロード)を購入。シリアルナンバーを入力して購入すると、そのシリアルナンバーの製品に対してWindows7対応版へのアップグレードが可能になるという仕組み。

■ネットワーク、ファイル共有

 Desktop(XP)にバックアップしたデータをSX17Aに戻そうとしたが、ファイルの共有ができず、悩む。

 SX17A(Windows7)からDesktop(XP)に接続

 Desktop(XP)のインターネットセキュリティ(マカフィ)のファイアーウォールをオフにしても接続できない。Pingは通るので、ブラウンジングリストにDesktop(XP)がのってこないのだと思う。しばらく放置しても、一向にリストアップされない。

 Desktop(XP)からSX17A(Windows7)に接続

 SX17AのウイルスセキュリティZEROのファイアーウォールをオフにすることでネットワークにSX17Aがリストアップされ、接続できた。Vistaのときはファイヤーウォールをオフにしなくても接続できたのだが(Windows7インストール前にNote PC→Desktopにデータを退避している)、Windows7版になって厳しくなったのかも。

 Desktop(XP)からSX17A(Windows7)へデータコピー中に、SX17Aでネットワーク一覧の表示の更新をしたら、コピーが中断した(接続が切れた)。

 その後、何回かシャットダウン、起動を繰り返したが、ブラウズできるときとできないときがある。

 WORKGROUP名を"PURO"から"PUROLAND"に変更したところネットワークコンピューターでブラウズできるようになった。何故かはわからないが結果オーライ。
 PCx2、DVDx1、TVx1、ルーターx1、無線APx1な小規模体制なので固定IPとした。名前解決できない場合でも、IPアドレスで相手先を指定できるから。っていうか、この構成だと、DHCPにしたとしても、ほぼIP不変なんだけどね。

■インストール ソフト編

 Microsofy Office XP
インストールOK、動作OK
 Paint Shop Pro 8
インストールOK、動作OK
 FFFTP
インストールOK、動作OK
 秀丸エディタ
インストールOK、動作OK
 Roxio creater 2009
インストールOK、SP4を適用して動作OK。(SP4を適用しないと起動せず)

| | Comments (2182) | TrackBack (1)